【年収を上げる方法】過去記事まとめ

悩み、問題は紙に書き出す【年収を上げる方法】

 

 

人間、ふと不安に駆られてしまうことがあると思います。モヤモヤとした漠然とした不安です。この不安の解決方法のご紹介です。

 

 

私が不安を感じた時にやる事は、不安となっている事を問題点としてノートに詳細に書き出すという事です。

 

 

人間というのは、何に対して不安を抱いているのかという事を案外分析出来ていないものです。

 

 

ただ、問題点というものは、それを認識出来さえすれば半分は解決したも同然なんです。

 

 

ですので、私はノートに問題点を書き出した後、その右側に解決策を書き出していきます。あとは、解決策を実行するのみです。

 

 

もし解決策を導き出せない時は、
・考え方を変えてみる
・人に聞く、調べる
・やめる(よほどの問題でしかありえませんが・・・)
という選択を取ります。

 

 

この様に方向を定めて作業量をこなす事で自然と不安は消えていきます。

 

 

理想はPDCAサイクルですが、(Plan:戦略、目標 Do:実施  Check:評価 Action:改善、見直し)

 

 

まずは『問題点と解決策をノートに書き出す』をやってみて下さい。

 

 

「なぜ?」ではなく「どうしたら?」【年収を上げる方法】

 

 

物事がうまくいかなかった時、どんな質問をしていますか?

 

 

私たちは言葉を使って会話をしますが、思いの全てを言葉で表現できません体験の中から一部を選び伝えようとする過程で削除・一般化・歪曲が起きます。

 

 

 

言葉は地図にある体験の断片でしかありません。そこで、失われた情報を得るために質問を使います。

 

 

 

質問は、断片から体験へと意識を向けさせます。

 

 

 

質問に答えることで、本人にとっても無意識に削除・一般化・歪曲していた情報が取り戻され、可能性を広げたり、解決へのヒント、気付きが得られ地図を豊かにすることができます。

 

 

 

ただし、どんな質問をするかで、焦点があたる方向が変わってしまうのです。例えば、あなたが失敗したとします。

 

 

 

そんな時に
「なぜ失敗したの?」「どうしてできなかったの?」と聞かれたらどんな気持ちがしますか?

 

 

 

「なぜ」という言葉には責められている感じがあります人は責められると言い訳しか出てこないものです。

 

 

 

「だって、忙しかったから」
「みんなが手伝ってくれなかったから」
これでは可能性も広がらないし、解決へのヒントも見つかりません

 

 

 

NLPの前提の1つ「失敗はない、あるのはフィードバックのみ」は始めから失敗しようと思ってやっている人はいない、手にした結果が望んだものでないのなら、それはうまくいく別のやり方を試すためのフィードバックである。という事を教えてくれます。

 

 

 

なぜ?どうして?という過去や理由に焦点を向けた質問を未来や可能性に焦点を向けた解決志向型の質問に変えてみましょう。

「どうしたらうまくいくと思う?」
「どうすればできると思う?」
「何を変えたらいいと思う?」

 

 

 

こんな風に聞いてもらえると解決へのヒントが見つかりそうですね世界ナンバーワンコーチと言われるアンソニーロビンズは「質問の質が人生の質を変える」と言っています。

 

 

 

私たちは自分に対しても毎日たくさんの質問を投げかけています。(セルフコーチング)自分に何気なく問いかけている事に気付いたら、使っている言葉を意識してみましょう。そして、言葉の使い方を解決志向に変えると答えの違いに気付くはずです。

 

もっというとどうすれば良いだろう?も最適な質問ではありません。ここら辺の深いところはメルマガで語っています。是非ご登録下さい(^_^)

 

子供の夢を否定してしまう大人【年収を上げる方法】

 

 

夢を持てない人がいるという不思議な体験

 

 

目標達成コーチとして活動していると「夢」を持つことに否定的な大人や「夢」という単語を拒絶したりする方とも出会ったりします。(‘_’)

 

 

夢を拒絶する方は共通して「夢は叶わないから夢」「非現実な妄想」といった否定的な解釈を持っており、中には「期待すると裏切られるから高望みするな」と親に言われ続けてきたという方もいます。

 

 

 

それって、自分自身の信念が「私では高い目標を叶えることは出来ない。」だから「私と関わる人達もきっと同じなのだ」と信じているのです。

 

 

 

ただ夢を実現していく人達もいますよね。この人達の多くはごく一般の家庭で生まれた人達です。必ずしも恵まれた環境であったわけではありません。

 

 

一つの共通点としては、夢に対して肯定的な家庭環境である人が多いということです。「夢を持ち、目標を立てて、ゴールを目指す人生」これを肯定的に捉えれるかどうかが大きく人生を左右します。

 

 

例えば小さな子供に将来何になりたいと聞いて「公務員」と答えれば「もっと大きな夢を持てよ!」と諭す大人も。逆に高校生の我が子が「歌手」「女優」「起業家」になりたいと言おうものなら「そんなの無理」「やめておけ」と諭すようになる。

 

 

子供の夢を否定してしまう大人は自分では無理だからそれを諦めているのです。

 

 

確かに夢、目標を掴む為には戦略も必要です。方法も必要です。でもそれを達成する、達成して良いのだという肯定感を持てる環境がまずは必要なのです。

 

 

 

私はそういった肯定感は自ら本を読み、はぐくみました。大分県で目標達成コーチとして活動しております。

 

 

インプットとアウトプットとフィードバックを利用する。【年収を上げる方法】

 

 

起業や目標達成に必要なインプットとアウトプットとフィードバック。

 

 

なにか事をなすときには、学ぶこと(インプット)は絶対に必要ですよね。

 

 

代表的なものは本を読む、セミナーに行く等の学びです。

 

 

ただ、人間はインプットだけでは成果を上げる事は出来ません。

 

 

アウトプットの作業を通して初めて結果を得ることが出来ます。

 

 

つまりは行動ですね。行動して初めて結果が伴います。

 

 

 

もっというとインプットだけでは、人は記憶を定着させることが出来ないので、書いたり、話したりして、支離滅裂な思考を再構築し、相手に伝えるために言語化するというアウトプットの作業を通して初めて『自分のモノ』にできるのです。

 

 

(エビングハウスの忘却曲線参照)

 

 

インプットとアウトプットは学びと成長に欠かせない重要なプロセスです。インプットとアウトプットはセットで考える。

 

 

・・・・とまではよく言われるます。

 

 

 

ただ、インプットとアウトプットの永遠とした繰り返しだけでは、高いレベルの成長は望めません。さらに人間はモチベーションを保つことも出来ません。

 

 

 

そこに人からのフィードバック、結果のフィードバックを得て、修正する事ではじめて次のステージを目指せます。

 

 

もしあなたが、人よりも大量行動はしているけど、思うような成果、望むような人生を歩めていないようであればフィードバックをもっともっと活用しましょう。

 

 

私も起業は辛いもの。と考えてもくもくと5年程一人で意固地になってやっておりましたが、仲間と出会い、フィードバックを受け入れて改善してく事で、楽に成果を上げれるようになりました。

 

 

古い考え方や、根性論というものは多くの場合は弊害になりえます。まずは、しっかりとフィードバックに耳を傾けていきましょう。

 

 

インプット→アウトプット→フィードバック+大量行動を繰り返していけば自分では気づかないうちに、ライバルに大きく差がついているものです。(^^)

 

 

10,000時間の法則【年収を上げる方法】


私が起業したいと言う事を周りの人間にいうと中には賛同してくれる人もいますが、中には「おまえは凡人なんやけやめておけ」と言われることがありました。今思い起こしても結構ひどい言葉ですね(笑)

 

 

 

 

皆さんは10000時間の法則をご存じでしょうか。

 

 

 

マルコム・グラドウェルさんが検証、提唱した法則で、仕事においても、スポーツの分野においても、芸事においてもそれに対しての作業、努力を10000時間続ければその分野の一流になれる(なっている)という法則です。

 

 

 

マルコム・グラドウェルさん(作家)

 

 

 

マルコム・グラドウェルさんは、モーツァルトやビートルズ等を引き合いに出していましたが、今現在プロとして第一線で活躍している人の統計を取ると10000時間 という時間がひとつの目安にあるようです。

 

 

 

正確にいうとモーツァルトやビートルズをはじめ一線級の人物は10000時間以上の時間をその分野にかけていると思いますが、10000時間を掛けて、頭一つ抜け出ることで、さらにその分野に没頭できる環境やモチベーションが与えられ、ますます技術に研鑽がかかり後続を引き離していくという事を提唱していたように記憶しています。

 

 

 

その目安が10000時間。10000時間というとピンときませんが、1日3時間その物事に取り組んだ場合は、約3333日。およそ10年の歳月が必要です。

 

 

 

皆さんも、自分だけの武器、価値を磨きたいと考えているのであればまずはこの10000時間という時間を意識してみてください。10000時間を超えた後はまた見える世界が違ってくると思います(^^)

 

 

お金に対する負のメンタルブロックを外す。【年収を上げる方法】

 

起業、副業していくときに外していたいのがお金に対する負のメンタルブロックです。

 

 

 

日本人の中では真面目に働いて給料を貰うという事が正義です。

 

 

 

日本人はとりわけ「お金は汚いもの」というメンタルブロックが非常に強い人種です。これはあなたの問題と言うよりも日本の教育に問題があるのかもしれません。

 

 

 

メンタルブロックが強すぎるから、GDP世界トップクラスでありながら同時に世界最高クラスの自殺大国という一風変わったお国です。

 

 

 

これから、あなたが影響力や年収を上げて行く過程でこのお金に対するメンタルブロックを外しておかないと、不幸せなお金持ちになってしまいます。

 

 

 

影響力、年収が多くなればなるほどです。これは、車の運転に例えるならブレーキを踏みつつも、アクセルを踏み抜いているような状態です。健全な状態ではありません。

 

 

かなり強力な足枷となります。

 

 

では日本人はお金を求めていないのか?

 

 

試しに「お金」というキーワードでのインターネットでの検索キーワードの閲覧数を調べてみました。↓

 

検索グラフでは2011年位(リーマンショック辺り)から検索数が急激に増加傾向にあり、「お金」というものへの関心が高くなっていることがわかります。

 

 

「お金は汚いもの」という社会的通念の中にあって人々が深層心理の中で「お金」というものに対しての欲求がある事は確かです。

 

 

これはしっかりと認識しておく必要があります。

 

 

発展途上国の国々では非常にお金に対して貪欲です。そして学びに対しても同じく貪欲です。

 

個人が影響力を高め、グローバル化の競争の中で切磋琢磨していく時代に、この半ば矛盾した日本人のお金のに対する考え方、メンタルブロックは絶対に外さなければいけません。

 

 

 

ただし、メンタルブロックを外すといっても「お金は汚いもの」という極端なメンタルブロックの意識をニュートラルな状態にするだけで良いのです。

 

 

 

私たちは友人、知人から物をもらったり、仕事を手伝ったりしてもらったら「ありがとう」と言います。

ただ、お店で商品やサービスを提供してもらったら「お金」を支払います。

つまり、「お金」という物は「ありがとう」と対価なのです。

 

 

 

お金を稼ぐというのは「ありがとう」を貰う数を稼ぐ事になります。収入が上がるというのは、それだけ「ありがとう」をもらった数が増えたという事になります。

 

 

 

『お金=ありがとうをもらった数』と考えるだけで、お金に関するメンタルブロックがスーっと外れて行きます。

 

 

 

さて、影響力を高めていく時には、このお金のメンタルブロックに代表される様々なメンタルブロックが時折あなたの行動、決断の邪魔をします。

 

 

 

これはあなたが成長し、次のステージに進もうとしている証でもありますが、人は変化を恐れる生き物なので、このメンタルブロックを根性や精神論で振り切って事を進めたとしてもあなたは幸せに成果を上げる事は出来ません。

 

あなたの短所は魅力的なチャーミングポイントになる【年収を上げる方法】

 

多くの人は自分の短所、弱い部分を必死になくそうとする。隠そうとする。

 

 

短所を直そうと努力や試行錯誤することは確かに大事です。

 

 

ただし、そこに必要以上に無駄な時間を投資していませんか?

 

 

例え一つの短所をなくせたとしても、又別の短所が目に付くようになるだけ、だって短所にフォーカスしているのだから。

 

 

ある程度努力してみて、なくせない短所、欠点は、認めてしまって、さらけ出し方が人は強くなれる!

 

 

 

短所を認められない。そして隠そうとするから人は弱くなる。臆病になる。行動力が出せない。

 

 

多くの人々を見てきましたが、弱さを持ってない人なんていません。こいつマジ「凄そう」、「センス良い」、「格好良い」、「可愛い」って素敵な人達ですらみんなもれなくさらけ出せない、人に言えない弱さを抱えています。

 

 

これが人間。

 

 

フォーカスするべきはあなたの長所。

 

 

自分の長所に多く目を向け、気づく事。自分の長所を伸ばす事。

 

 

長所を伸ばして、短所の比率を小さくするアプローチをすると、あなたの短所だと思っているものはあなたのチャームポイントに変わる。

 

 

 

完璧な人間なんて、魅力が無いし、つまらない。

 

 

 

短所を認めよう。自分の長所を伸ばそう。自分をもっと褒めよう(^_^)

 

 

 

成功したいなら失敗しろ。拒絶されろ。恥を掻け。【年収を上げる方法】

 

「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」(トーマスエジソン)
「失敗したことのない人間というのは、挑戦をしたことのない人間である。」(アインシュタイン)

「失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる」(松下幸之助)

「私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎない。99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である」(本田宗一郎)

 

 

多くの偉人は成功(目標達成)には失敗が必要だと言っています。あなたがもし成功したいと考えているのであれば、多くの失敗を経験する必要があります。

 

 

「拒絶の利用」あなたが拒絶されればされるほど成功を得やすくなります。

「失敗の利用」失敗すればするほど成功を得やすくなります。

「恥の利用」恥を搔けば掻くほど成功を得やすくなります。

 

 

もう一度書きます。あなたがもし成功したいと考えているのであれば、多くの失敗を経験する必要があります。

 

 

前提として失敗とミスは違います。

「ミス」は自分の通常の枠の中(コンフォートゾーンの中)での行動で上手く行かない事。

「失敗」は自分の枠の外(コンフォートゾーンの外)に出て見て上手く行かない事。

 

 

ミスから得られる事は少ないが、失敗から得られる事は甚大(むしろ枠の外=初めての経験なので失敗は当たり前)

 

 

あなたがもし成功したいと考えているのであれば、多くの失敗を経験する必要があります。

 

 

そして、「成功したい」ではなく、「成功する」と決める事。

 

 

決めれば方法は後から湧いてくる。これは脳科学的な真実です。(^^)

 

 

意志力は消耗品。鍛えることも出来る【年収を上げる方法】

 

スタンフォード大学の心理学博士号のケニーマグゴニガルさんの著書「スタンフォード大学の自分を変える教室」を紹介

 

本の内容は意志力についての内容です。

 

この本の中では意志力とは【やる力】【やらない力】【望む力】と大別され、それぞれの力はこういった物です。

 

 

●やる力は、毎日6時に起床して30分走るなどの決められた事をやる力。●やらない力は、甘い物を控えている人が、それらへの欲求を抑えるやらない力。●望む力は、理想の体型になりたいと望む力

 

 

意志力という言葉はともすれば、根性論で片付けられてしまいそうですが、そういったバカの壁に拒まれた思考ではなく、何かをやる意志力、何かをやめる意志力はどういうメカニズムで作用し、どうなったらそれらを自分の望み通りに実行できるのか、どういう風にすると意志力を高く保つことが出来るのかが学べる超良書となっています。

 

 

この意志力さえ高く保てれば、モチベーションの高い、低いにかかわらず自分の望む未来というものを作り出すことが出来る為、意志力を高める事は人生の質を高めることに非常に密接に関連しているといえます。

 

 

私のメンターにケニーさんと同じく心理学者の相馬さんという方がいるのですが、相馬さんの考えでは、意志力は消耗品である為、いかに意志力を使わない環境を作るかも大事だとおっしゃっていて、(本を読む事を意志力を使わないでする為に、本をいたるところに置いておく。習慣にしてしまう、サークル、仲間を募り強制的にやらなければいけない環境に自身を置くetc)(アップルの創始者スティーブ・ジョブズは毎日服を選ぶ意志力を使わないように、同じ服のみ数着購入してストックしていた等も、同じ理屈ですね)

 

 

意志力を考える上でこの相馬さんの意志力は消耗品という考えとケニーさんの意志力に関する著書「スタンフォード大学の自分を変える教室」の内容を私はセットで考えて吸収しています。

 

 

意志力を鍛える点で、瞑想が有効です。の点は是非活用したい所です。

 

自己啓発本に騙されずに正しくモデリングる【年収を上げる方法】

 

 

「あなたの本棚には自己啓発書はどれ位の割合を占めていますか?半分以上が自己啓発書であれば、残念ながらあなたは望む結果(目標達成)を得られないかもしれません。

 

 

というのも、世に出回る自己啓発本に書かれている事は多くは大事な理論が省かれて出版されています。

 

 

「今いる場所で咲きなさい。そうすれば必ずあなたは成功するから。」

「人に感謝しなさい。そうすれば必ずあなたは成功するから」

「好きな事だけしなさい。そうすればかならずあなたは成功するから」

「財布と年収は比例するので高級長財布を買おうかならず年収が上がるから。」

 

 

A=Bが成立しない(因果と相関関係がごっちゃになっている)法則が書かれています。

 

 

その方が読後感が良いし、満足感が得られて本が売れるので出版社の都合の良いようにパッケージ化されて販売されています。そしてそれらを実践しても、成功出来ない、上手く行かない。「自己啓発本なんてくだらない」と思えればまだ良いですが、「自分はだめな人間なんだと」思ったりしたら目も当てられません。

 

 

 

これら自己啓発には全て本来はロジック(理論)があります。

A=Bでは決してなく。

B→Aの場合もあります。

 

 

成功者のモデリングをする際に、大事なのは相関関係因果関係について知る事。

 

 

 

成功者のモデリングの際には、モデリング対象がAという行動をしたらBという+の結果を得ているポイントをしっかりと抑える必要があります。

 

 

その際にごっちゃになるのが相関関係因果関係。

 

 

モデリングをする時に必要なのは、
AをしたらBになる。
A(原因)→B(結果)の【相関関係】であって、

Bの状態だからAをする。
B(結果)→A(行動)【因果関係】は必要ありません。

 

 

 

例えば、
長財布を使う人は成功する。とか
年収は財布の値段に比例する。とか
将来成功する人はファーストクラスに乗っている。とか
募金をする人は成功する。とか。

 

 

出版社が販売数を伸ばす為に、
自己啓発書のキャッチコピーによくありがちなのですが、
これらは典型的なB→A。

 

 

成功するための方法では無く、成功しているからやっている事。であり、いってしまえば成功者の方便(ウソ)です。

 

 

長財布を使えば成功するわけでも、ファーストクラスの乗っているから成功したわけでも、募金したから成功したわけではありません。

 

 

成功の為には、もっと別のA(原因)→B(結果)が存在している訳です。

 

 

その部分は、もっと泥臭かったり、明文化しにくかったり、内緒にされたりで世に出回りにくいものです。

 

 

B→Aに騙されずに、大事なA→Bをしっかり見極める。

 

 

モデリングする際に、大事な相関関係と因果関係についてでした。

コメントを残す

年収を自分で決める人になる為のセルフコーチング質問表プレゼント

 

コーチングの定義は、「コーチングとは対話を重ねる事を通じ、クライアントが目標達成に必要なスキルや知識、考え方、パーソナリティを備え、行動する事を支援するプロセス」とされています。

 

 

つまり、私を初めとするコーチの目的は人々の目標達成を支援する事が最大の目的です。

 

 

ただ、そのコーチングを自らの手で行うセルフコーチングという考え方も存在します。

 

 

記事下にて自分で出来るセルフコーチング質問表をプレゼントしています。↓
記事を一読後希望であればお受け取り下さい。(^_^)

 

 

セルフコーチング質問表プレゼント

 

 

成功する人の原理は、

 

①自分の本当に望んでいる目標を知り

②目標達成の方法を知り

③行動する(トライ&エラー)

 

 

これだけです。本当にこれだけです。

 

 

これは私が嫌いなスピリチュアル発想でも、自己啓発的発想でもなく、脳科学的な真実です。

 

 

ただ、多くの人は①の自分の目標がなんなのか?も自分自身で理解出来ていなかったりします。

 

 

時には悩む方もいます。

 

 

人の抱いている夢や目標は、多くの場合、満たされない感情が作り出した「ニセの願望」であることが多いからです。

 

 

ニセの願望にとらわれていると、悩みや問題はいつまでも続きます。いつまでも。永遠に。

 

 

20代の私がそうでした。目標の設定方法は学校でも会社でも教えては貰えませんからね。

 

 

まずは自分の本当の願望に気づく事が大切なのです。

 

 

あなたが実現したいと思っている事はなんですか?

 

 

そしてそれはあなたの本当の望みですか?

 

 

その答えは全てあなたの中にあるし、その答えを探すヒントはフォーカス(集中)にあります。

 

 

あなたは自分がフォーカスしたものを人生で次々と得る事が出来ます。

 

 

あなたが今人生で得ているものは、仕事、家庭、友人、恋人、趣味、収入、住居、住所に限らず(フォーカスをコントロールしてきたかどうかは別にして)フォーカスしたものを手に入れてきているはずです。

 

 

フォーカスをコントロールする事は、人生の質をコントロールする事と直結します。

 

 

そしてあなたは、このフォーカスをコントロールするすべを既に知っています。

 

 

フォーカスをコントロールする一番の方法は【質問する事】だからです。

 

 

調子抜けでしたか?

 

 

しかし、質問するだけで思考は確実に質問の内容、答えにフォーカスされます。一瞬で思考が劇的に変わるのです。

 

 

実際に質問の力を体験してみましょう。ちょっと下の質問を考えてみてください。

 

 

「あなたは今何が食べたいですか?」

「あなたは今日は何時に起きましたか?」

「あなたの初恋の相手の名前は?」

 

どうでしょう。

 

 

数秒前には考えもしなかった思考に一瞬でフォーカスし、その解答を一瞬で導き出したはずです。質問には私たちの考え方を自由に変化させるパワーがあります。

 

 

脳の性質上「脳の中に思考の空白が出来ると、脳はそれを自然と埋めようとする」プログラムがあるからです。

 

 

脳は分からないと言う事をとても嫌います。

 

 

例えば、これ↓を見て人間の脳がどう作用するかというと、

①1+1=□

②□×5=15

 

□の中の解を意識(顕在意識)の中から探そうとします。そして、□の中の答えを意識で導き出せない時には、今度は無意識下(潜在意識)まで掘り下げて解を導き出そうとします。

 

 

そして、人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

 

一日の始まりの朝起きてベッドから出る時でさえ、「まだ眠いな」「今何時かな?」「あと5分寝れるかな?」と脳内では無数のトークと質問のやり取りが行われて、あなたの一日のスタートに影響を及ぼしています。

 

 

これをセルフトーク(インナートーク、セルフクエッション)と呼びます。

 

 

セルフトークのパワーは甚大で、このセルフトークはあなたの感情、思考、行動、習慣、人生を如実に形作って行きます。そしてそれが一日3万回のセルフトークが行われていると仮定して一年間(×365日)に換算すると人は年間で1,000万回以上ものセルフトークを脳内でしている事になります。

 

 

人生に影響しないわけが無い事が分かると思います。

 

 

セルフトークの質はまさに人生の質なのです。

 

 

火事場の馬鹿力に代表されるように「無意識は無限のパワーを秘める」と比喩されますが、このセルフトークこそ無意識(潜在意識)の大多数を占めるものです。

 

 

無意識(潜在意識)はあなたが寝ている時にも働いています。天才的な科学者のエジソンも、発明に行き詰まったときには夜寝る前にメモ用紙にフォーカスしたい内容のメモを取り、寝る事を習慣としており、朝起きた時の閃きで多くの偉大な発明が生まれた事はあまりにも有名です。

 

 

もし、この潜在意識、セルフトークを自由にコントロールする事が出来たら?質の高いものに出来たら?どのような変化があなたに起こると思いますか?

 

 

私はこのセルフトークを使い、セルフコーチングを行い自分の望む人生を形作っている所です(セルフトークマネジメント)。まだまだ未熟で若輩ですが確実に歩みを進めています。(^_^)

 

 

このセルフトークを自らコントロールする為にもっとも簡単な方法が再三申し上げている【質問】なのです。

 

 

質問の内容にあなたの脳はフォーカスされ、必ずあなたは答えを導き出します。人間はそのようにプログラミングされているからです。

 

 

意識と無意識は密接にリンクしています。

 

 

本来は無意識に引っ張られる意識も(無意識>意識)、定期的に質問の力、フォーカスの力を使えば、無意識も実質的にコントロールが可能になるのです。

 

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。

 

 

質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

 

再度言いますが、これは私が嫌いなスピリチュアル的な考えでもなく、自己啓発的な考えでもなく、脳科学的な事実です。

 

 

人間の脳は驚くべき働きをするのです。

 

 

私はこの質問をまとめて管理して定期的に更新して、PDFで印刷して毎日自分自身に質問の力を用いてセルフコーチング、セルフトークマネジメントを行っています。

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め

【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】

【力を生み出す質問一覧】

【成功するための質問 一覧】

【豊かさを受けとる質問 リスト 】

【目標設定をするための質問 リスト 】

【問題解決を行うための質問一覧 】

【人間関係を改善する質問 一覧】

【クロージングが決まらない時の質問 一覧】

【売上が低迷しているときの質問 一覧 】

【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

特にお勧めなのは【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問】、パワーアップクエッションと呼ばれています。

 

 

 

ここまでページを読んでくれてありがとうございます。(^^)

 

 

実はこの質問のパワーというものは本当に人生を一変させてしまうので、本来は自分の為だけに使いたい、使えるツールに止めておきたいと考えていましたが、私は「人々がより早く目標を達成する手助けをする」事を生涯の活動にすると決めているので、皆さんが希望すれば質問表のコンテンツの共有もしたいと思っています。

 

 

質問表コンテンツ(セルフコーチング、セルフトークマネジメント用)は私のブログ内でパスワード保護にしていますが、メルマガ会員さん限定でコンテンツパスワードを共有しております。

 

 

共有後意見や質問がありましたら、ブログでも、メルマガでも意見等頂けると幸いです。目標達成に向けてすでに行動、努力されている仲間も広く募集しております(^_^)

 

 

そして、この質問表コンテンツは(セルフコーチング、セルフトークマネジメント用)は定期的にバージョンアップさせて行きます。(PDFが必要であればPDFを配布するという形も今後考えてます。)

 

 

このコンテンツや私のメルマガがあなたの人生に少しでもお役に立つ事を願いこの記事の締めとさせて頂きます。(^^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め

【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】

【力を生み出す質問一覧】

【成功するための質問 一覧】

【豊かさを受けとる質問 リスト 】

【目標設定をするための質問 リスト 】

【問題解決を行うための質問一覧 】

【人間関係を改善する質問 一覧】

【クロージングが決まらない時の質問 一覧】

【売上が低迷しているときの質問 一覧 】

【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)あなたの年収を引き上げるセルフコーチング質問表

 

※パスワードはメルマガ会員さん限定で公開しております。
メルマガでは私の知りうる全てを公開してきたいと思っていますので、是非メルマガ登録下さい(^^)

 

私のプロフィールはコチラ

ご相談・お問い合わせはコチラ