ブログは無料ブログとワードプレスどっちが良いのか?

 

 

 

 

今日は私のビジネスの屋台骨であり、大好きなブログについて書いてみました(^_^)

 

 

 

個人起業家にとっては、ブログは手軽に出来る強力な集客手段になりえます。

 

 

 

ブログ記事を書く=アクセスが集まる=自分の認知が広まる=商品が売れる

 

 

 

ですからね。

 

 

 

ただ、ブログ開設を考えている人の中には、有料でレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得して、ワードプレスでブログ運営した方が良いのか?

 

 

 

それとも、無料ブログでブログを運営した方が良いのか?

 

 

 

 

迷う方も多くいます。

 

 

 

 

今回はそんな方の一助になるべくどちらも使い倒している私がワードプレスと無料ブログの比較について記事に書いてみました。

 

 

 

ワードプレスについて

 

 

 

皆さんに今見て頂いているこのブログは、エックスサーバーにてレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得してワードプレスで運営しています。(費用的に年間数千円程度です。)

 

 

 

私の集客の骨組みを支えてくれる強力なマーケティング手段がこのワードプレスです。
※私の中では、マーケティングとはセールスせずに商品が売れていく為の施策のことをマーケティングと読んでいます。

 

 

 

ワードプレス運用には、無料ブログと違って、お金が掛かるため、無料ブログよりもアクセスが集まりやすいと思われがちですが、むしろ真逆で(無料ブログの方が実はアクセスは集まりやすいと私は断言します。)アクセスが集まるまでに時間が掛かる為、速攻性がある集客媒体では無いんですね。(専門用語でいうとインデックス、キャッシュが遅い状態)

 

 

 

 

このアクセスが集まらない状態は3ヶ月~半年くらい続き、書いた記事、蒔いた種が実っていくのは、一年後なんて事は普通だったりします。

 

 

 

 

ワードプレスの優れた点というものも多数ありますが、ワードプレスはコツコツと記事を積み重ねていくことで、後々になって大きな実りを生む集客媒体なんですね。

 

 

 

 

なので、立ち上げた当初にアクセスも、反応もなく、空しくなってしまってワードプレス運営をやめていく。と言う方も少なく有りません。

 

 

 

ドメインエイジとかドメイン系の話をするとややこしくなるのここでは省きますが、独自ドメインを取得してのワードプレス運用は未開の荒れ地にポツンとあなたの店舗を構えるようなものです。

 

 

 

 

土地や改装の自由度は高いですが、お客様がそこに辿り着くまでの道を、あなたが自力でせっせと開拓していかなければいけません。

 

 

 

店舗の改装もあなた次第。土地の開拓もあなた次第。自由に出来るが故にそこにロマンがあるんですね~(^_^)

 

 

 

ワードプレスの特徴まとめ

●ドメイン代、サーバー代が有料である(年間数千円)。

●初期は全然アクセスが集まらない。

●アカウント凍結のリスクが無い。

●自由度が高い。拡張自由。ロマンがある。

 

 

 

無料ブログサービスについて

 

 

ワードプレスが未開の地にお店を構えるようなものなのに対して、無料ブログは無料ブログサービスが用意してくれている既に栄えている場所に店舗を設置するようなもの。

 

 

 

 

店舗の拡張や土地の拡張に制限はあるものの、既に栄えている場所にお店をオープンするので初動から楽にアクセスを集めることが可能です。

 

 

 

文字通り無料で利用できますし、ブログの拡張テンプレート等も豊富に用意されています。

 

 

 

ブログに慣れていない初期の頃は、この無料ブログでのブログ運営をお勧めしています。(先に述べたように無料ブログの方がアクセスは集めやすいのです。)

 

 

 

注意が必要な点としては、

 

 

 

①ブログのサイドバーや記事下等に自動で広告が勝手に差し込まれる事(無料ブログサービスはここで収益を上げている)

 

②無料ブログサービスの規約に違反するような記事を投稿したりするとアカウントが凍結される怖れがある。私も過去FC2ブログで無理をして、収益を上げているブログのアカウントを削除された経験有ります(‘_’)(規約を守る、バックアップをしっかり取る事を推奨)

 

 

 

無料ブログの特徴まとめ

●無料で利用できる。

●初動からアクセスが集まる。

(後半のアクセスも決してワードプレスに劣るようなものでは無い。)

●ブログの拡張に制限がある。

●広告が差し込まれる。

●アカウント凍結のリスクがある。

 

 

比較記事を書いてみて

 

 

 

無料ブログもワードプレスも一長一短があります。

 

 

 

 

実際私も最初はアメーバブログを利用して、FC2無料ブログ等も利用し、その後ワードプレスでのブログ運用に至っています。ので最初は無料ブログから少しずつ、あなたの現在の状態に合わせて駒を進めていったら良いと思います(^_^)

 

 

 

 

そして、最初から最大の効果を期待してブログ運営を行うのであれば、両方をやるという選択肢を推奨しています。

 

 

 

 

ワードプレスと無料ブログを連結させて最大の集客効果を狙う!

 

 

 

 

両方をやると言うよりは、ワードプレスと無料ブログを連結させて、ワードプレスに投稿した記事を、無料ブログにも自動投稿するという作業効率を最大にする方法です。

 

 

 

 

本来はこの方法は、どちらかの記事しかグーグルから評価されない為、効果の薄い方法なのですが、ワードプレスとアメーバブログの連携であれば、最大限のレバレッジ効果を生みます。

 

 

 

 

無料ブログサービスの中では、アメーバブログが日本国内での会員数がグンを抜いて多く、1千万人を越える利用者がいます。検索エンジンに頼らなくても、この1千万のユーザーにアプローチ出来る内需アクセスが非常に魅力的なブログがアメーバブログです。

 

※アメーバブログではこれまで商用利用(ビジネス目的)でのブログ運営が禁止されていましたが、2018年の末にこの商用利用が解禁されました。無料ブログを選ぶ際に、この商用利用が解禁されたアメブロを使用しないという選択肢は考えられません。

 

 

 

①ワードプレスに投稿した記事でグーグルの検索エンジンからの流入を狙う。

②連動してアメブロに自動で投稿された記事では、アメブロ内の内需からのアクセスを狙う。

という究極のワードプレスと無料ブログの連携方法です。

 

 

 

さらにはフェイスブックやツイッター等を絡めた連携投稿を行う事も可能で、一つの投稿で2倍、3倍の効果も狙っていけれるわけです(^_^)

 

 

 

ワードプレスとアメブロを連動する際にはこちらのアメーバキングが便利です。月額制の利用料金ですが、集客効果を高める魅力的で高機能が色々付いているのでブログ運営に絶対ほしいサービスの一つです。

 

 

 

ワードプレスとアメブロ連携ツール「アメーバキング2」

 

 

 

しっかり効果的にブログを運営して、アクセスを増やして、あなたの商品を訴求、認知してもらい、あなたの強力な集客媒体に昇華させていきましょう。

 

 

 

ワードプレスとアメブロ連携ツール「アメーバキング2」

 

 

 

 

 

 

契約率50%以上!高成約セールスの技術

トップセールスマンだけが理想の人生を手に入れる!
「契約率50%以上!高成約セールスの技術」

 

 

 

起業、独立開業する上で、身につけるべきスキルはいくつかあるのですが、率直に言えば高成約セールススキルがあれば、あなたは今すぐにでも望む年収を自分を手に入れる事が出来ます。

 

 

 

例えば、私のコーチングにおけるファーストセッション(初回のお試しセッション)の契約率(継続利用して頂ける(契約)は40%~50%位です。

 

 

 

一般的な営業マンのセールスにおける成約率が20%を越えれば一流と言われる中で倍以上の成約率を誇るわけです。しかも、継続サービスの単価は20万~50万位なので、月3人と契約できれば月の収入は100万円。それを年間を通して活動することで、無理なく年収1000万を超える事が出来ます。

 

 

 

もし、あなたが会社員で、1ヶ月に20万〜30万円程度の副収入があればいいのなら、コンバージョンが40~50%を超えると月2人にセールスすれば十分になります。

 

 

 

上手く行っていない起業家をみていると契約率が低いにも関わらず、新規の顧客を見つけることばかりに意識が向いている傾向があります。見込客がどれだけ沢山居たとしても、契約して頂けなければ売上が発生することはありません。これでは上手く行きません。成約率さえ高めてしまえば、実はそんなに多くの見込客は必要ないのです。

 

 

 

メルマガ読者限定で「契約率50%以上!高成約セールスの技術」をお教えします。

 

 

 

絶対失敗しない!「起業前に絶対確認するべき5つの事」

①絶対失敗しない!「起業前に絶対確認するべき5つの事」

 

 

 

このコンテンツはこれから独立・起業を考えている方向けに、起業で失敗、後悔しない為に独立・起業のリスクを可能な限り抑えて、安全に独立を果たせるように「起業、独立する前に確認する事」を5つにまとめたものです。

 

 

 

独立、起業前の前の私が、『このコンテンツの内容を知っていればあんな苦労はしなくて済んだのに・・・』と正直、これを手に取って下さっている皆様のことを少々羨ましく思います。(^_^)

 

 

 

メルマガ読者限定で「起業で失敗しない為に起業前に絶対確認する5つの事」をお教えします。

 

 

 

対人恐怖、人見知りのカウンセラー、コーチ、コンサルタント起業

 

 

 

対人恐怖、人見知りでもカウンセラーやコーチ、コンサルタントになれる?

 

 

 

心理面を取り扱う仕事(カウンセラーやコーチ)に携わる方でも、実は人が苦手な人はいます。

 

 

 

意外に思うかもしれませんが、心理学を学び始めるキッカケとしては、人間関係や人生に悩みを抱えていてという人が多く、その延長上にカウンセラー、コーチとしての人の援助をしたいと思えるようになるからです。

 

 

 

多くの場合は、心理学を学ぶ過程で、問題はクリアになっていくわけですが、カウンセラー、コーチとて人間です。自分の問題が完璧に解決して、対人援助にまでいけれるのは本当に希なことです。

 

 

 

なので、心理面を取り扱うカウンセラーやコーチでも実は人が苦手な人はいます(^_^)

 

 

 

 

私の例でいうと、子供の頃に信じていた友人に2度の激しい暴行を受けて、その時のトラウマから対人恐怖症になった過去があります。

 

 

 

ただ、自分が対人恐怖症なんだと本当に痛感したのは心理学を深く学び始めてからで、それまでは自分自身のそういった弱みには気づけませんでした(周りに責任転嫁して問題から目を背けていました)

 

 

 

ただ、少し深い学習形式の心理学の学びの中で、自分の弱さと向き合う機会を与えて頂き、自分の対人恐怖の露呈と、自覚、そして克服をする事が出来ました。

 

 

 

インナーチャイルドワークというものですが、ここでは話がそれるので省きますね(^_^)。

 

 

 

 

そんな私でも、対人恐怖症を克服しコーチ、コンサルタント起業出来、人のお役に立てているわけです。あなたに出来ない訳はありません(^_^)

 

 

 

後、付け加えて言うと、現在カウンセラーやコーチとして、そういった人に対して少し恐怖心を抱いている方も、苦しんだ人、悩んだ経験がある人ほど、人の痛みを知っているのでしっかりと相手の話を共感して、受容する事、相手の問題解決に寄り添うことが出来ます。そういった意味では対人支援の職種は天職ではありえるのです。

 

 

 

一点だけネックがあるとしたら、しっかりとカウンセラーやコーチとして、クライアントに価値提供して、対価としての収入を得るという考えの中で、自分のカウンセリングやコーチングでお金をしっかり頂くという行為、つまりはセールススキル、メンタルの面で、躊躇してしまうカウンセラーや、コーチが多いということです。

 

 

 

 

優しすぎるが故に起こるこの「ジレンマ」を抱えて、せっかく対人支援という価値のある仕事をしているのに、満足に収益を得れていないという人も居ることは事実です。

 

 

 

 

そして、私がこのブログやメルマガで提供しているのは、そんなカウンセラーやコーチでもしっかり人に感謝されながら成果を上げていく為の方法です。

 

 

 

実は人が苦手は心理カウンセラーや、コーチ、コンサルタント。私はその方達の辛さや、悔しさやそれでも諦めない思いがわかるつもりです。

 

 

 

私はそういった方達のお役に立ちたい思っています。

 

 

 

優しすぎるあなたが、その優しさに加えて、自分のカウンセリングやコーチング、コンサルティング商品をしっかりと販売出来るスキルを身につけると、本当に生涯レベルで収入がすごく変わってきます。

 

 

 

それを私はまさに体感しています。本当に過去の私を知っている人が驚くくらいこのスキルを身につけたことで飛躍できました。

 

 

 

やさしすぎるあなたにも、是非そうなってほしいと心から思います。もちろん、壁や試練はありますが、できるからやるのではなく、やるからできるようになる!

 

 

 

是非私のメルマガ内で学んで下さいね(^_^)

 

 

 

情報を発信して影響力を高めよう【情報発信のやり方】

 

 

 

インターネットが普及して十数年経とうとしていますが、情報の受け取り方が大きく様変わりしてきています。

 

 

 

数年前までは、ニュース、ラジオ、雑誌で一方的に受け取る事しか出来なかった情報と言う物は、今では個人がネット、SNSという媒体を持った事によって、なんの気なしにつぶやいた一言が、あっと言う間世界中に駆け巡りその度に大きなニュースになります。

 

 

このように個人の時代で有り、個人が情報発信力を持った時代でもあります。

 

 

 

「インターネットは人々に公平な情報収集の機会を与えるというが、情報発信の手段を持つ人と持たない人の力の差はますます広がる一方だ。」 ヤフー創業者 ジェリー・ヤン

 

 

 

あなたはカウンセラー、コーチ、コンサルタントとしてもっともっと人々に影響力を与えれる人になる必要があります。

 

 

 

そして影響力を高める為には、未熟でも良いし、未完成でも良いので、まずは自分を発信する事から始めよる。

 

 

 

分野を決めて情報を発信。

情報を発信している内にその分野に詳しくなる。

情報は発信する人の元により集まる。

さらに詳しくなった情報を発信。

情報を発信すれば一定数あなたの情報を求めるファンが出来ます。

濃い情報が継続して発信出来れば、その媒体がひとつのweb(ウェブ)メディアになります。

 

 

 

これは私が念頭に置いている個人がweb(ウェブ)においてブランディングする為の基本戦略ですが、メディアが出来れば商品やサービスを提供しても良いですし、商品が無ければ直接メディア内でリサーチをしてどんな商品を求めてるかを調べて創るば良い。仕事の受注や発注を行うことも出来ます。

 

 

 

私はあなたにそういったステージに進んでほしいと思っています。

 

 

 

まずは現時点での自分の持っている考え、スキル、知識の発信をはじめよう。

 

 

 

未完成でも、未成熟でも、影響力の輪は確実に大きくなり、あなたの成長を促進し、あなたの目的とするゴールを実現させてくれます。

 

 

NLP心理学等の資格者取ったら起業出来るのか?

 

 

 

 

NLP心理学やキャリアコンサルタント等の心理学系の資格を取ったら起業出来るのか?

 

 

 

カウンセラー、コーチ、コンサルタントとして起業して売り上げを上げる為には、

①「クライアントを獲得する技術(セールススキル)」
②「クライアントを集める技術(集客、マーケティングスキル)」
③「クライアントに成果を出させる技術(価値提供スキル)」

の3つのスキルが必要になります。

 

 

 

 

そして、心理学系の有資格者は自信の程度の差はあるでしょうが、すでに③のスキルは持っています。
(ここは実践で磨いていくスキルです)

 

 

ただ、
①「クライアントを獲得する技術(セールススキル)」
②「クライアントを集める技術(集客・マーケティングスキル)」

については、およそ心理学系の講座の中では教えて貰えません。

 

 

 

あなたの

③「クライアントに成果を出させる技術(価値提供)」の学びに加えて

 

①「クライアントを獲得する技術(セールススキル)」
②「クライアントを集める技術(集客、マーケティングスキル)」

 

が揃えばカウンセラー、コーチ、コンサルタント等の起業は楽に上手く行きます(^_^)

 

 

 

 

●50%近い成約率を誇る高成約確率セールスのやり方や、
●会えば契約が取れるセッションのやり方。
●どんどんお客様が集まる集客の技術、

等ブログやメルマガで公開していきたいと思います。

 

 

 

もしあなたが今以上の成果を望むのであれば是非学んで下さいね。(^_^)

 

 

 

 

セルフ・スタートアップカフェ×ビジネスの戦略と戦術を理解する

はじめに

 

 

 

 

好きと言うだけで圧倒的に有利!

 

 

 

セルフ・スタートアップカフェ訪問ありがとうございます(^_^)

 

 

 

自分の強みや資格を活かした起業、スタートアップが出来る様に最大限の支援をさせて頂きたいと思い立ち上げたweb上のスタートアップ支援サイトです。

 

 

 

ただし、自分の資格や強みを活かして独立開業、起業と言っても、しっかりビジネスの戦術や戦略を持っていないとスタートアップは上手く行きません。

 

 

 

起業で売り上げを上げていく為には、強みの他にも

「クライアントを集める技術(マーケティングスキル)」
「クライアントを獲得する技術(セールススキル)」

を初めとするいくつかの「戦略」と「戦術」が必要になります。

 

 

 

戦略とは・・・収益化の仕組み

USP、ビジネスファネル、キー・サクセス・ファクターetc

戦術とは・・・その仕組みを回すために施す具体的な施策

• 新規獲得の手段
無料媒体、有料広告、紹介、足を使う
• セールス力向上、バックエンド販売の工夫

 

 

戦略の誤りは、戦術では挽回不能(いかにカルロスゴーンでも売れないものは売れないと言う事)

 

 

 

 

当セルフ・スタートアップカフェサイトでは私が実践で培ったスキルや、知識をまとめています。

 

 

 

 

そしてそういった、スキルや知識の他にも起業の為には強いメンタル、マインドも求められます。

(成功はやり方2割、マインド8割と捉えて下さい)

 

 

 

 

心理面、マインド面についてもNLPコーチとして必要な在り方をコンテンツとして提供していきたいと思います。

 

 

 

 

ビジネスモデルを考える

 

 

 

スタートアップ、起業の為にはまずは自身のビジネスモデルを作る事。

 

 

 

ビジネスモデルがあると

・ やることが明確になる。
・ 誰に、何を学ぶ必要があるのかが分かる。
・ 優先順位が明確になる。
・ どれくらいの規模のビジネスになるかが分かる。
・ どこを改善すればいいのかが分かる。
・ 広告にいくらお金を使えるのかが分かる。

 

 

ビジネスモデルを練る為の3ステップ

1. USPを決める。差別化

 

 

USP(Unique Selling Propositionの略)は一般的に独自の強みを伝えるメッセージと説明されています。ビジネスの差別化という考え方だが、(USPとはお客様への究極の約束)と捉えるとわかりやすい。

 

 

個人起業家の多くはUSPを 持たないままビジネスをしている。 それでは、 お客様からすると違いもわからず 自分にあっているのかもわからず、 結局は爆発的にお客様に選ばれることもありません。

 

 

(例)セブンイレブンのUSP

「セブンイレブン、いい気分」

今でこそ言わずと知れたコンビニエンスストアの最大手ですが、セブンイレブンの当時USPは「セブンイレブン、いい気分」です。(1974年に第一号店が出たときには、7時に開店して、夜の11時に閉店する(だからセブン~イレブン)小売店は大変貴重な存在。これがUSPとしてあっという間に浸透し、ヒットした。

 

 

(例)ドミノピザのUSP

「焼きたての熱いピザを、玄関まで30分以内に。それ以上待ったら、無料で構いません!」

 

 

このUSPが顧客から支持されたのは、30分以内という明確な条件と、ダメなら無料という決意表明です。すなわち時間を守る点に強みを見出し、それを力強く打ち出したことで、顧客の心を掴んでいます。

 

 

このように、 やはり選ばれるビジネスには USPは必ずあるわけです! USPなくして、成長なし!!! あなたのビジネスには、USPありますか? あなたの商品、サービスにはUSPはありますか?

 

 

(USPとはお客様への究極の約束)

 

 

●あなたは何の専門化になるのか?
あなたの強みは?(資格は必須ではないが、あなたの強みである可能性は高い)
ある分野の専門化になることは難しくは無い。専門性が無ければ学べば良いだけ。要はそのようになりたいかどうか?それをあなたが決めるだけ、そしてその一歩を踏み出すかどうかだけ。その道の専門化になる覚悟を決める。

 

●お客様を決める。

※ビジネスとはお客様の問題解決である。

理想のお客様を決める事で、問題の想起がしやすくなる。

「あなたのお客様は誰ですか?」「あなたが解決出来る問題は何?」

 

お客様になってほしい人達に直接リサーチをすれば良い。

「どんな事で困っているか?」「どんなサービスがあれば良いか?」

 

 

2. ビジネスファネルを考える

 

多くの起業家が売り上げをコントロール出来ないのは、戦略としてのビジネスファネルを理解していないから。

 

 

・集客は何でもする(ブログ、ユーチューブ、ツイッター、インスタグラム、チラシ)

・そして集客の方法はいくらでもある。(自分が得意なものを2,3選定する)

・CV(成約率)が高い商品だと、ビジネスが楽。まずはCVを高める。

・初めからファネルを固めすぎずに、試しながら、調整、試行錯誤する。

・ビジネスの売り上げはLD(見込み顧客)×CV(成約率)×LTV(生涯顧客価値)

 

3. キー・サクセス・ファクターをあぶり出す

●あなたのビジネスプランが回り出す注力するべき一つの事は何?

基本的にはスモールビジネスの場合はLD(見込み顧客)の獲得がキーサクセスファクター。

 

私が推奨するのは、メルマガ読者を毎日一人獲得出来れば、月の収益100万のビジネスモデルを構築する事。

※この場合のキーサクセスファクターは「メルマガ読者1日1人獲得」

 

キーサクセスファクターを決めて、ここに注力することであなたのビジネスの売り上げがコントーロール出来るようになります。

 

 

会社を辞めて起業・独立開業しても良いタイミング

 

 

 

●●●が出来たら起業・独立開業して大丈夫。

 

 

 

あなたが起業・開業後どれだけ良い仕事をしても、最終的に『売上』を作ることが出来なければ事業自体を継続することは出来ません。

 

 

 

また、今月売上を作ることが出来たとしても、それが偶発的なもので翌月以降に再現性のないものであればビジネスは上手く行きません。あなたが稼げるようになる為の『継続的な売上』を作る考え方と、起業、独立のタイミングを測る具体的な数値をご紹介致します。

 

 

 

 

まず、ビジネス活動を行っていく上でマーケティングの神様ジェイ・エイブラハムは

 

売上は顧客数×購買単価×購買頻度で決まるといっています。

 

 

 

もう少しわかりやすく変換すると、↓

 

 

LD(見込み顧客)×CV(成約率)×LTV(生涯顧客価値)=売り上げ

 

 

 

どれ位のお客さんを持っていて(見込み顧客)、そのうち何人がサービスを購入してくれて、(成約率)、一人あたりのお客さんが生涯で幾ら使ってくれるのか?(生涯顧客価値)という考え方です。

 

 

 

ビジネスの全体売上はこの3つの掛け算で決まるのでこの上記3つの数値を把握し、管理することが重要です。

 

 

 

逆に言えばまずは、この3つに絞って考えていくことであなたは稼げる個人起業家になることが出来ます。

 

 

 

あなたが起業・独立開業するのであれば、

 

・LDが500以上
・CVが50%以上
・3ヶ月連続で目標の売上を達成すること。
・LDが増え続ける仕組みを構築していること。

 

※LDはメルマガリストやラインアットの登録者数が望ましいです。フェイスブックの友達数は見込み顧客には数えにくいです。

 

 

この状態を目指しましょう。

 

 

 

これらが出来ている状態であれば、月収100万を超えて売り上げを上げていくことが出きます。逆にどれかが掛けている状態での起業・独立開業は勧めていません。起業・独立後、苦労するのが目に見えています。

 

 

 

副業として活動をするでも良いのでしっかり準備を整えましょう。

 

 

 

個人起業×セルフコーチング
「セルフ・スタートアップカフェ」

 

 

 

メルアドリスト1日1リストを取得する方法×セルフコーチング

 

 

 

ビジネスの売り上げ=LD(見込み顧客の数)×CV(成約率)×LTV(顧客生涯価値)

 

 

 

 

あなたは商品を購入してくれるLD(見込み顧客)は集めれていますか?

 

 

 

 

webを活用したビジネスにおける見込み顧客の数はおよそ取得メールアドレスの数で表されます。

 

 

 

 

見込み顧客の数=取得メルマガリスト数(or取得ライン@リスト数)

 

 

 

 

メルマガリスト取得の重要性については今更書く必要も無いと思いますが、ブログやユーチューブ等のトラフィック(アクセス)は最終的にこのリストを集める為の手段だと考えて良いです。

 

 

 

 

あなたのビジネスを安定させるためには、一にも二にも、メルマガリスト(orライン@リスト)だという風に考えておきましょう。(^_^)

 

 

 

 

そして今回は私が実践しているブログでメルマガリスト1日1リスト取得する方法について書いてみました。

 

 

 

 

あなたが今現在集客でお困りであれば、とてもとても役に立つ情報になると思います(^_^)

 

 

 

ブログでメルマガリスト1日1リスト取得する方法

 

 

 

個人起業・スモールビジネスなら1日1リストが取得出来るようになれば、月収100万は手堅いです。

 

 

 

1日1リストが安定してとれ続ければ、売り上げも安定し続けます。

 

 

 

年間365人の方にアプローチが出来て、それが積み重なっていくわけですからね。

 

 

 

 

そして、そのメルマガリストを取得するのに必要なものは、

 

 

 

①まずは登録フォームを設けれるブログ。

 

 

 

②そして後は一冊のが必要なだけです。

 

 

 

上の写真は世界No1のコピーライターといわれるシュガーマンの翻訳本ですが、これはあくまで例で、このシュガーマンの書籍が限定して必要なわけではありません。

 

 

 

要はあなたが集めたいリスト属性に関して、一流の人が書いた一冊の本を自由に選んで下さいと言うことです。(コピーライティング関連に興味がある人を集めたいのであればシュガーマン書籍はお勧めです(^_^))

 

 

 

そして、その本のコンテンツをwebコンテンツにまとめるだけです。

※コピペは厳禁ですよ。自分なりにまとめるのです。

 

 

 

コンテンツをまとめるときには、「爆売れ商品を作ったセールス7つの秘密とか。「売れる文章が書けるコピーライティングの3ステップとかの3とか5とか7とかの数字をつけてまとめるとキャッチーで魅力的なコンテンツになります。

 

 

 

 

そして、ブログ上でそのコンテンツの見せ方を工夫して、紹介したり、プレゼント特典にして、メルマガの登録フォームを設ければ、一日一リストは取得していけれます。

 

 

 

 

これだけ?と思われるかもしれませんが、一流の人間が書いた書籍を無料のコンテンツ化する訳なので、めちゃめちゃ価値のあるコンテンツになります。

 

 

 

 

私のこのブログではやっておりませんが、過去のブログ運営ではそれで年間で500リストを集めたこともあります。やってみると実際にリストもドンドン集まっていきますよ(^_^)

 

 

 

 

最短で成果を上げる為には一流の人間からTTP=Tettei Tekini Pakuru(=徹底的にパクる)を意識しましょう(^_^)

※コピペは厳禁ですよ。自分の思考のフィルターを通してまとめるのです。

 

 

 

 

実はこれはリスト取りだけで無く、ブログのアクセスUPにも使える方法ですが、そこら辺については、過去記事のコンテンツマーケティングに関しての記事で勉強してみて下さいね(^_^)。

⇒コンテンツマーケティング×セルフコーチング×個人起業・副業

 

 

 

・ブログのアクセス増
・リスト増
・収益安定

 

に繋がるブログでメルマガリスト1日1リストを取得する方法でした。

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたの集客したい属性に関するベストな本はどんな本ですか?

 

 

【契約が取れるセッション】カウンセラー、コーチ、コンサル起業

 

 

 

カウンセラー、コーチ、コンサルタントとして起業、独立開業する上で、身につけるべきスキルはいくつかあるのですが、率直に言えば契約が取れるセッション(1対1の対話)が出来れば、あなたは今すぐにでも稼げるカウンセラー、コーチ、コンサルタントになれます。

 

 

 

 

例えば、私のコーチングにおけるファーストセッション(初回のお試しセッション)。お客様にその後も継続利用して頂ける(契約)確率は40%~50%位です。

 

 

 

 

一般的な営業マンのセールスにおける成約率が20%を越えれば一流と言われる中で倍以上の成約率を誇るわけです。

 

 

 

 

 

しかも、継続サービスの単価は20万~50万位なので、月3人と契約できれば月の収入は100万円。それを年間を通して活動することで、無理なく年収1000万を超える事が出来ます。

 

 

 

 

大事な事として見込客がどれだけ沢山居たとしても、契約して頂けなければ売上が発生することはありません。

 

 

 

 

ですので、見込客を集める事を考える前に、見込客に買ってもらう為のセールス力(成約率)を高める必要があるのです。セールス力さえ高まってしまえば、あとは見込客が多ければ多いほど売上が上がるという仕組みが出来上がります。

 

 

 

 

上手く行っていないカウンセラー、コーチ、コンサルタント達をみていると、成約率、契約率が低いにも関わらず、新規の顧客を見つけることばかりに意識が向いている傾向があります。

 

 

 

これでは上手く行きません。

 

 

 

成約率さえ高めてしまえば、実はそんなに多くの見込客は必要ないのです。

 

 

 

50%近いこの成約率。これはなにも私が特別なのでなくて、体系立てられたファーストセッション(初回のお試しセッション)の技術が凄いわけです。

 

 

 

 

このスキルを学んだ人達(マイケルボルダック系列)の中での成約率は私は並より少し低い位だと思っています。

 

 

 

 

当のマイケルボルダック氏のセールスクロージングは8割の契約率を誇りますし、そして同じく学んだ同期の中には契約率100%の人もいました。『人に会えば契約が取れる』状態です。

 

 

 

そしてこのファーストセッションのスキルは、心理学系の資格取得者や既にカウンセラーやコーチ、コンサルタントとして活動している方であれば、少し練習すれば身につけることが出来るスキルです。

 

 

 

『人に会えば契約が取れる』この高成約セッションの技術はあなたでも身につける事が出来るのです。

 

 

 

 

私自身はクライアント獲得の専門領域は絞らずに、仕事(年収UP、昇進)でも、ビジネス(売り上げUP)でも、人間関係(親子関係、パートナーシップ)のお悩みでも絞らずにお客様にファーストセッションを提供して、この契約率ですので、専門領域を決めてこのファーストセッションを提供すれば契約率はもっと安定すると思います。

 

 

 

 

ただ、これは私の希望ですが、領域を絞らずに多くのカテゴリーも支援できるようになってほしいと思います。自分の枠を広げていくことは人間としてとても成長することが出来るからです。

 

 

 

 

そしてこのファーストセッションのスキルを私はあなたに教える事が出来るわけですが、一番早いのが自身でこのファーストセッションを受けてみることだと思います(^_^)ファーストセッションは無料で提供してますので(試しに受けてみると言う方も歓迎しています)

 

 

 

ぜひご自身でセッションを受けてみて下さいね(^_^)

 

 

 

会社を辞める前に絶対にやっておくべきwebメディア作り×セルフコーチング

会社を辞める前に絶対にやっておくべきwebメディア作り

 

 

 

 

 

会社にいる内に起業する際の下準備として絶対にやっておくのが自分のメディア作り。

 

 

 

 

自分の世界観を発信して多くの人に情報を届けることが出来る媒体。web媒体。

 

 

 

 

ビジネスの売り上げの基本的な考え方は、

 

 

マーケティングの神様と言われるジェイ・エイブラハムのビジネスの公式
売上=顧客数×購買単価×購買頻度

つまり、
LD(見込み顧客)×CV(成約率)×LTV(生涯顧客単価)=売り上げ

ビジネスでフォーカスする数字(KPI)はこの3つ。逆に言えばこれだけを考える。

 

 

 

そして、自前のwebメディアを持ち、育っていれば、見込み顧客獲得(LD)の部分ですぐにでもあなたのビジネスと直結させることが出来ます。

 

 

 

 

それ以外にも、ある程度隙間時間の作業で書いた記事のアクセス経過や、リスト取得数等でマーケットのリサーチが出来る事も大きいです。(求められている分野なのかどうか)

 

 

 

 

起業後のメディア作りというのも決して遅いわけではありませんが、自分の商品やサービスと市場のニーズがズレている事が起業後わかったりしても、軌道修正に時間がかかったり、精神的に不安定になったりしますので、安定している会社員時代にしっかりと自分メディアを育てるという事はあなたにとって強力な見込み顧客獲得(LD)=集客基盤となります。

 

 

 

私はブログでのメディア作りが得意ですが、ユーチューブやフェイスブック等自分の得意な分野が一つあると良いです。

 

 

 

 

そして最終的には、メルマガリストを取るという事をして下さい。(ライン@でもOK。)

 

 

 

 

これは絶対。

 

 

 

 

リスト=見込み顧客の数です。

 

 

 

 

いくらブログにアクセスが集まってもリストが取れなければ、ビジネスは安定しません。

 

 

 

 

逆にブログのアクセスが少なくても、リストが取れていればOKなんです。

 

 

 

 

それくらい、リスト第一で考えて下さい。

 

 

 

 

メルマガは自分の伝えたいメッセージを相手のメールボックスに強制的に送ることが出来る攻めの媒体と呼ばれる為、この数を増やしていくことが出来ればビジネスはいかようにも発展していけれます。

 

 

 

 

そして、何よりもメルマガが登録されるという事は、メールアドレスを登録してまで(ワンアクションしてまで)、あなたの情報を知りたいという人なので、自分のビジネスの方向性が正しいと言うことの裏付けになります。

 

 

 

 

私がメディア作りにブログを使っている理由は、資産化しやすいからです。

 

 

 

フェイスブックのように投稿する度にトラフィックが集まる訳ではなく、書いた記事全般に検索エンジンからの流入を見込めるので、手間暇を掛ければ掛けるほどアクセスが増えるので、集客が安定していきます。

 

 

 

コツコツとコンテンツを積み重ねていって、アクセスが集まる感覚、売り上げが上がる感覚がゲームにおけるRPG(ロールプレイングゲーム)をやっているみたいな感覚で好きだったりもします。

 

 

 

 

ブログを運営するのであれば将来的には独自ドメインのワードプレスブログを推奨しますが、アクセスが集まり出すまでは、時間が掛かりますので初心者であれば開始当初から反応が取れるアメブロが、始めやすく、楽しみながら運用出来るとは思います。

 

 

 

それに今はブログやホームページといった垣根がほぼなく、ホームページのようなブログも簡単に作れるようになっています。ホームページ型のブログを持つ事でクライアントから信頼を得やすくなります。

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたは自分のメディアを持っていますか?

自分のwebメディアを持つ事であなたのビジネスにどんな変化がありそうですか?

 

 

 

その他個人起業前に絶対確認するべき5つの事と、起業前にどれ位の見込み顧客を集めた方が良いのかをメルマガ読者限定で書いています⇒個人起業する前に確認する5つの事