売値900万円が付いたブログ運営、集客のコツ、方法。

私が過去運営していたブログはコンテンツを作り混むことで、ブログリピート率50%、ブログからのメルマガ登録数年間500人、ブログ売値(サイト売買に掛けたときの査定額)950万円のブログの成功事例となりました。↓

 

 

 

 

コンテンツ重視型によるブログ運営成功事例

 

 

 

ブログ運営のスタイルにシェア型のブログ(自分の体験談や考え方を中心にブログ運営)とコンテンツ型のブログ(専門知識書きためていくブログ)があります。

 

 

 

 

私はどちらの記事も書いていますが、後者の専門知識集約型のブログ運営、アクセスアップを得意としています。

 

 

 

 

感覚としては専門知識を詰め込んだオリジナル辞書を作り、ブログに来て頂いた方に価値を提供するというスタイルです。

 

 

 

自分が学んだ事をどんどんブログ内に書きためて、webコンテンツ化していって、それが質の高いコンテンツとなり、SEO(検索エンジン上位表示対策)につながり、集客、マーケティング効果が生まれます。

 

 

 

 

そして、特に質の高い記事や、高付加価値の記事については、それをホワイトペーパー(無料コンテンツ)等の商品作りにも使います。

 

 

 

価値のある情報を発信し続けると、それはいつしかあなたのweb上の資産となって行きます。

 

 

 

web上に自販機をどんどん設置していくようなイメージです。

 

 

 

 

例えば、記事トップに乗せているメール文面は私のコンテンツを詰め込んだ運営ブログを売却サイトに見積もり依頼した際に頂いた見積もりメールです。(3社に相見積もり依頼して、1社は値が付かず、1社査定額は500万、もう1社が下950万円)

 

 

 

ブログ運営の目的は基本的には、広告、集客、マーケティング目的ですが、需要のあるブログ(アクセスが集まるブログ)の査定額は自ずと査定額が高くなります。個人が情報発信力を持つ事は現社会の錬金術と言えますね(^_^)。

 

 

 

 

 

「インターネットは人々に公平な情報収集の機会を与えるというが、情報発信の手段を持つ人と持たない人の力の差はますます広がる一方だ。」 ヤフー創業者 ジェリー・ヤン

 

 

 

 

当時、自身のブログの相場価格を知りたくての見積もり依頼だった為、最終的に売却まではしませんでしたが、一つのブログ運営の成功事例です。

 

 

 

(世の中には様々な商品の売買媒体があり、あなたのサイトやブログを正しい相場に出せば一定の値で売却できる場合もあります。あなたがそのサイトに対して感じている価値とそのサイトの真の価値にギャップがあれば、サイト売買は有効な収益手段になりえるわけです。)

 

 

 

この様にブログ運営を成功させる、アクセスアップによりビジネスに活かすには、しっかりと価値のあるコンテンツをブログ内で作り続ける事が必要です。

 

 

 

ブログライティングのスキルについて

 

 

 

 

ブログ運営においてライティング(書く事)のスキルはとても価値のあるスキルです。

 

 

 

 

特にシェア型の記事を書く際には相手の感情動かすコピーライティング的な要素が必要になります。

 

 

 

このライティング技術が高ければ、良質な記事コンテンツをドンドン作れる為、ライティング技術はブログ運営や情報発信、集客において究極の武器になり得ます。

 

 

 

 

多くの企業が良いライターを探すのは、良いコンテンツを書ける人の価値を知っているからです。

 

 

 

ライティングに対して、少し難しいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、ライティングの技術は私たちが普段日常的に行っている事の延長上にあります。

 

 

 

仕事で行っているメールのやり取りや、友達とのラインは元より、好きな異性に送る自分をいかに魅力的に売り込むかというメールやラインはまさにライティング力を使っている事にほかなりません。

 

 

 

 

SNS全盛の今の時代ほど、個人のライティングスキルが高まっている時代もありません。少し練習、経験を積めばあなたにも魅力的なライティングが出来る様になります。

 

 

 

ライティング技術が高まれば集客はセールスコピー製作に困る事がなくなります。

 

 

 

将来が不安で会社内で中途半端な国家資格を取ってみようかなとか思っているのであればライティングスキルを学ぶことをお勧めします。あなたの年収を高める究極のスキルになります。

 

 

 

webはコンテンツ・イズ・キング

 

 

 

フェイスブックを毎日更新してアクセスを集める方法や、無作為に大量の友達申請をしまくったり、こういったwebの集客で量の面で勝負している内は、あなたはweb集客においていつまでもアドバンテージを得ることは出来ません。

 

 

 

 

誰でも出来る事には価値はないからです。

 

 

 

 

webの集客において考えるべきなのが、web上に人々から需要があるコンテンツを提供していくということ。

 

 

 

 

現在世界最大規模の検索エンジンのグーグル検索では検索順位の決定の際にwebコンテンツの質を重要視すると表明しています。(ヤフーの検索エンジンもグーグルの検索エンジンを採用している)

 

 

 

webの世界はコンテンツ・イズ・キング

 

 

 

コンテンツの質が検索上位を決定=アクセス数、集客人数を決定していると言うことです。

 

 

 

つまりは、質の高い記事を確実に作る事が出来れば、自然とあなたのwebコンテンツを求めて、アクセスが集まる状態になります。質の高いwebコンテンツ作りが一番のweb集客、マーケティング戦略になるわけです。

 

 

 

コンテンツはどこから。成功者の脳を真似るモデリング読書術

 

 

 

ブログ運営、コンテンツマーケティングにおいては必要なコンテンツはどこから創出するのかについてです。

 

 

 

それはもちろん自分の脳から絞り出す事が一番ではあります。

 

 

 

 

自分のスキル、経験、知識をブログやユーチューブで情報発信して行く事一つ一つがwebコンテンツにしていく。

 

 

 

 

ただ、自分の中で情報発信するようなコンテンツがないのであれば、それは完全にインプット不足(勉強不足)なので、そんな方にお勧めな方法は、成功者の脳を真似るという事。

 

 

 

真似るというと聞こえが悪いのかもしれませんが、つまりは本を読み成功者の考えを吸収すると言う事。

 

 

 

 

成功者の脳は、近くの書店で買える一冊数千円程度の本の中にギューっと凝縮されています。

 

 

 

 

これほど費用対効果の高い物を私は他に知りません。

 

 

 

 

その本を一冊買うだけで、成功者の考え、コンテンツを吸収することが出来ます。

 

 

 

 

この際に、自分がこれから集客したい分野の本を選びます。

 

 

 

本はアウトプットを意識して選定すると、本当に情報コンテンツの宝石箱です。

 

 

 

ただし、本の内容のコピペは法的にNG。(著作権ですよね)

 

 

 

あくまで、自分の脳のフィルターを通して、オリジナルのコンテンツに咀嚼して利用します。

 

 

 

要約、感想、気付きなんでも良いので、記事としてまとめて行きます。

 

 

 

 

興味のある分野の事を学べて、集客、商品作りのコンテンツ作りも出来るモデリング読書術。

 

 

 

 

是非あなたのビジネスに役立てて下さい。(^_^)

 

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたのコンテンツ作りに役立つ本はどんな本だろう?

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)年収を自分で決めれる人になるセルフコーチング質問表

 

 

個人起業×セルフコーチング
「セルフ・スタートアップカフェ」

詳しいプロフィールはコチラ

お問い合わせフォームはコチラ