ブログ更新のネタが無い、続かない【セルフ・スタートアップカフェ】

 

 

 

起業したいと意気込みブログを立ち上げた。

 

 

 

 

そして、今まで書きたいと思っていた渾身の記事を一記事投稿した。

 

 

 

・・・・

 

・・・・

 

・・・・

 

 

 

その後、更新が無いブログって山ほどあります(‘_’)

 

 

 

 

多くの人はブログを書いた方が良いと思ってはいるけど、実際続かないんですよね。

 

 

 

 

続かない理由は色々あるでしょうが、基本はネタ切れの方が多いわけです。

 

 

 

 

ここでやりがちなのが、ブログを書く為に、読書量やインプットや勉強を増やそうとすること。

 

 

 

確かにwebコンテンツを作る為に、本やセミナー等のインプット活動を行うことは必要なのですが、ブログ書き始めの事は、まだまだ方向性も完全には固まっていないと思うので、インプット量を増やすより、完璧主義思考を辞めることが必要だと考えましょう。(まずはアウトプットの方法に目を向ける)

 

 

 

多くの方は、ブログの書き始めの頃から、記事の繋がりや、構成等を気にしすぎて、ブログ更新のハードルを自分で上げてしまい、挫折してしまう。という道を辿ってしまいがちです。

 

 

 

ブログの運営の初期は、まずは記事更新の習慣を作るという風に考えて、インプットに時間を割いたり、記事の構成に凝るよりも、自分だけの経験とかをリアリティを持って(思考せずに感情を表現する)書いていく方が、楽に記事が溜まりアクセスが集まるようになります。

 

 

 

変にインプットせず、思考せず(綺麗に書こうとせずに)に記事を書く事で、あなたのオリジナリティあるブログコンテンツが出来上がっていきます。

 

 

 

 

コンテンツの質を高めたり、自分のビジネスへの導線を考えるのは、ブログ運営初期で挫折するくらいなら後で考えたら良いと思います

 

 

 

例えば、私のこのブログ運営は当初はキャリアコンサルタントの養成講座の課題レポートをブログでもアップしたり、NLPトレーナー資格取得を断念した一連の行動や理由をブログでアップしたりしました。

 

 

 

これらの記事関連で10記事更新位はサクッと出来ましたが、こういった実体験の記事はノウハウ系の記事よりも共感を生みやすいですし、珍しい記事なのでアクセスも生まれやすいです。

 

 

 

 

さらに特別ブログ用にインプットしなくても良いので、すらすら記事が書けます。(特に何かの講座等に参加して得た成果物等はブログのwebコンテンツにならないかどうか常にアンテナを張っていましょう。※著作権には注意)

 

 

 

こうやって自分の歩んだ道や体験を全部webコンテンツにしていく感覚を意識しましょう。

 

 

 

 

そのwebコンテンツ群がアクセスを生み(集客、マーケティング)、販売コンテンツになり(セールス、商品作り)になっていくわけです。

 

 

 

ブログ運営をこういうイメージでやっていくと、無理なく自然とあなたの強力なビジネス媒体が出来上がって行きます。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)年収を自分で決めれる人になるセルフコーチング質問表

 

 

自分ビジネス起業×セルフコーチング
『セルフ・スタートアップカフェ』

運営者プロフィールはコチラ