携帯電話Nokiaがwinndouws phoneを時期OSとして採用する事を決定。

Nokiaがwinndouws phoneを時期OSとして採用する事を決定。
これが意味する事は。。。

 

 

携帯電話の契約数は、世界の人口の80%以上と言われています。
現在の世界人口は70億といわれているので、少なくとも56億台以上が普及しています。

 

 

そしてその多くは発展途上国であり、日本にいるとなかなかかイメージしないものですが、主に音声通話とSMS(簡易テキストメール)だけを使っている人が、そのうちの50%以上を占めているといわれています。(日本の10年前位の感覚ですね。)

 

 

途上国向けの代表的な機種はNokia1100で、日本にとってはなじみがないかもしれませんが、(既に撤退)今までに2億5000万台以上売れています。世界には、電気はまともに来ていないけど、携帯電話の電波は届いているといった場所も多い様です。

 

 

電気がまともにインフラとして整っていないのですから、自転車を使って携帯を充電する機器が、純正オプションとして用意されていたりします。

 

 

彼らにとって、携帯電話はまさに革命でした。それまで銀行に行く手段がなかった為に、銀行口座を持っていなかった人が、携帯電話を入り口として銀行口座を開設できるようになり、生活が大きく向上したり、2011年には中東革命において、携帯電話が重要な武器になったり。

 

 

日本からは撤退してしまったNokiaですが、世界市場では圧倒的なシェアを誇っています。そのnokiaがwindows phoneを時期OSとして採用することのインパクトはios(アイフォン)、Android(アンドロイド)に並ぶ存在が出現する事を意味します。Windowsのユーザインターフェースはsilverlightで作られています。

 

 

これからのweb構築もsilverlightからの導入を考えて、構築していかないといけない時代になりそうです。

 

 

FlashとHTMLの中間の様なこのソフトウェア技術は、パソコン用のwebブラウザでは、普及に失敗した経緯がありますが、数年後にはスマートフォンコンテンツ開発において必須技術になる可能性が出てきました。

 

 

この様に、ITの世界では数の原理がものを言う為、nokiaやwindows phone今後の動向にも注目が必要です。

コメントは受け付けていません。

【メルマガ登録】

起業を愛するすべての人へ。

【ビジネスはシンプルだ!】

自分が本当に好きな事をみつける
⇒好きな事を極めていく
⇒好きな事を収入に結び付ける工夫をする
⇒人から感謝される、収入が増える。
⇒収入を再度、好きな事に再投資する

これをスパイラル(上昇)ループで回すだけ。

 

メルマガではあなたの『好き』や『情熱』を元に起業出来る『やさしい台本』を用いた最新のweb起業法を配信中⇒

【メルマガ登録はコチラ】