自己啓発本の嘘に騙されずに正しくモデリングする

 

 

 

 

「あなたの本棚には自己啓発書はどれ位の割合を占めていますか?半分以上が自己啓発書であれば、残念ながらあなたは望む結果(目標達成)を得られないかもしれません。

 

 

 

 

 

というのも、世に出回る自己啓発本に書かれている事は多くは大事な理論が省かれて出版されています。

 

 

 

 

 

「今いる場所で咲きなさい。そうすれば必ずあなたは成功するから。」

「人に感謝しなさい。そうすれば必ずあなたは成功するから」

「好きな事だけしなさい。そうすればかならずあなたは成功するから」

「財布と年収は比例するので高級長財布を買おうかならず年収が上がるから。」

 

 

 

 

A=Bが成立しない(因果と相関関係がごっちゃになっている)法則が書かれています。

 

 

 

 

 

その方が読後感が良いし、満足感が得られて本が売れるので出版社の都合の良いようにパッケージ化されて販売されています。そしてそれらを実践しても、成功出来ない、上手く行かない。「自己啓発本なんてくだらない」と思えればまだ良いですが、「自分はだめな人間なんだと」思ったりしたら目も当てられません。

 

 

 

 

 

これら自己啓発には全て本来はロジック(理論)があります。

A=Bでは決してなく。

B→Aの場合もあります。

 

 

 

 

 

成功者のモデリングをする際に、大事なのは相関関係因果関係について知る事。

 

 

 

成功者のモデリングの際には、モデリング対象がAという行動をしたらBという+の結果を得ているポイントをしっかりと抑える必要があります。

 

 

 

 

その際にごっちゃになるのが相関関係因果関係。

 

 

 

 

 

モデリングをする時に必要なのは、
AをしたらBになる。
A(原因)→B(結果)の【相関関係】であって、

Bの状態だからAをする。
B(結果)→A(行動)【因果関係】は必要ありません。

 

 

 

例えば、
長財布を使う人は成功する。とか
年収は財布の値段に比例する。とか
将来成功する人はファーストクラスに乗っている。とか
募金をする人は成功する。とか。

 

 

 

 

 

出版社が販売数を伸ばす為に、
自己啓発書のキャッチコピーによくありがちなのですが、
これらは典型的なB→A。

 

 

 

 

成功するための方法では無く、成功しているからやっている事。であり、いってしまえば成功者の方便(ウソ)です。

 

 

 

 

 

長財布を使えば成功するわけでも、ファーストクラスの乗っているから成功したわけでも、募金したから成功したわけではありません。

 

 

 

 

 

成功の為には、もっと別のA(原因)→B(結果)が存在している訳です。

 

 

 

 

 

その部分は、もっと泥臭かったり、明文化しにくかったり、内緒にされたりで世に出回りにくいものです。

 

 

 

 

B→Aに騙されずに、大事なA→Bをしっかり見極める。

 

 

 

 

モデリングする際に、大事な相関関係と因果関係についてでした。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

【メルマガ登録】

起業を愛するすべての人へ。

【ビジネスはシンプルだ!】

自分が本当に好きな事をみつける
⇒好きな事を極めていく
⇒好きな事を収入に結び付ける工夫をする
⇒人から感謝される、収入が増える。
⇒収入を再度、好きな事に再投資する

これをスパイラル(上昇)ループで回すだけ。

 

メルマガではあなたの『好き』や『情熱』を元に起業出来る『やさしい台本』を用いた最新のweb起業法を配信中⇒

【メルマガ登録はコチラ】