コーチングのやり方、手順、方法【コーチング起業】

コーチングのやり方、手順、方法【コーチング起業】

 

 

 

パーソナルセッションとは何かと言うと1対1での会話をする技術のことです。

 

 

 

 

その1対1での会話の中でクライアントの求める目標の達成をサポートしていきます。

 

 

 

パーソナルセッションでは様々なスキルを駆使します。

・心理学
・脳科学
・行動心理学
・自己啓発
・アイデンティティ
・潜在意識/顕在意識
・コーチング
・成功哲学

 

 

 

 

などなどですね。あなたの人生で学んだことを総動員して、クライアントに成果を上げさせます。

 

 

 

 

結局のところ人生とは人と人とのつながりであり多くの人の悩みが《 人間関係にある 》とも言えると思います。人と会話するのになにか特別な資格が必要でしょうか?

 

 

 

 

そうです。コミュニケーションに資格は必要ありません。コミュニケーションに求められるのは資格ではなく《 質 》だと私は思います。

 

 

 

まずはクライアントの夢実現や目標達成や理想を現実にすることをサポートすることが何よりも大切なことではないでしょうか?

 

 

 

 

それは資格がもたらすものではなくあなたという《 存在 》がもたらすものだと私は考えています。

 

 

 

 

人の役に立てる【じぶん】に成長するからこそ 稼ぐ自分へと成長することができるのです。

 

 

 

 

コーチングの形も色々ありますが、実際のコーチングの基本手順としては以下の様な流れになります。NLPコーチングをベースにしていますが、他のコーチングも同じです。

 

 

 

コーチングセッションのやり方、手順、流れ

 

準備(セッティング)
コーチング(面談・会話)始める了解を取る。

アイスブレイク
お互いの緊張を解く

コーチングの目標設定(最終ゴールを決める)
複数のゴール候補を出し、その中から扱うゴールを選ぶ

成果を確認・評価する方法を決める
「何がどうなったらコーチングが上手くいったのか」をあらかじめ決めておく。

このセッションの目標を決める
この時間(コーチング/面談/会話)で何を達成したいのかをはっきりさせる。

目標(ゴール)を明確にする
目標(ゴール)に対しての現状を明確にする。

現状と目標の差を明確にする
現状との差がある理由、課題、目標達成に必要なリソースなどを明確にする。

具体的に何をするかを決める
目標(ゴール)に向けての最初の第一歩を決める。

このセッションの成果を確認する
この時間(コーチング/面談/会話)の成果をはっきりさせる。

フォローを決める
その後のフォローの仕方を決める(次にいつ話すかを決めるなど)

 

 

準備とアイスブレイク–コーチングを始める許可とリラックス

・今から○分間コーチングを始めたいと思います。
・○○についてこれから○分話しましょう。
・これから例のプロジェクトについて話しませんか?
・あの仕事はどこまで進んでいますか?

コーチングの目標設定–コーチングで扱う目標(最終ゴール)を明確に決める。

・今、何を達成したいと思いますか?
・あなたは、どのようになりたいと思いますか?
・あなたにとっての理想の状態とはどのような状態ですか?
・そのゴールを達成した時の副産物は何ですか?
・そのゴールを達成したら、次にどのようなゴールを持ちたいですか?

成果を確認・評価する方法を決める

・そのゴールを達成したことを何で図ることが出きますか?
・どのようになれば、ゴールを達成した事がわかりますか?
・ゴールが達成出来た事を数値で表すとどうなりますか?

このセッションの目標を決める

・これからの時間でどの目標について話したいですか?
・これからの時間帯で○○について何をはっきりさせたいですか?
・この時間帯でそのゴールについてどこまで話したいですか?
・この時間帯で何が整理されるといいですか?
・この時間帯をどのように使いたいですか?

目標を明確にする–目標(ゴール)に対しての現状を明確にする。

・ゴールに対して今どれ位進んでいますか?
・ゴールを100としたら今どれ位ですか?
・現状出来ている事、出来ていないことは何ですか?
・上手く出来た体験はありますか?

現状と目標の差を明確にする。

・何があればゴールを達成出来ますか?
・ゴールを達成出来ていない理由はなんですか?
・妨げとなっているものはなんですか?
・出来ていない部分を埋めるものは何ですか?
・やろうと思って出来ていない事はなんですか?
・足りないものは何ですか?
・必要な知識、スキル、ツールはなんですか?
・必要なサポートはなんですか?

具体的に何をするかを決める

・まず何をやりますか?
・ここまで話して、やろうと思った事はなんですか?
・この話が終わった後、最初にやる事はなんですか?
・今出来る事はなんですか?
・この一週間で何に取り組みますか?

このセッションの成果を確認する。

・最初に立てた「このセッションの目標」に対して、どこまで話すことが出来ますか?
・気づいたこと、整理されたこと、はっきりしたことはなんですか?
・この時間にどんな価値がありましたか?
・ここまで話してみての感想は?

フォローを決める

・次はいつ話しましょうか?
・決めた事を実行したら連絡を下さい
・何月何日に続きを話しましょう。

 

以上セッションの流れはこんな形です。

 

コーチング質問集、質問集、質問一覧リスト


 

 

コーチング起業で使えるコーチング質問集、質問集、質問一覧リストを作りました。(^_^)

 

 

 

当然、それぞれの質問には意図があり、闇雲に使ってもなんの効果も生み出しません。

 

 

 

しっかりとカウンセリング、コーチングのスキルを学んで質問の意図を理解した上でコーチングセッションの参考資料としてお役立て下さい。

 

 

シンプルな質問(コーチングセッション)

・どうしたいですか?
・何が問題なのですか?
・今、どういう状態ですか?
・以前はどうでしたか?
・どんな感じですか?
・どう思いますか?
・どうしたら良いと思いますか?
・これからどうしますか?
・何が必要なのですか?
・今すぐにやれることはなんですか?
・ほかにはどうですか?
・次は何ですか?
・何をいつまでにしますか?
・いつ実行しますか?
・必ず実行しますか?
・何か気づいたことはありますか?
・何を学びましたか?

 

ゴール(目標設定)についての質問(コーチングセッション)

・あなたの目標ゴールはなんですか?
・何がどのようになればいいと思いますか?
・あなたのしたいこと、得たいものは何ですか?
・今一番やりたい事はなんですか?
・それについてどうしたいと思われますか?
・どういう状態を手に入れたいと思いますか?
・どうなれば今よりも満足出来そうですか?
・今までと違うどんな行動をが起こせたらいいですか?
・どんな結果を望んでいるのですか?
・問題が解決され上手く行ったら、どんな状態になりますか?
・どうなるのが一番理想的だと思われますか?
・今最も望んでいる事は何ですか?
・しなければならないことで無く、あなたがしたいことはなんですか?
・そのゴールは現実的ですか?
・そのゴールを達成すると何が手に入りますか?
・そのゴールを達成したときに得られるものはなんですか?
・その向こうにあるゴールは何ですか?
・最終的にはどうしたのですか?
・最終的に求めているものはなんですか?
・それを達成したらどうなるのですか?
・何のためにゴールを目指しているのですか?
・そのゴールを達成することで今得ていない何を得ることが出来ますか?
・何か変えてみたいと思っていることはありますか?
・3年後どうなっていたいですか?
・5年後のあなたはどこで、何をしていますか?
・長期的に見てもっとも重要な課題はなんでしょうか?
・もう一度人生を送れるとしたら、どんな人生を送りたいですか?
・魔法の杖を一回だけ使えるとしたら、何を実現させたいですか?
・ゴールを達成したときの事を頭の中で絵に出来ますか。それはどんな絵ですか?
・その目標を達成したら、次にはどんな目標を持つ事が出来ますか?
・目標達成の過程でどんな事を身につけられそうですか?
・そのゴールを達成出来たら、どんな付加価値がついてきそうですか?
・そのように行動したら、どんな付加価値が付いてきますか?
・途中で進捗状況をチェックする方法はありますか?
・何を持ってゴールを達成したと判断できますか?
・どういう状況になったら、ゴールが達成出来たと思うことが出来ますか?

 

現状についての質問(コーチングセッション)

・現状はどうなっていますか?
・今分かっていることはなんですか?
・今上手く行っていることは何ですか?
・上手く行っている理由はなんですか?
・何が上手く行っていないのですか?
・理想の状態を10点満点として今の状態は何点ですか?
・そうなった原因はなんですか?
・どのような経緯でそうなったのですか?
・一体何が起きているのですか?
・今、何が起きていますか?
・あなたの周りで何が起きていますか?
・目指すゴールを10点とした場合、今は何点ですか?
・あなたの意識はどこに向いていますか?
・あなたはどのように理解していますか?
・あなたはどの様に判断していますか?
・今はどんなお気持ちですか?
・その不安はどこから来るのでしょう?
・今は何か気がかりな事はありますか?
・どういう事が気がかりになっていますか?
・今の状況で得ているものは何ですか?失っているものはなんですか?
・何が一番心配なのですか?
・自分で限界を設定しているところはありませんか?
・この状況を放っておいたらどうなりますか?
・これから状況がどういう風に変わっていくと思われますか?
・行き着く先はなんですか?
・何が問題なのでしょうか?
・前に進んでいくのに、何が障害になっていますか?
・最大の障害は何ですか?
・なかなか目標が達成出来ない理由は何だと思いますか?
・なぜギャップが起こっているのでしょうか?
・これまでそれについて何をしてきましたか?どういう対応をしてきましたか?
・今やった方があるのに、していないことはありますか?
・やらない方が良いのにやり続けている事はありますか?
・その為に今何をしていますか?
・目標を達成するために現在どのような行動を取っていますか?

リソース(資源)を聞く質問

・問題はお金ですか?人手ですか?情報不足ですか?
・その為に誰の力を借りれますか?
・あなたが利用できる資源は何ですか?
・必要なサポートをどのようにして得ますか?
・必要なもののチェックリストは作れますか?
・必要な時間はどのように確保しますか?
・コレまでの経験や方法で使えそうなものはありますか?
・誰が協力者になってくれそうですか?
・それについて誰のアドバイスを受ける事が出来ますか?
・昔の先輩や同級生で相談に乗ってくれそうな人はいますか?
・誰かアイデアを持っている人を知っていますか?
・そのことについての権威を知っていますか?
・その情報をどのようにしたら手に入れる事が出来ますか?
・決断するに当たってどんな情報が必要ですか?
・何か参考になる本はありますか?
・本屋さんの棚を隅々まで探したら参考になる本は何冊くらい出てきそうですか?
・何か役に立ちそうなセミナーや講座はありませんか?
・インターネットで検索してみませんか?
・私がコートとしてサポートできそうな事はありますか?
・回りからサポートを貰うべき時とは、どんな時ですか?

解決策を考える質問(コーチングセッション)

・どう対処しようと思っているのですか?
・どのようにしてそれを克服するつもりですか?
・どうすればそれは出来そうですか?
・どういう方法でやりますか?
・上手く行くために何が必要ですか?
・何かすぐ手を付けられることはありますか?
・今すぐにやれることはなんですか?
・具体的にどのようにやるのですか?
・それをやる事でどのような未来が開けますか?
・何かもう一捻り出来ませんか?
・目標を達成するために必要な事は何ですか?
・「現状に何が加われば、あなたの思い通りに進みそうですか?」
・何をしたらいいかを知るために出来る事はありますか?
・どうすればこの状況を改善できますか?
・どんな可能性が考えられますか?
・どんな物の見方や考え方をする必要がありますか?
・上手く行っているとはどういう状態ですか?
・この状況で必要な事はなんですか?
・もし自分に能力や知識や、スキルが十分にあったとしたらどのようにしますか?
・いくらでも人や時間やお金が使えるとしたらどのようにしますか?
・時間やお金の制約を外して考えれば、何か思いつくことはありますか?
・今の状態を維持するために必要な事はなんですか?
・もっと楽にやるにはどうすれば良いですか?
・どうすればそれは可能になりますか?
・どのような選択肢がありますか?
・他の方法は考えられますか?
・もっと簡単にできる方法は考えられますか?

具体的行動を聞く質問(コーチングセッション)

・それに対してなにか行動する必要はありますか?
・どんな計画を作る必要がありますか?
・ほかに考えられる選択肢は何ですか?
・どんな順序でやりますか?
・もしなんでも出来るとしたら何をしたいですか?
・もしもこのことについてどんな選択肢でもできるとしたら何をしますか?
・簡単にできること、すぐやれることはありますか?そのプランは現実的ですか?
・必要な知識は何ですか?
・必要なスキルは何ですか?
・どんな作戦を練っているのですか?
・どうしたら楽しんでやれますか?
・万が一の場合、どのような計画を持っていますか?
・それでは、どういうことだったらやれそうですか?
・その次の段階はなんですか?
・これから何をしますか?
・今日から出来そうな事は何かありますか?
・そのほかに何か出来そうな事はありますか?
・そのほかに何かありますか?
・他に何が出来ますか?
・それぞれのメリットとデメリットはどうですか?
・どの点に注意すると良いと思いますか?
・それを試しにやってみることは出来ますか?
・ゴールを目指したときに、まず何点を目指しますか?

やる気を聞く質問(コミットメント)

・どの程度実行しようという気持ちがありますか?
・今週それについて何をしますか?
・実行の可能性は100点満点で何点ですか?
・やる遂げる自信は100点満点で何点ですか?
・実行しなかった時に何を失いますか?

自己評価を促す質問(コーチングセッション)

・やってみてどうでしたか?
・あなたはどう評価しますか?
・ゴールに近づきましたか?
・前回以降どんなことがおこりましたか?
・計画の進み具合はどうですか?
・目標の何%位達成出来たと思いますか?
・上手く行ったことは何ですか?上手く行かなかったことは何ですか?
・10点満点で何点ですか?
・あなたの生き方や、価値観とどのくらい沿っていますか?

 

 

明確化・具体化を促す質問(コーチングセッション)

・具体的にそれはどういうことですか?
・「○○」とは具体的にどういうことですか?
・「○○」のところをもう少し詳しくお聞きしてよろしいですか?
・それはどういうことですか?
・具体的にそれはどういうことですか?
・もう少し具体的に話してもらえますか?
・たとえば具体例をあげたらどんなことですか?
・具体例をあげてもらえますか?
・あなたがその様に考える根拠はなんですか?
・どんなところからそう思われるのですか?
・私はお話をこういう風に理解しましたが、どれはまちがいないでしょうか?
・あなたが言いたいことの核心はなんですか?
・何かはっきりさせたい事はありますか?
・どうしたらはっきりしそうですか?
・どうやったらそれを知ることが出来そうですか?

優先順位を付ける質問(コーチングセッション)

・必要度の高い順に整理したらどうなりますか?
・優先順位をつけたらどうなりますか?
・優先順位の高い方から3つ選ぶとしたらどれですか?
・その中から一つ選ぶとしたらどれですか?
・緊急度の点から選ぶとしたらどれですか?
・重要度の点から選ぶとしたらどれですか?
・実行可能性の点から選ぶとしたらどれですか?
・気になっている度合いから選ぶとしたらどれですか?

 

手段・段取りの質問(コーチングセッション)

・どこから手を付けたら良さそうですか?
・どんな手順でやりますか?
・次のステップは何ですか?
・そのステップはいつまでにやりますか?

強みを聞く質問(コーチングセッション)

・あなたの長所は何ですか?
・あなたの強みは何ですか?
・自信のあることはなんですか?
・自分なりに工夫している事はなんですか?
・あなたが他の人と違っているところはどこですか?
・あなたは強みをどういうふうに活かせそうですか?
・上手くやれると思っているとことはどこですか?
・どういう状況なら自分の強みをもっと活かせそうですか?
・弱みだと思っている部分を強みに言い換えればどうなりますか?
・あなたはどんな事なら人のモデルになれそうですか?
・その強みはあなたにどんな可能性を与えますか?

成功体験を聞く質問(コーチングセッション)

・同じ様な状況をこれまでに乗り切った経験はありませんか?
・その時上手く乗り切れた要因はなにだったのですか?
・いつもはどういう風にやっていますか?それは上手く行きましたか?
・調子の良かったときは、どんな感じでしたか。(成功体験)
・最近、上手く行った時の事を話して下さい。
・その時はどこが良かったのですか?
・その時は何がうまくいっていたのでしょう?
・これまで一番上手く行ったやり方はどういう方法ですか?
・うまくいっていた事を続ければどうなりそうですか?
・今までの人生で一番輝いていたのはいつですか?

モデルを聞く質問(コーチングセッション)

・どんな人が今のあなたのモデルになりますか?
・仕事のやり方でモデルにしている人はいますか?
・人間関係の作り方でモデルになる人はいますか?
・今すぐまねをするとしたら、どんな部分を取り入れますか?
・あなたがモデルとする人だったらどんな行動を取るでしょうか?
・あなたがモデルにしている人だったらどうすると思いますか?

 

五感やイメージの質問(コーチングセッション)

・何かに例えられますか?
・例えていうと、どんな感じですか?
・今の気分を色で例えるとどうですか?
・それはどんな感覚でしょうか?
・それはどんなイメージでしょうか?
・自分がベストと思う姿や状態のイメージはどんなものですか?

 

区別する質問(コーチングセッション)

・出来る出来ない事ではなく、したいのですか、それともしたくないのですか?
・小さなゴールと大きなゴールに分ける事は出来ますか?
・他人を変えるのと自分が変わるのとどっちが現実的ですか?
・全体から見るとこれはどれ位重要ですか?
・それは目標ですか、それとも手段ですか?
・それは過去のことですか、現在のことですか、それとも今後のことですか?
・それは真実ですか?それともあなたの意見ですか?
・それは自分の為ですか、人の為ですか?
・人の目と自分の目どちらを気にしていますか?

 

別の切り口からの質問(コーチングセッション)

・ほかにどのような見方が出来ますか?
・単純に、シンプルに考えられませんか。本質は何だと思いますか?
・本番では無く、シュミレーションからやってみる事は出来ますか?
・それをゲームだと思ってやられたら、どんな良いことがありますか?
・もう一度やり直せるとしたらどういう風にやりたいですか?
・もしも絶好調のあなただったら何をしますか?
・どんな全体像を頭に思い描いてますか?
・その期限を半分に短縮して見ませんか?
・その目標値を倍にしてみませんか?
・もし、何の制限もなく、なんでも自由に出来るとしたら、どんな風にしてみたいですか?
・あなたの心の声はなんと言っていますか?
・上手くいっていたときは、今と何が違いますか?
・最高の状態の時何が起きていますか?

 

もう一つの視点からの質問(コーチングセッション)

・あなたにとってはどういう状態が自然体なのですか?
・別の視点からみれませんか?
・ほかにどういう別の視点が考えられますか?
・他の人はあなたをどう見ていますか?
・あなたが相手の立場だとしたらどう考えますか?
・近くに今のあなたのような人がいたら、どうアドバイスしますか?
・もし、同じ問題を抱えている人が居たら、どうアドバイスしますか?
・3年後の自分だったら今の自分になんと言うでしょうか?
・今から5年後どうなっていると思いますか?
・10年後の自分だったら今の自分になんというでしょうか?
・自分が上司だったら今の自分になんというでしょうか?
・新入社員の頃の自分だったら、今の自分になんというでしょうか?
・理想の自分だったら今の自分になんと言うでしょうか?
・あなたがコーチなら今のあなたはどう見えますか?
・どの視点があなたに一番フィットしましたか?

 

 

人間関係についての質問(コーチングセッション)

・今の問題で人間関係の比重はどの程度ですか?
・誰が関係していますか?
・その人との関係を改善する事は、ゴールの達成に役立ちそうですが?
・その問題において誰と誰との人間関係が重要ですか?
・その人とどんな関係でいたいですが?
・その人とのコミニケーションの目的はなんですか?
・もしその人との関係で一緒に目指しているものは何ですか?
・その人とのコミニケーションの目的は何ですか?
・もしその人との関係が改善したら何が何がどう変わりそうですか?
・あなたの立場ではどう振る舞ったら良いと思われますか?
・その人間関係がどういう風に変われば良いと思いますか?
・あなたが相手の立場だったらどう思うでしょうか?
・人の批判をする事は、その人との関係を良くしますか?
・一番大事な人は誰ですか?
・あなたが一番リラックスしてつき合えるるタイプの人はどのような人ですか?
・気持ちよく人と挨拶できていますか?

 

 

以上、是非コーチング質問集をあなたのコーチング起業、セッションに活用されて下さい。

 

 

セッション後にクライアントが行動してくれない

 

 

クライアントが行動してくれないというのはコーチにとっては困ったものです。

 

 

 

クライアントは手を変え品を変えて、行動しないで良い理由を探し出そうとします。コーチングにおいてクライアントの行動力を引き出す為には以下の5つのステップを意識して下さい。

 

 

1.目標達成に対しての快楽と痛みを体験させる。

 

・その目標を達成するとどんな良いことがあるのか?(快の感情を知る)

・その目標を達成出来ないとどんなひどいことになるのか?(痛みの感情を知る)

 

焚き付けるためにはこの2つを一度体験する必要がある。

 

 

2、言い分けに備える

つねにうまくいくなんてありえないこと・・・だからこそ簡単に続けられない時の為に試練がが来た時に備える。(何かが起こると予測しておく)

私たちは何十個何百個の言い分けを作る事が出来る。(時間がなかったから、雨が降ったから、忙しいから・・・)
これらの言い分けしそうなことをあらかじめ書き出してもらい、その対処方法も書き出す。

これにより実際の行動も楽になり、その気になりやすい。

 

 

3、緊急性をつくりだすこと

他にしなければならないことも全て考慮に入れたうえでこの新しい事をやらないといけない優先性をもたせて緊急性を作り出す。⇒出なければ・・・到底実行できない。今すぐにやらなきゃ、引き延ばしほど「延期のプロ」になりおそらく永遠にやらないだろう・・・やらなかった事で不成功の結果となって現れる。

何が自分に取って重要か優先順位をつける事が大事。スケジュールに入れ込むこと(緊急性・必要性・欲求)

 

4、習慣化を意識させる

やりたいことが何であっても生活の中に組み込むことで自動的にセットする。毎日の自然な行動・動作の中にセットしてしまえば疑問を持つことさえなくなる。その時にやりたいなあと思うかどうかに関わらず、とにかくやること!!つまりは習慣化を意識させる

 

5、その人になりきる

やりたい事をしっかり実行すれば【こんな人になれる】という人になりきる。自分自身はこういう人だと位置づけ(私は運動する人だ、私は料理をする人だ)やるのが自分らしい、自分は出来ると思い込ませる。

 

 

多くの人がやる気があるとか、やる気がないとか言うが、やる気は一方通行。勉強したいのにTVをみてしまう⇒TVをみることにやる気が向いているだけ。誰もが毎日コツコツやる気がある重要なのはそのやる気を必要な方向へ向ける事。

 

 

コーチングやり方、コーチング起業備蓄録

 

目標達成に必要な事は正しい目標設定確信度

 

 

 

そして、全ては自分が源だと理解する事。

 

 

 

有効な質問(セルフコーチング)

①何をしたいのか?(目標設定)

②なぜしたいのか?(目標達成しなければいけない絶対的な理由を明確にする)

③どうしたらそれを実現できそうか?(戦略をねる)

④行動をする⇒結果が出る。失敗はない。これは自分に取ってどういう意味があるか?

⑤今自分がするべき事は何か?

 

 

 

目標設定

正しく目標設定をする。SMARTルールに合致しているか。
S:具体的である事。
M:測定可能である事。
A:達成可能である事。
R:価値観にあっている事。
T:期限が決められている事。

 

 

「正しく」目標を設定すれば人は目標を達成できるよう出来ている。

 

 

目標は「~しなければいけないではなく」「自らが強く望んでいる」事が重要。理想はノンコンフリクト状態

 

 

それでも目標がない人は多い。

 

 

 

目標設定のヒント

・一年後どうなっていたい。
・すべてが叶うなら何をする?
・10憶あったら何をする。(ホリエモン)
・死んだ後に葬儀でなんと言われたい。家族から。仕事仲間から。友達から。
・過去に戻れるなら何歳に戻りたい?そしてなにをする?それを今できない理由は?
・絶対失敗すると分かっているけどやり続ける事はなんだろう。(ヤニクシルバー。根源的な質問)

 

 

目標達成しなければいけない絶対的な理由を明確にする。

 

※目標を決めた後に必ず確認する事。

「あなたはなぜそれを達成したいのか?」(エコロジカルチェック)

・それを手に入れたら何が手に入る?(快の感情)
・それを手に入れなかったら何を失う?(痛みの感情)

 

 

これが薄ければ目標達成の為の原動力が低くなる。(2次利得に流される。)最悪別に達成出来なくても良いと思ってしまう。なんどもなんども自分に問いかける事。

 

 

目標達成した自分を臨場感リアリティをもって体感する。(成功のヴィジュアライズ)

 

成功は2度する頭の中での成功と、そして現実の成功。

 

目標を紙に書き出す。(書くだけではだめ。しっかり感情を味わう。ドリームボードも有効)

 

2次利得を理解する。

 

目標達成の為の戦略を考える。

 

「どうしたらそれを実現できそうか?」

「誰が既にそれを実現しているか?」(モデリングの技術)

 

 

どうすれば目標が達成できるのか「逆説思考」で筋道を作る。積み上げ思考では時間がかかる。

 

 

 

目標達成の確信を持つ。

コレとコレとコレをすればこれ位の結果が出る。ソレをどれ位やれば間違いなく自分の望む成果が手に入る。(←これが確信)

 

確信が持てれば人は行動出来る。(逆に確信がないから人は行動しない)

 

 

 

・信念のインストール(インカンテーション)

・枠を越え続ける。コンフォートゾーン(枠を越えることで人は自由になれる)

人間は何か新しい事を始めようとするときに、恒常性維持機能(ホメオスタシス)が働く。心臓が締め付けられるあのイヤーな感じ。全てこのホメオスタシスの働き。通称ホメちゃん。でもそのイヤ~な感じも数回やると、ホメちゃんは働かなくなる。これが通称「枠越え」です。

ホメちゃんが働くと言うことを自然な事。人は理由が分からない出来事は怖さが勝って行動できなくなる)

そして枠越えをしまくることで人はドンドン自由になることが出来る様になります(^_^)

 

・苦しければ小さく行動する。ベイビーステップ。ばからしい位に小さく細分化する。

 

・本物の情報を手に入れる。本物の情報とは一次情報とか2次情報とかではなく、なたが行動してみて得られた情報のこと。本当の情報とはまずは情報を元に行動してみて、その結果どんな情報を得られたか?(ここまでやってはじめて本当の情報が手に入る)そして何を選択するのか。

 

 

 

あとはやるだけ。

 

行動してみて得られる結果。

 

●失敗はない。上手く行かない方法がわかっただけ(失敗の成功)

「これは自分に取ってどういう意味があるか?」

●どうすれば上手くいくのか?戦略的に分析する。

●問題点は紙に書き出す。問題点は紙に書き出した時点で半分解決している。

・結果でなく成長にフォーカスする。

・毎日1%の成長で・・・。

 

「今自分がするべき事は何か?」

 

 

週報活用(セルフコーチングでも活用可能)
Q1. 達成する目標をSMARTルールに則って教えて下さい。

Q2. なぜ、あなたにとってこの目標を達成することが絶対なのでしょうか?

Q3. この1週間の目標は何でしたか?

Q4. この1週間の目標に対して自己採点は10点満点中何点ですか?

<10点満点でない場合>
1.10点満点ではない理由は何ですか?

2.その理由を解決するために必要な具体的な改善案は何ですか?

Q5. この1週間で行動したこと、得た結果は何でしたか?

Q6. この1週間で学んだこと・成長したことは何ですか?

Q7. 現時点でのトータルの成果を教えて下さい。

Q8. 結果を出すためにこれから改善できることは何ですか?

Q9. 翌週何をすると決めていますか?

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)年収を自分で決めれる人になるセルフコーチング質問表

 

 

個人起業×セルフコーチング
「セルフ・スタートアップカフェ」

詳しいプロフィールはコチラ

お問い合わせフォームはコチラ