瞑想&運動MSPトレーニング効果【大分県セルフコーチング】

瞑想の効果は意志力の向上と副交感神経優位による回復効果

 

 

今日は瞑想の効果と自分なりの瞑想との向き合い方についてです。

 

 

瞑想と聞くとなにかスピリチュアルな感じがして苦手いうイメージを持たれている方も一定数いると思います。ただ技術の進歩により、瞑想というものが、様々な研究結果でく人体に好影響をもたらす事、瞑想の優位性が実証されてきています。

 

世界的有名企業や有名大学も瞑想を取り入れ始めている

 

特に瞑想法の一つであるマインドフルネスは、世界的な有名企業のグーグルやナイキ、ツイッター社、マッキンゼー等でも積極的に推奨され、実際に業務の中で瞑想=マインドフルネスをトレーニングとして導入しています。

 

 

最近では、ハーバード大学やコロンビア大学でもカリキュラムとして取りいれられており、実り豊かな人生を送るための習慣として世界中でその効果が認められつつあります。

 

 

瞑想に対する私なりの考え

私も瞑想習慣というものを自分の習慣に取り入れようとしている段階です。

 

 

瞑想=マインドフルネスの最大の目的としては、めまぐるしく情報、思考が行きかい、精神をすり減らす現代社会において「今この瞬間に意識を向ける」事で、集中力を取り戻したり、精神力の向上を図る事が出来るというのが一般的な解釈なのですが、この点を自分の中で納得、落とし込みが出来ていないと効果は半減します。

 

 

なので、瞑想=マインドフルネスの効果を自分で体験し、マニュアル的な回答ではなく、咀嚼して、自分に落としこむ必要があると思います。半信半疑では、自分のモチベーションにも影響を及ぼします。

 

 

私が瞑想を実践したり、色々な書物を読んでいく中で、分かった事は瞑想の効果は大きく分けて【意志力を高める事】と副交感神経優位による【回復効果】を得る事が出来る。と自分に落とし込みをすることが出来ました。

 

意志力についてはスタンフォード大学の心理学博士号のケニーマグゴニガルさんの著書で、「スタンフォード大学の自分を変える教室」という本があります。本のタイトルはありきたりな自己啓発書のようなタイトルですが、内容は意志力について書かれた本でかなりお勧めです(^^♪↓

 

なぜ瞑想でなぜ意志力が高まるのか

 

瞑想=マインドフルネスの基本は呼吸に意識を集中する事です。

 

ただ、やってみるとわかりますが、呼吸に意識を集中しようとしても1分も立たないうちに、色々な雑念や煩悩が浮かんできます。その度に、呼吸に意識を戻すという事を繰り返していると、意識をコントロールする過程で「やる力」「やらない力」「望む力」をそれぞれ使用している為、筋肉を鍛えるようにそれぞれの力が高まり総合的な意志力が鍛えられるという仕組みです。

 

 

瞑想中に雑念が多く、意識を呼吸に戻そうとする頻度が高いと上手く瞑想出来ていないと思ってしまいがちなのですが、研究結果では、そういったやろうとしているけど出来ないで、意識を戻そうと集中しようとする時の方が、意志力の向上には効果が高いと言われています。なので上手くいっていないと感じても続けるという事が大事になってくるという事です。

 

瞑想でなぜ副交感神経優位でリラックス効果が得られるのか。

 

まず副交感神経とは?

 

人間は交感神経副交感神経が切り替わりながら生活している生き物です。交感神経が優位になると、血流の増加、運動力がアップ等の恩恵がある反面、緊張状態、体及び精神の疲労が伴います。主に昼は交感神経が活発に作用します。総合失調症、鬱病などはというものは、この交感神経が過敏に働きすぎてしまい発症する病気だと言われています。

 

 

対して、副交感神経優位状態では、体は血流を抑え、体の回復状態に入ります。夜はこの副交感神経が優位になり、人間の体を休めます。この副交感神経状態、回復の状態を意識的に作る行為が瞑想=マインドフルネスです。

 

 

瞑想でなぜ副交感神経が優位になるのか?
人間は心臓を自分の意志で止めることが出来ないように、交感神経と副交感神経を自分の意志下で切り替える事は出来ません。が、人間は呼吸を吐く動作をする時に副交感神経が優位になると実験で検証されています。瞑想時の基本動作は呼吸=ブレスを通常よりも長く取ります。(5秒で息を吸い、10秒かけて息を吐き切る。みたいな)意識的にブレスを吐く時間をに長く保つことで、副交感神経優位状態を意図的に作り出すようにします。

 

以上が
●瞑想で意志力があがるメカニズム
●回復効果のメカニズム
だと私は自分に落とし込んでいます。

 

メンタリストのダイゴさんと脳科学者茂木健一郎さん対談動画 瞑想&運動MSPトレーニング効果

 

瞑想の効果について記述してきましたが、瞑想に運動を追加する事でさらに効果が上がる研究結果についての記事です。皆さんMSPトレーニングと言うものをご存知でしょうか?

 

正式名称 Mental and physical(MAP)これは米ニュージャージー州ラトガース大学ブランドン・オーダーマン博士らの研究チームが瞑想30分+運動(有酸素運動)を週2回行う事で、大うつ病性障害(うつ病)の症状が軽減されたとされる研究結果を報告したトレーニング方法です。

 

瞑想=マインドフルネスだけの効果で素晴らしい効果があることが分かっているのですから運動を加えたら超優良なトレーニング方法になるのはわかる事ですが、この運動というのは散歩レベルでもかなりのハイパフォーマンスなトレーニング結果になるそうです。

 

このMSPトレーニングが紹介されているメンタリストダイゴさんと脳科学者の茂木健一郎さんの対談動画です。(この動画の11分位でMSPトレーニングに触れられています。MSPトレーニング是非取り入れられることをお勧めします。)

 

【茂木健一郎×DaiGo】 メンタルを強くする瞑想と運動の効果! 心を強くする言葉

 

最近はケニーさん、相馬さん、ダイゴさんの様な心理学者の方や、脳科学者の方に非常に興味があり勉強させていただいております。

 

特に、DaiGoさんの書籍は全部持ってますし、かなり影響を受けています。一時期テレビに出まくっていた事もあり、実績は十分ですし、人柄も誠実そうで、信頼できる感じがするのが良いですね。子供の頃はいじめられっ子で、成り上がった感じがするもの男心を擽らます。メンタリストというテレビメディアによって作られたイメージを嫌って、自分で仕事を四者選択肢して、自分で道を切り開いている感じがすごく好きです。最近は企業名こそ伏せていますが、有名企業のスピーチ等のコンサルタントも行っているそうで、今後の活躍に期待しています(^^♪

 

 

瞑想&運動MSPトレーニング効果【大分県セルフコーチング】

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)あなたの年収を引き上げるセルフコーチング質問表

 

 

詳しいプロフィールはコチラ

お問い合わせフォームはコチラ

お客様の声、感想