【ブログ集客のコツ】ブログ更新が非常に楽になるタイミングとは?

 

 

 

【ブログ集客のコツ】ブログ更新が非常に楽になるタイミングとは?

 

 

 

 

自分のビジネスの集客を考えてブログを運営しているけど、ブログの更新が苦手だったり、ついついサボってしまったりしてしまう、ブログの更新が苦に感じる方っていますか?

 

 

 

 

もしかして、このブログ更新の苦労をこれから先ずーと続けないと行けないのか・・・・と先を見越してしまって、憂鬱になってしまうパターンに嵌まっていませんか?

 

 

 

今日はブログの更新がきついのは最初だけ!っていう記事です。

 

 

 

 

 

ブログを立ち上げて、最初の一記事に渾身の記事を入れて、その後に一切の記事更新されていないブログっていうのは論外ですが(結構多いいんですけどね・・)

 

 

 

 

ブログの更新が習慣になっていないうちは、ブログの更新もマバラになってしまい、なかなかアクセスも集まらないから、さらにモチベーションが下がってしまう悪循環に陥ってしまいがちです。

 

 

 

 

これって、もう、ブログ更新が「やらなければいけない作業」になってしまっているんですね。

 

 

 

 

私の場合は、今現在ブログの更新が苦に感じることはありません。楽しみながら喫茶店やカフェでの更新を習慣にしています(^_^)

 

 

 

 

これはブログを書く事が習慣になり⇒ライティングの技術も高まり、1000文字、2000文字の記事を書く事に慣れてくる。

 

 

 

 

 

というのももちろんあるのですが、

 

 

 

 

 

それと同じくらい、記事を書く事でコンテンツが増え、ブログからリアクションが得られる事で楽しいと感じる感覚が大きいです。

 

 

 

 

ブログのアクセスという形での読者からのリアクションがブログ運営の一番のモチベーションや楽しみだったりします。

 

 

 

 

アクセスがあるから、記事を書くモチベーションにつながるし、モチベーションがあるから記事を書いて、さらにアクセスが集まる⇒どんどんプラスのスパイラルが生まれるんですね(^_^)

 

 

 

 

それと、メルマガの存在も大きいです。

 

 

 

 

メルマガの読者を毎日取れるくらいブログが育っていると、メルマガ自身も出来るだけ定期的に配信した方が良いのですが、メルマガで配信した内容をブログ記事にしたり、逆にブログ記事をメルマガで配信したり出来ます。

 

 

 

 

一度で2度おいしい(^_^)

 

 

 

 

ブログの内容とメルマガの内容を分けないと行けないと考えている方もいますが、ぶっちゃけ一緒の内容でも大丈夫です(^_^)

 

 

 

 

こんな風に確かにブログ運営初期の記事が少なく、アクセスやコメント、メルマガ読者も少ない内は、ブログ更新が少し作業感で行わなければいけない時期もあるのかもしれませんが、ブログ運営は後になればなるほど、楽に楽しくなると言うことは是非知っておいて下さいね(^_^)

 

 

 

 

効果的にブログでアクセスを集める方法や、ブログでの顧客獲得、売り上げアップ方法をブログやメルマガで配信していますので、是非今後も学んで下さいね(^_^)

 

 

 

あなたにしか出来ない事がきっとある。自分の才能や可能性を信じる人を応援します。

 

 

 

ブログは無料ブログとワードプレスどっちが良いのか?

 

 

 

 

今日は私のビジネスの屋台骨であり、大好きなブログについて書いてみました(^_^)

 

 

 

個人起業家にとっては、ブログは手軽に出来る強力な集客手段になりえます。

 

 

 

ブログ記事を書く=アクセスが集まる=自分の認知が広まる=商品が売れる

 

 

 

ですからね。

 

 

 

ただ、ブログ開設を考えている人の中には、有料でレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得して、ワードプレスでブログ運営した方が良いのか?

 

 

 

それとも、無料ブログでブログを運営した方が良いのか?

 

 

 

 

迷う方も多くいます。

 

 

 

 

今回はそんな方の一助になるべくどちらも使い倒している私がワードプレスと無料ブログの比較について記事に書いてみました。

 

 

 

ワードプレスについて

 

 

 

皆さんに今見て頂いているこのブログは、エックスサーバーにてレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得してワードプレスで運営しています。(費用的に年間数千円程度です。)

 

 

 

私の集客の骨組みを支えてくれる強力なマーケティング手段がこのワードプレスです。
※私の中では、マーケティングとはセールスせずに商品が売れていく為の施策のことをマーケティングと読んでいます。

 

 

 

ワードプレス運用には、無料ブログと違って、お金が掛かるため、無料ブログよりもアクセスが集まりやすいと思われがちですが、むしろ真逆で(無料ブログの方が実はアクセスは集まりやすいと私は断言します。)アクセスが集まるまでに時間が掛かる為、速攻性がある集客媒体では無いんですね。(専門用語でいうとインデックス、キャッシュが遅い状態)

 

 

 

 

このアクセスが集まらない状態は3ヶ月~半年くらい続き、書いた記事、蒔いた種が実っていくのは、一年後なんて事は普通だったりします。

 

 

 

 

ワードプレスの優れた点というものも多数ありますが、ワードプレスはコツコツと記事を積み重ねていくことで、後々になって大きな実りを生む集客媒体なんですね。

 

 

 

 

なので、立ち上げた当初にアクセスも、反応もなく、空しくなってしまってワードプレス運営をやめていく。と言う方も少なく有りません。

 

 

 

ドメインエイジとかドメイン系の話をするとややこしくなるのここでは省きますが、独自ドメインを取得してのワードプレス運用は未開の荒れ地にポツンとあなたの店舗を構えるようなものです。

 

 

 

 

土地や改装の自由度は高いですが、お客様がそこに辿り着くまでの道を、あなたが自力でせっせと開拓していかなければいけません。

 

 

 

店舗の改装もあなた次第。土地の開拓もあなた次第。自由に出来るが故にそこにロマンがあるんですね~(^_^)

 

 

 

ワードプレスの特徴まとめ

●ドメイン代、サーバー代が有料である(年間数千円)。

●初期は全然アクセスが集まらない。

●アカウント凍結のリスクが無い。

●自由度が高い。拡張自由。ロマンがある。

 

 

 

無料ブログサービスについて

 

 

ワードプレスが未開の地にお店を構えるようなものなのに対して、無料ブログは無料ブログサービスが用意してくれている既に栄えている場所に店舗を設置するようなもの。

 

 

 

 

店舗の拡張や土地の拡張に制限はあるものの、既に栄えている場所にお店をオープンするので初動から楽にアクセスを集めることが可能です。

 

 

 

文字通り無料で利用できますし、ブログの拡張テンプレート等も豊富に用意されています。

 

 

 

ブログに慣れていない初期の頃は、この無料ブログでのブログ運営をお勧めしています。(先に述べたように無料ブログの方がアクセスは集めやすいのです。)

 

 

 

注意が必要な点としては、

 

 

 

①ブログのサイドバーや記事下等に自動で広告が勝手に差し込まれる事(無料ブログサービスはここで収益を上げている)

 

②無料ブログサービスの規約に違反するような記事を投稿したりするとアカウントが凍結される怖れがある。私も過去FC2ブログで無理をして、収益を上げているブログのアカウントを削除された経験有ります(‘_’)(規約を守る、バックアップをしっかり取る事を推奨)

 

 

 

無料ブログの特徴まとめ

●無料で利用できる。

●初動からアクセスが集まる。

(後半のアクセスも決してワードプレスに劣るようなものでは無い。)

●ブログの拡張に制限がある。

●広告が差し込まれる。

●アカウント凍結のリスクがある。

 

 

比較記事を書いてみて

 

 

 

無料ブログもワードプレスも一長一短があります。

 

 

 

 

実際私も最初はアメーバブログを利用して、FC2無料ブログ等も利用し、その後ワードプレスでのブログ運用に至っています。ので最初は無料ブログから少しずつ、あなたの現在の状態に合わせて駒を進めていったら良いと思います(^_^)

 

 

 

 

そして、最初から最大の効果を期待してブログ運営を行うのであれば、両方をやるという選択肢を推奨しています。

 

 

 

 

ワードプレスと無料ブログを連結させて最大の集客効果を狙う!

 

 

 

 

両方をやると言うよりは、ワードプレスと無料ブログを連結させて、ワードプレスに投稿した記事を、無料ブログにも自動投稿するという作業効率を最大にする方法です。

 

 

 

 

本来はこの方法は、どちらかの記事しかグーグルから評価されない為、効果の薄い方法なのですが、ワードプレスとアメーバブログの連携であれば、最大限のレバレッジ効果を生みます。

 

 

 

 

無料ブログサービスの中では、アメーバブログが日本国内での会員数がグンを抜いて多く、1千万人を越える利用者がいます。検索エンジンに頼らなくても、この1千万のユーザーにアプローチ出来る内需アクセスが非常に魅力的なブログがアメーバブログです。

 

※アメーバブログではこれまで商用利用(ビジネス目的)でのブログ運営が禁止されていましたが、2018年の末にこの商用利用が解禁されました。無料ブログを選ぶ際に、この商用利用が解禁されたアメブロを使用しないという選択肢は考えられません。

 

 

 

①ワードプレスに投稿した記事でグーグルの検索エンジンからの流入を狙う。

②連動してアメブロに自動で投稿された記事では、アメブロ内の内需からのアクセスを狙う。

という究極のワードプレスと無料ブログの連携方法です。

 

 

 

さらにはフェイスブックやツイッター等を絡めた連携投稿を行う事も可能で、一つの投稿で2倍、3倍の効果も狙っていけれるわけです(^_^)

 

 

 

ワードプレスとアメブロを連動する際にはこちらのアメーバキングが便利です。月額制の利用料金ですが、集客効果を高める魅力的で高機能が色々付いているのでブログ運営に絶対ほしいサービスの一つです。

 

 

 

ワードプレスとアメブロ連携ツール「アメーバキング2」

 

 

 

しっかり効果的にブログを運営して、アクセスを増やして、あなたの商品を訴求、認知してもらい、あなたの強力な集客媒体に昇華させていきましょう。

 

 

 

ワードプレスとアメブロ連携ツール「アメーバキング2」

 

 

 

 

 

 

「人と比べなくて良い」「ありのまま自分」に感じる違和感

 

 

 

『ありのままの自分』

『人と比べなくていいんだよ・・・』

 

 

 

最近よく耳にする言葉ですが私はこの言葉に違和感を感じています。

 

 

 

 

落ち込んでいる人や自信が持てない人をみると、ついついそう言ってしまいたくなる人もいるかも知れません。

 

 

 

 

落ち込んでいる人は『人と比べなくていい』と言ってもらえると、楽な気持ちになったり視点が変わって感情が変わり前進する力が湧いてくるような場合もあると思います。

 

 

 

しかし、このアドバイスは本当に相手のためになっているのでしょうか?

 

 

 

相手の本当の問題は何でしょう?

 

 

 

人によってはこのアドバイスを貰って都合よく解釈し、結果的に自分を甘やかすことになるかもしれませんし場合によってはその人の依存体質を助長するような結果にもなりかねません。

 

 

 

アドバイスをする人はここを理解した上で行う必要があると思います。

 

 

 

「自分を甘やかす事」「自分を大切」にすることは全く違います。

 

 

 

 

自分を甘やかす人は落ち込むことにエネルギーを注ぎ自分を変化させようとすることにエネルギーを使わず、同じ場所に居続けます。

 

 

 

自己否定して落ち込んでいると楽なんですね。

 

 

 

結局自分を変化させる必要がないので。

 

 

 

反対に、自分を大切にして生きている人は自分の可能性や力、人生そのものを信頼しているので、自分を甘やかし楽な方へ逃すことを善しとしません。

 

 

 

自分を信じてあげないということは自分を大切にしていないことになるからです。

 

 

 

では『人と比べなくていい』の本質はなにか?

 

 

 

それは人と比べて出来ていない自分を否定しなくていいんだよということです。

 

 

 

つまり、人と比べることが問題なのではなく、その後に起きる『自己否定』が問題なのです。

 

 

 

 

アドバイスをする人は比べていることを止めさせるのではなくその後に起きている相手が無意識で持っている『自己否定』のパターンに適切なアプローチをし、そこを改善できる確かな技術を持つ必要があるのでは?と私は思っています。

 

 

 

 

私たちは相対性の社会で生かされていますので他人と比べずに現実社会を生きていくなんて不可能です。

 

 

 

 

人と比べずに自分らしく生きていく・・・。

 

 

 

それはだだの現実逃避でしかありません。

 

 

 

もし、自分の欲しい成果や理想の未来があるのであれば積極的に他人と比べる必要があります。

 

 

 

他人と比べて出来てない部分があるなんて、当たり前のことではないでしょうか?

 

 

 

 

そこで、出来ていないからダメだ・・・と

 

 

 

 

出来ていない自分を自己否定するのではなく『確かに、あの人と比べると出来ていないよね。じゃあどうやったらあの人みたいに出来る様になるだろうか?』

 

 

 

 

と考えていくのです。

 

 

 

ただ落ち込んでいるだけの人と全く違うというのがお解り頂けると思います。

 

 

 

この辺を理解せずに『人と比べなくていいんだよ』なんて言ってしまうのは相手の成長の可能性の芽をつんでしまうことにもなり兼ねません。

 

 

 

特に、コーチ、カウンセラー、セラピストといった他人の人生にダイレクトに関わる人たちは気を付けたいですよね。

 

 

 

クライアントがいつまで経っても自立できなくなってしまいますので。

 

 

 

ちなみにですが、他人と比べて落ち込む時は『自分の短所』と『他人の長所』を比べている場合が殆どです。

 

 

 

相手の長所はこれまでその方が磨き上げてきた部分。自分の短所はこれまで自分が磨き上げていない部分。

 

 

 

そら、すぐには敵わないですよ(^_^)

 

 

 

ということは、そもそもそこで落ち込むこと自体が変な話ですよね?

 

 

 

 

自分を甘やかすのではなく自分を大切にして生きている人たちが増えていくと嬉しいです。

 

 

 

世の中には様々な問題がありますが元を辿って行くと、ほぼ全てが『欠落感』や『劣等感』からくる自己否定であるような気がします。

 

 

 

自分で自分を幸せにできる人で溢れる世の中になると、現代の様々な課題が解決されていきますね!

 

 

 

 

 

目標を紙に書き出すだけで年収が上がる?

 

 

 

 

今日はたったそれだけの事で、そんなに差が付くの?というお話しです。

 

 

 

 

ずばり、あなたの10年後の年収がわかるお話。

 

 

 

 

ハーバード大学でのとある実験データなのですが。

 

 

 

ある年の卒業生にこんな調査をしたそうです。

 

 

 

「目標を紙に書いていましたか?」

 

結果、

3%の人が目標を紙に書いていた。

13%の人が目標があったが紙に書いていなかった。

84%の人が目標がなかった。

 

と回答しました。

 

 

あなたはどのジャンルに当てはまりますか?

 

正直に答えてくださいね。(^_^)

 

 

 

 

この調査ではハーバード大学の卒業生を10年後追跡調査をしたところ、目標を紙に書いていた3%の人達は残り2つの回答群の人と比べて、年収が10倍になっていたそうです!!

 

 

 

目標は立てるだけじゃなくて紙に書かないとダメなのです。

 

 

 

頭の中で考えていることは、ただ考えている気になっているだけなんです。思考はアウトプットする事によってはじめて価値を生むのです。

 

 

 

ちなみに、私は毎週週報という形で目標に対しての、自己分析を行っています。(セルフコーチング)

 

 

 

私が使っている週報のフォーマット↓

週報
Q1. 達成する目標をSMARTルールに則って教えて下さい。

Q2. なぜ、あなたにとってこの目標を達成することが絶対なのでしょうか?

Q3. この1週間の目標は何でしたか?

Q4. この1週間の目標に対して自己採点は10点満点中何点ですか?

<10点満点でない場合>
1.10点満点ではない理由は何ですか?

2.その理由を解決するために必要な具体的な改善案は何ですか?

Q5. この1週間で行動したこと、得た結果は何でしたか?

Q6. この1週間で学んだこと・成長したことは何ですか?

Q7. 現時点でのトータルの成果を教えて下さい。

Q8. 結果を出すためにこれから改善できることは何ですか?

Q9. 翌週何をすると決めていますか?

 

 

 

多くの人はこの行動が出来なかったりするので、この記事を読んで、すぐに行動に落とせる人が3%に入る人です。

 

 

 

 

今日のお話があなたのお役に立てれば嬉しいです(^_^)!

 

 

 

 

情報を発信して影響力を高めよう【情報発信のやり方】

 

 

 

インターネットが普及して十数年経とうとしていますが、情報の受け取り方が大きく様変わりしてきています。

 

 

 

数年前までは、ニュース、ラジオ、雑誌で一方的に受け取る事しか出来なかった情報と言う物は、今では個人がネット、SNSという媒体を持った事によって、なんの気なしにつぶやいた一言が、あっと言う間世界中に駆け巡りその度に大きなニュースになります。

 

 

このように個人の時代で有り、個人が情報発信力を持った時代でもあります。

 

 

 

「インターネットは人々に公平な情報収集の機会を与えるというが、情報発信の手段を持つ人と持たない人の力の差はますます広がる一方だ。」 ヤフー創業者 ジェリー・ヤン

 

 

 

あなたはカウンセラー、コーチ、コンサルタントとしてもっともっと人々に影響力を与えれる人になる必要があります。

 

 

 

そして影響力を高める為には、未熟でも良いし、未完成でも良いので、まずは自分を発信する事から始めよる。

 

 

 

分野を決めて情報を発信。

情報を発信している内にその分野に詳しくなる。

情報は発信する人の元により集まる。

さらに詳しくなった情報を発信。

情報を発信すれば一定数あなたの情報を求めるファンが出来ます。

濃い情報が継続して発信出来れば、その媒体がひとつのweb(ウェブ)メディアになります。

 

 

 

これは私が念頭に置いている個人がweb(ウェブ)においてブランディングする為の基本戦略ですが、メディアが出来れば商品やサービスを提供しても良いですし、商品が無ければ直接メディア内でリサーチをしてどんな商品を求めてるかを調べて創るば良い。仕事の受注や発注を行うことも出来ます。

 

 

 

私はあなたにそういったステージに進んでほしいと思っています。

 

 

 

まずは現時点での自分の持っている考え、スキル、知識の発信をはじめよう。

 

 

 

未完成でも、未成熟でも、影響力の輪は確実に大きくなり、あなたの成長を促進し、あなたの目的とするゴールを実現させてくれます。

 

 

NLP心理学等の資格者取ったら起業出来るのか?

 

 

 

 

NLP心理学やキャリアコンサルタント等の心理学系の資格を取ったら起業出来るのか?

 

 

 

カウンセラー、コーチ、コンサルタントとして起業して売り上げを上げる為には、

①「クライアントを獲得する技術(セールススキル)」
②「クライアントを集める技術(集客、マーケティングスキル)」
③「クライアントに成果を出させる技術(価値提供スキル)」

の3つのスキルが必要になります。

 

 

 

 

そして、心理学系の有資格者は自信の程度の差はあるでしょうが、すでに③のスキルは持っています。
(ここは実践で磨いていくスキルです)

 

 

ただ、
①「クライアントを獲得する技術(セールススキル)」
②「クライアントを集める技術(集客・マーケティングスキル)」

については、およそ心理学系の講座の中では教えて貰えません。

 

 

 

あなたの

③「クライアントに成果を出させる技術(価値提供)」の学びに加えて

 

①「クライアントを獲得する技術(セールススキル)」
②「クライアントを集める技術(集客、マーケティングスキル)」

 

が揃えばカウンセラー、コーチ、コンサルタント等の起業は楽に上手く行きます(^_^)

 

 

 

 

●50%近い成約率を誇る高成約確率セールスのやり方や、
●会えば契約が取れるセッションのやり方。
●どんどんお客様が集まる集客の技術、

等ブログやメルマガで公開していきたいと思います。

 

 

 

もしあなたが今以上の成果を望むのであれば是非学んで下さいね。(^_^)

 

 

 

 

心の中にあるモヤモヤ感とか空虚感の原因はなにか?×セルフコーチング

 

 

 

クライアントさんからの相談で「目標に対して頑張りたいのに、たまにふっと湧いてくるモヤモヤとか空虚感とかはどうしたらいいですか?。何でそうなるかが解りません。」

 

 

 

 

というメッセージを頂いたことがあります。

 

 

 

 

広義の原因で言うと空虚感とか、モヤモヤ感は潜在意識(無意識)が一生懸命に違和感をメッセージとして送っている証拠で、多くは子供の頃に満たされなかった思いだとか、本当に望む人生と現状の人生とのギャップによる違和感だったりします。(顕在意識と潜在意識のギャップ)

 

 

 

 

答えは当人の中にしか有りません。

 

 

 

多くの人はこの空虚感とか、モヤモヤがあるまま人生を生きていきます。「いつかわかる」「今は仕方が無い」「皆同じ」と自分を納得させて生きていきます。

 

 

 

 

私のサラリーマン時代の20代後半もずーとモヤモヤしたものが心の中にある状態でした。それを周りに相談しても共感こそしてもらえても、これが解消する事はなく、むしろそのモヤモヤしたものは年々大きくなっていく、それを持ちながら働いている自分に対して劣等感すら覚えていたぐらいです。

 

 

 

 

こういった痛みがあったからこそ、思い切って起業の道に進路を取れたという見方も出来ますが(^_^)

 

 

 

先にも書きましたが、なにか分からない、空虚感やモヤモヤ感は潜在意識と顕在意識のギャップです。本当に望んでいる人生と、現状の歩んでいる人生にギャップがある可能性が高いわけです。

 

 

 

この時に大事なのが、「皆一緒だから」とか「わからない」とかで納得してしまっても根本的な解決になりませんし、中途半端な納得により、脳は考えるのをやめてしまうので、もっともっと自分と会話する必要があります。

 

 

 

その時にお勧めなセルフコーチング↓

 

 

質問① 「自分が得たい結果は何だろう?」
(問題を自分ごととして捉える)

 

質問②
「どうして、自分はそれを得たいのだろう?」
(自分の目的を明確にする質問)

 

質問③
「どうしたらそれを実現できるだろう?」
(可能性に目を向ける質問)

 

質問④
「これは、自分の未来にとってどんな意味があるだろう?」
(いい意味付けをする質問)

 

質問⑤
「今、自分がすべきことは何だろう?」
(自分を動かす質問)

 

 

 

そしてこれらの質問のどこで空虚感、モヤモヤを感じるのか?どうすれば解消するのか?これを徹底的にやっていく事が必要です。

 

 

 

問題の解決が自力で難しければ、是非ご相談下さいね(^_^)

 

 

 

【ブログ】なぜセルフコーチングで成果、効果が上がるのか?

 

 

私のブログの中ではセルフコーチングについて書かせてもらう事も多いですが、なぜセルフコーチングで成果、効果が上がるのか?について筆を取りました。

 

 

 

セルフコーチングは自分に対しての質問の技術。自分との対話技術です。

 

 

 

 

そもそも、人は質問される事で頭の中の空白部分(ジョハリの窓)を認識し、埋めようとします。

 

 

 

脳は空白を嫌うという性質を持っているからです。

 

 

 

これ(質問)により無意識的な部分に対して脳がフォーカスし、①新たな気づきが生まれ②自己理解が深まります。

 

 

 

この①の新たな気付きもビジネスの戦略や戦術上非常に価値があるのですが、それと同じ位、②の自己理解が深まるという体験もビジネスに大きな成果、効果を生んでいきます。

 

 

 

なぜ自己理解が必要なのか?

 

 

では、なぜ自己理解が必要なのか?

 

 

 

ビジネス=お金を稼ぐと言う事ですよね。

 

 

 

そして、お金を稼ぐと言うことは社会に対して価値を提供するという事。

 

 

 

そして社会に価値を提供するという事は、社会の事を知らなければいけません。

 

 

 

社会というのは、人が形成している。

 

 

人を理解しなければ社会も理解出来ません。

 

 

 

そして人を理解するためには、まず自分自身を知らなければいけません。

これは、自分を理解出来る深さ=人を理解出来る深さだから。

 

 

 

自分を知る為には、自分とたくさん会話する必要があります。

 

 

 

私は、自分とたくさん効果的に会話するする方法としてセルフコーチングを推奨しています。

 

 

 

こういう流れです。↓

お金を稼ぐ=社会に価値を提供する

価値を提供する=社会を理解する

社会を理解する=人を理解する

人を理解する=自分を理解する

自分を理解する=自分と会話する

自分と会話する方法=セルフコーチング

 

 

 

つまりは、セルフコーチングによる自己理解というのは、根源的にお金を稼ぐ為に効果的で必要なスキルであるということです。

 

 

 

多くの人はやり方や、方法論に捕らわれてしまいがちですが、自分自身の理解や在り方を理解し、整える事が遠回りのようにみえてビジネスを成功させる肝になると言うことを知っておきましょう。(^_^)

 

 

 

試しに、以下の5つの質問を自分自身に問い掛けてみて下さい。

質問①
「自分が得たい結果は何だろう?」
(問題を自分ごととして捉える)

質問②
「どうして、自分はそれを得たいのだろう?」
(自分の目的を明確にする質問)

質問③
「どうしたらそれを実現できるだろう?」
(可能性に目を向ける質問)

質問④
「これは、自分の未来にとってどんな意味があるだろう?」
(いい意味付けをする質問)

質問⑤
「今、自分がすべきことは何だろう?」 
(自分を動かす質問)

以上です。

 

 

 

シンプルなですが、この5つの質問の質問を習慣化できると自然と自分の人生にとって優先的な方向に行動が向かっていくので、まっすぐに本来の自分が求める「本当の願望」に進んでいけます。

 

 

 

意識的に使っていくことで、あなたの中のセルフコーチを最大限活用する事が出来る様になります。(^_^)

 

 

 

これらの質問に正解はありませんが、この答えは全てあなた自身の中にあります。定期的に自分自身で質問してやらなければ時折思い出したように思考に現れる事はありますが、出来ていない自分に後悔し、本当に自分がしたい事に蓋をして毎日の惰性に流されていきます。

 

 

 

だからこそ、セルフコーチングは強い強い意味を持ちます。あなたは自身が本当に望んでいる本当の願望や可能性を見つけた時に、自分の感性を肯定し他人に対して自分をオープンに出来るパワーを手にします。

 

 

 

 

そのパワーが脳を活性化し、人間の創造性や人間性をより豊かなものにしてくれます。セルフコーチングとは、自分の願望や可能性に気付き、独自の感性を自ら肯定的に受容して他者に表現していくプロセスにより、真の原動力を手にするトレーニングです。

 

 

 

 

私のこのブログではセルフコーチングを活用した目標達成、起業・副業、に関する記事を書きためていっていますが、私はこの質問をまとめて管理して定期的に更新して、PDFで印刷して毎日自分自身に質問の力を用いてセルフコーチング、セルフトークマネジメントを行っています。

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め

【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】

【力を生み出す質問一覧】

【成功するための質問 一覧】

【豊かさを受けとる質問 リスト 】

【目標設定をするための質問 リスト 】

【問題解決を行うための質問一覧 】

【人間関係を改善する質問 一覧】

【クロージングが決まらない時の質問 一覧】

【売上が低迷しているときの質問 一覧 】

【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

特にお勧めなのは【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問】、パワーアップクエッションと呼ばれています。

 

 

 

ここまでブログページを読んでくれてありがとうございます。(^^)

 

 

 

実はこの質問のパワーというものは本当に人生を一変させてしまうので、本来は自分の為だけに使いたい、使えるツールに止めておきたいと考えていましたが、私は「人々がより早く目標を達成する手助けをする」を生涯の活動にすると決めているので、皆さんが希望すれば質問表のコンテンツの共有もしたいと思っています。

 

⇒(プレゼント)年収を自分で決めれる人になるセルフコーチング質問表

 

 

【契約が取れるセッション】カウンセラー、コーチ、コンサル起業

 

 

 

カウンセラー、コーチ、コンサルタントとして起業、独立開業する上で、身につけるべきスキルはいくつかあるのですが、率直に言えば契約が取れるセッション(1対1の対話)が出来れば、あなたは今すぐにでも稼げるカウンセラー、コーチ、コンサルタントになれます。

 

 

 

 

例えば、私のコーチングにおけるファーストセッション(初回のお試しセッション)。お客様にその後も継続利用して頂ける(契約)確率は40%~50%位です。

 

 

 

 

一般的な営業マンのセールスにおける成約率が20%を越えれば一流と言われる中で倍以上の成約率を誇るわけです。

 

 

 

 

 

しかも、継続サービスの単価は20万~50万位なので、月3人と契約できれば月の収入は100万円。それを年間を通して活動することで、無理なく年収1000万を超える事が出来ます。

 

 

 

 

大事な事として見込客がどれだけ沢山居たとしても、契約して頂けなければ売上が発生することはありません。

 

 

 

 

ですので、見込客を集める事を考える前に、見込客に買ってもらう為のセールス力(成約率)を高める必要があるのです。セールス力さえ高まってしまえば、あとは見込客が多ければ多いほど売上が上がるという仕組みが出来上がります。

 

 

 

 

上手く行っていないカウンセラー、コーチ、コンサルタント達をみていると、成約率、契約率が低いにも関わらず、新規の顧客を見つけることばかりに意識が向いている傾向があります。

 

 

 

これでは上手く行きません。

 

 

 

成約率さえ高めてしまえば、実はそんなに多くの見込客は必要ないのです。

 

 

 

50%近いこの成約率。これはなにも私が特別なのでなくて、体系立てられたファーストセッション(初回のお試しセッション)の技術が凄いわけです。

 

 

 

 

このスキルを学んだ人達(マイケルボルダック系列)の中での成約率は私は並より少し低い位だと思っています。

 

 

 

 

当のマイケルボルダック氏のセールスクロージングは8割の契約率を誇りますし、そして同じく学んだ同期の中には契約率100%の人もいました。『人に会えば契約が取れる』状態です。

 

 

 

そしてこのファーストセッションのスキルは、心理学系の資格取得者や既にカウンセラーやコーチ、コンサルタントとして活動している方であれば、少し練習すれば身につけることが出来るスキルです。

 

 

 

『人に会えば契約が取れる』この高成約セッションの技術はあなたでも身につける事が出来るのです。

 

 

 

 

私自身はクライアント獲得の専門領域は絞らずに、仕事(年収UP、昇進)でも、ビジネス(売り上げUP)でも、人間関係(親子関係、パートナーシップ)のお悩みでも絞らずにお客様にファーストセッションを提供して、この契約率ですので、専門領域を決めてこのファーストセッションを提供すれば契約率はもっと安定すると思います。

 

 

 

 

ただ、これは私の希望ですが、領域を絞らずに多くのカテゴリーも支援できるようになってほしいと思います。自分の枠を広げていくことは人間としてとても成長することが出来るからです。

 

 

 

 

そしてこのファーストセッションのスキルを私はあなたに教える事が出来るわけですが、一番早いのが自身でこのファーストセッションを受けてみることだと思います(^_^)ファーストセッションは無料で提供してますので(試しに受けてみると言う方も歓迎しています)

 

 

 

ぜひご自身でセッションを受けてみて下さいね(^_^)

 

 

 

NLPビリーフチェンジやり方【潜在意識の書き換え】

 

 

 

コーチングでクライアントに成果を出させる技術で大事なのが信念(潜在意識)の書き換えビリーフチェンジです。

 

 

 

 

 

「あなたが信じていることは本当?あなたが出来ると信じようと、出来ないと信じようと、どちらも正しい。自分を制限しているビリーフを外し、自分の可能性をもっともっと信じること。」

 

 

 

 

ビリーフとビリーフチェンジとは(潜在意識書き換え)

 

 

 

先にビリーフについて解説しておくと、ビリーフはその人が持っている信念の事。(正しいと信じ込んでいること)

 

 

 

 

「私は~~でなければいけないとか」「あの人は~~しなければいけないとか」いう思いの事です。

 

 

 

 

もっと詳しく言うと「私は完璧でなければいけない」「あの人はもっと働かなければいけない」とかね。

 

 

 

これらは、すべて真実ではなく、その人の信念、価値観によって潜在意識内に強く形成されたものです。(思い込み)

 

 

 

これらがビリーフ、信念と呼ばれるものです。

 

 

 

 

ビリーフを扱うに当たって大切なことは、自分(クライアント)に取って必要か不必要か、役に立っているか、役に立っていないかを明確に判別する事。

 

 

 

そしてクライアント自身の望ましい未来の為に制限を掛けているビリーフを特定、外していく必要があります。時には新しいビリーフに潜在意識を書き換えてあげる必要があります。

 

 

ビリーフの抽出、自分のビリーフを知る(潜在意識書き換え)

 

 

 

以下の様な形で穴埋めを書き出すと、自分自身の潜在意識内のビリーフを特定することが出来ます。

(セッションで用いることでクライアントさんのビリーフを特定することが出来ます。)

 

 

 

 

①「私には○○○○出来ない、なぜなら私は、●●●●だから。」

○の部分と●の部分を書き出してみよう。

 

例)私は彼女に好きと言えない、なぜならば私は容姿が悪いからだ

 

 

 

 

 

②実は○○○○が成功すると都合が悪いかも知れない、なぜならば●●●●」

○の部分と●の部分を書き出してみよう。

 

例)実は一年後に独立の夢が成功すると都合が悪いかもしれない、なぜならば私は安定を失うからだ。

 

 

 

 

③上手く行かない現状は、自分が望んでいる。なぜならば●●●●

●の部分を書き出してみよう。

(これは2次利得の考えです。あなたが上手く行かないことで手に入れていることを挙げましょう)

例)きつい思いをしなくて良いからだ。

 

 

 

 

こういった穴埋めを通して言語か、表面化する事で潜在意識内の自分のビリーフを特定して、「自分に取って役に立つ肯定的なもの」「自分を制限してしまう否定的なもの」「あなたが取り除きたいもの」を抽出しましょう。

 

 

 

 

ビリーフはなぜ出来る。ビリーフの正体(潜在意識書き換え)

 

 

ビリーフは私たちの成長の過程で学習されて行きます。

 

 

 

親先生、学校の友人の関わりの中から学び、社会や組織のから学び、あるいはみずからの体験から学び、私たちは生まれてから現在に至るまで学習を続けながら成長してきています。

 

 

 

 

両親、教師、大学の教授、友人、新聞、インターネット、ラジオ、テレビ、これら全てを起源とし、何度も何度も私たちの信念が影響を受けていきます。

 

 

 

私たちの殆どにとって課題なのは、多くのそれらの情報は、私たちが若い時、真実なのか、意見なのかの区別がついていない時に出会うことです。

 

 

 

この学習の過程で、一回あるいは複数回の体験を通してある事柄がまるで真実である、当然であるかのような確信に近い状態に至ることが多々あり、人々は大抵の場合、幼い頃から両親、教師、権威ある人の言うことを聞くことで、自分に限界があると信じてしまいます。

 

 

 

それが私たちにとって真実となり、私たちが決定を下す基礎となる無意識に蓄えられるのです。

 

 

 

 

この様なビリーフは、自分自身を肯定的な物をもたらせてくれるものもありますが、逆に自分自身に制限を掛けているものもあります。

 

 

 

 

潜在意識内の自分自身に制限を掛けるビリーフの事をリミティングビリーフと呼び、自分自身を肯定的な物をもたらせてくれるものをエンパワリングビリーフと呼びます。

 

 

 

 

幸いなことに、私たちは既に大人で、自分自身で再度その信念を検証し、もう必要で無いものを書き換えたり、捨てることが出来るのです。

 

 

 

 

自分に制限を掛けているようなビリーフに、自ら気づいたり、自らの意思で書き換えたり、取り除いたりするのが、ビリーフチェンジ(信念の書き換え、潜在意識の書き換え)というワーク。

 

 

 

 

ビリーフチェンジやり方(潜在意識書き換えのやり方)

 

 

以下の質問により、制限を掛けているようなビリーフに自ら気づく事が出来ます。そして取り除いた後の世界観や気持ちを感じて貰います。

 

 

 

①自分の人生に制限を掛けているビリーフ(信念)はありますか?(※リミティングビリーフの特定)

 

②かつては、そのビリーフ(信念)はあなたの人生においてどんな役に立っていましたか?

 

③現在そのビリーフが自分にどんな制限を掛けていますか?

 

④自分に制限を掛けているビリーフに代わって、手に入れるとしたらどんなビリーフがあれば望ましいですか?(※エンパワリングビリーフの作成)

 

⑤その新しいビリーフを手に入れると、どんな可能性や選択肢が広がりますか?

 

⑥新しいビリーフを手に入れて行くことを想像して下さい。どんな気持ちがしますか?

 

 

 

 

この様に最終的にビリーフを取り除くのか、書き換えるのか、残すのかは自分で決めて行きます。

 

 

 

多くの人は本当は望んでいる成果があるのに、自分に取って不必要な信念(リミティングビリーフ)によって苦しめられてます。成果を阻害されています。それを本人が気づき本人の手で取り除いたり、新たな肯定的信念(エンパワリングビリーフ)に書き換えてあげる事が必要です。

 

 

 

 

コーチの仕事は、気づきを与えること、書き換えの手段を教える事、そして新たな信念の定着(習慣化)をしっかりサポートすることになります。

 

 

 

ビリーフチェンジやり方。潜在意識の書き換えについてでした。

 

 

 

「あなたが信じていることは本当?あなたが出来ると信じようと、出来ないと信じようと、どちらも正しい。自分を制限しているビリーフを外し、自分の可能性をもっともっと信じること。」

 

 

 

エンパワリングビリーフ、つまりは新しい信念を自分自身にインストールする為のインカンテーションについて書いてみました⇒【インカンテーションとは?】