早生まれに「コンプレックス」「損を」「不利」を感じている方。

早生まれで出来てしまったコンプレックスはきっと武器になる。

 

なぜならば私も早生まれで、早生まれで幼少期、青年期に培った反骨精神が武器になったからです(^^)

 

今でこそ、winーwinの関係性をと考えれるが、青年期の私にとっては世界はwinーLoseかLoseーwin。
世界は競争で、早生まれの私の幼少期の記憶を辿ると、頑張っても、頑張っても同級生には勉強、運動で勝てなかったというコンプレックスがあった。

 

 

早生まれの人は、遅生まれの人であれば調べもしないような、こんな筆舌しがたいこんなデータを見つけて色々考えたりしますよね。↓

 

●プロ野球選手の生まれ月

 

サッカープロ選手の生まれ月

 

 

これはプロの世界において早生まれの選手は競技人口がかなり少ないというデータです。

 

 

プロ選手になるには早生まれは絶対的に不利だというデータなのですが、これはつまるところの早生まれの幼少期、青年期における運動、学力競争における自信や経験を醸成する面での不遇、ハンディを如実に表しているデータとも言えます。

 

 

このデータを見て、自分が運動や学力の面で劣っていたのは、早生まれのせいだからだと安心する人、妬ましく思う人、特に何も感じない人それぞれいると思います。

 

 

「早生まれ」の子供たちは、学校などでともに過ごす同学年の他の子供たちよりも発育が遅れる(最大で11ヵ月の差がつく)という絶対的ハンデ問題があります。

 

 

少しずつ、こういった問題点にスポットが当たり、計測、測定を生まれ月で分けるとかの是正がなされる流れにはなっているようですが、まだまだ十分とは言えない現状だと思います。

 

 

高校時代位にもなれば、同級生とのこういった生まれ月の身体能力差はあまり関係なくなっていますが、幼少期、青年期学校生活における競争では早生まれの子供心と自信を確実にくじいていきます。

 

 

運動の面では、幼少期、青年期の経験が重要。小学生の頃に出番が少なければ経験も自信を積むことも困難です。サッカー、野球、バスケ等の早生まれトップ選手はまさに特筆ものです。学力の面でも、早生まれは「学校の成績」や「最終学歴」にまで影響するという研究結果もあるようです。

 

 

同級生なので同じ土俵で勝負するが、同じように努力しても勝てない。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)あなたの年収を引き上げるセルフコーチング質問表

 

 

詳しいプロフィールはコチラ

お問い合わせフォームはコチラ

お客様の声、感想