【自信をつける方法】自己承認の方法、高め方【承認のオイル】

【圧倒的な自信をつける】自己肯定感とは?

 

 

一流のスポーツ選手や成功者の方達の話し方を観察していると、自信がみなぎっている様子に気づくでしょう。決してうぬぼれているわけでも、偉そうにしているわけでもないのに、声と表情が活き活きとしていて説得力があります。こうした人々はよく「自己肯定感が高い」というように形容されます。

 

 

 

「自己肯定感」とは、文字通り「自分自身を肯定する感情」のことです。さらに深く分析すれば、「自分で自分を好きでいられる」「他人の言動に劣等感を抱かずにすむ」状態だといえるでしょう。

 

 

 

自己肯定感の強い人は、自分の考えに自信を持って行動できます。他人から意見を否定されても反論でき、信念を簡単には曲げません。しかも、感情的に話をしないので、議論を終えた後でも他人を不快にさせることはまれです。

 

 

 

とはいえ、どんな人でも欠点はありますし、「自分は完璧な人間である」と思いこむことが自己肯定感ではありません。自己肯定感とはむしろ逆で、「欠点がある自分を自分で受け入れてあげる」心の動きです。

 

 

 

欠点があるのは人間として仕方のないことです。そこで気落ちしていても建設的な思考は生まれません。欠点があっても「今できることを頑張る」ために、自己肯定感は欠かせないのです。

 

 

 

自己肯定感の高さから生まれる自信は、さまざまな場面で役立ちます。

 

 

 

恋愛では、自己肯定感があるからこそ「好きな相手には自分も好きになってもらいたい」と願えます。また、パートナーの愛情を疑わず、余計な詮索をせずに過ごせるのも自己肯定感があるからこそでしょう。

 

 

 

仕事においても自己肯定感は重要です。もしも、自己肯定感をしっかり持っていてはきはきと話す営業マンと、コンプレックスが強く話し方がおどおどしている営業マンがいたとすれば、どちらと取引したいかは一目瞭然でしょう。

 

 

 

自己肯定感が強くなりすぎると他人に否定的な態度をとるなどの弊害が生まれます。しかし、ほどよい自己肯定感はむしろ、人間関係を円滑にする要素のひとつです。

 

 

 

自己肯定感は生まれ育った環境に左右される部分も大きいものの、本人の努力次第で高めることも可能です。

 

 

 

もしも「他人にいつも主導権を握られてしまう」「優柔不断な自分が嫌になる」などと考えているなら、自己肯定感を高める訓練を始めてみましょう。

 

 

 

そのためにはまず、自己肯定感が低いとどうなるか、高いとどうなるかを具体的にイメージしてみるのが効果的です。「なりたくない自分となりたい自分」の両方を思い描けば、努力がはかどるからです。

 

 

【圧倒的自信のつけかた】自己肯定感が低い人の特徴は?

 

 

世の中には、やたら他人に自慢話をしたがる人も少なくありません。そうした人は話の流れに関係なくすぐに自分で自分を持ち上げ始めるので、うんざりさせられた経験は多くの人にあるでしょう。

 

 

 

自慢話が過剰な人は、自己肯定感が高いから自分が好きというわけでもありません。むしろ逆であり、自分に自信がないからこそ自慢をせずにはいられないケースも目立つのです。このタイプは自己肯定感を抱けた経験がないので、他人に自分を肯定するよう求めているのだといえます。(他者承認欲求)

 

 

 

自己肯定感の低いタイプは、「自分を好きになる方法」が分からないため、自力で自信を得られません。そこで、他人の評価を非常に気にします。実際に挙げた功績以上の話をしたり、すぐ相手より上に立とうとしたりするのも、「他人より上の立場にいる」との実感がほしいからです。

 

 

 

ただし、すべての人が「自慢型」にとって都合のいい反応をしてくれるとは限りません。反論をしてくる人もいれば、そもそも関心を持たない人もいるでしょう。そんなとき「自慢型」は「自分の存在が否定された」と思い込み、感情的になりがちです。少しでも「違う」「信用できない」などのネガティブな言葉を聞くと過剰に反応し、ときには揉め事にまで発展させてしまうのです。

 

 

 

「現実逃避型」も自己肯定感が低い人によく見られる特徴です。自己肯定感が低い人は、基本的にナイーブな性格をしています。他人の言動に左右されやすいうえ、行動に対する評価が常に気になるため、心の中はパニック状態におちいりやすいのです。

 

 

 

そこで、彼らは心を傷つけられないための「自己防衛」の手段を身につけていきます。最初から本気で何かを頑張ったり、誰かに期待したりせず無気力に毎日を過ごします。大きな成果は得られないかわりに、心を乱されることもありません。他人に対して、心を開く素振りを見せないのが「現実逃避型」によく見られる性格です。

 

 

 

しかし、このタイプが逃避を続けるほど、社会での立場はきびしくなっていきます。恋愛においても仕事においても、「求めるものを努力して手に入れる」のが大原則です。

 

 

自分の心をかばうあまり、努力の舞台にも立てない「現実逃避型」は、往々にして割を食うポジションを強いられがちです。また、「やる気がない」「悲観的」といった評価を他人から受けやすく、友達が少ないのも「現実逃避型」の傾向です。本人が心の奥では人と打ち解けたいと思っていても孤独を受け入れてしまいます。

 

 

【圧倒的自信のつけかた】自己肯定感が高い人の特徴は?

 

 

 

「ポジティブ」なのは自己肯定感が強い人の大きな特徴だといえるでしょう。

 

 

 

それも、根拠のない自信にとらわれているような空っぽのポジティブではありません。

 

 

 

困難な状況でも前向きに解決策を考えられる、強さをともなったポジティブなのです。

 

 

 

どうして自己肯定感がポジティブにつながるのかというと、自分の能力を低く見積もっていないので心の底から「苦難を乗り越えられるはず」と信じているからです。

 

 

 

こうした人はすぐに突破口が見出せなくても、努力次第で最終的には成功を手にできるポテンシャルが自分にはあると分かっています。その結果、闇雲に困難へと突進するのではなく、冷静に経験と技術をもって対処しようと考えます。

 

 

 

ポジティブな人は往々にして「成功を前提とした発想」が出来ます。

 

 

 

ビジネスシーンなどにおいて、新しいことを始めるときにポジティブな人は大きなパワーになりえます。前例がないプロジェクトに対しても能動的に動き、チャレンジ精神を欠かしません。こうした人間が社内に1人いると、他の社員の良き手本になり、いい雰囲気が伝染していきます。

 

 

 

自己肯定感によってポジティブシンキングが日常化している人は、自分だけでなく周囲にも生産的な影響を及ぼせます。

 

 

 

次に、自己肯定感は精神的な余裕にもつながります。

 

 

 

自己肯定感が低い人が、他人の言葉や振る舞いにいちいち心が乱されるのは、自分の評価を他人に求めている証拠です。他人からも否定的な態度をとられると心の行き場がなくなってしまうのだといえます。

 

 

 

それに対して、自己肯定感の高い人は他人から何を言われようが、しっかり自分自身で自分をサポートできています。(自己承認)自分が正しいと思っている場合は冷静に言い返せますし、自分が間違っていると思っても素直に謝罪をして後に引きずりません。

 

 

 

こうした振る舞いは「思いやり」として周囲の目に映ります。自分を守るために他人を否定する必要がないため、身近な人への配慮ができます。

 

 

 

 

仕事ではさりげないフォローができますし、同僚の仕事も「同じ会社の仕事」ととらえて手伝えるのです。もちろん、そんなときに「手柄を奪われる」だとか「相手に貸しを作る」といった発想はありません。

 

 

 

 

こうした思いやりのある行動を続けていくと、自然と信頼が強まっていきますし、社内外にかかわらず人望が集まります。出世するタイプに自己肯定感が高い人が多いのは、単に能力が高いだけではなく、人間として各方面から認められているからです。

 

 

 

圧倒的自信をつける方法は自己承認。やり方、高め方。

 

 

 

 

子供の頃、十分に大人からほめられて育てられると自己肯定感が高くなるといわれています。逆に、大人から叱られることが多く、否定をされて育つと自己肯定感は低くなりがちです。

 

 

 

とはいえ、自己肯定感は子供のころの体験だけで固定される感情ではありません。大人になってからも本人が自分を変えたいと思っていれば、自己肯定感は高まっていくのです。

 

 

 

私が自信を持つ為に、強く強く推奨するのは「自分との小さな約束を決めて、それを守る度に、自分で自分を褒める習慣を作る」事です。これは自己承認の習慣を作るという方法。これが絶対的にお勧めです。あなたの人生に劇的な効果をもたらします。

 

 

 

自己承認の習慣、自己承認のプラスのスパイラル『自己承認のオイル』について動画で解説しました。(^_^)

是非ご覧下さい。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)年収を自分で決めれる人になるセルフコーチング質問表

 

 

自分ビジネス起業×セルフコーチング
『セルフ・スタートアップカフェ』

運営者プロフィールはコチラ