拒絶されろ。恥を掻け。失敗すれば成功する?

拒絶されろ。恥を掻け。【起業・副業×セルフコーチング】

 

「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」(トーマスエジソン)
「失敗したことのない人間というのは、挑戦をしたことのない人間である。」(アインシュタイン)
「失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる」(松下幸之助)
「私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎない。99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である」(本田宗一郎)

 

 

多くの偉人は成功(目標達成)には失敗が必要だと言っています。あなたがもし成功したいと考えているのであれば、多くの失敗を経験する必要があります。

 

 

「拒絶の利用」あなたが拒絶されればされるほど成功を得やすくなります。

「失敗の利用」失敗すればするほど成功を得やすくなります。

「恥の利用」恥を搔けば掻くほど成功を得やすくなります。

 

 

もう一度書きます。あなたがもし成功したいと考えているのであれば、多くの失敗を経験する必要があります。

 

 

前提として失敗とミスは違います。

「ミス」は自分の通常の枠の中(コンフォートゾーンの中)での行動で上手く行かない事。

「失敗」は自分の枠の外(コンフォートゾーンの外)に出て見て上手く行かない事。

 

 

ミスから得られる事は少ないが、失敗から得られる事は甚大(むしろ枠の外=初めての経験なので失敗は当たり前)

 

 

あなたがもし成功したいと考えているのであれば、多くの失敗を経験する必要があります。

 

 

そして、「成功したい」ではなく、「成功する」と決める事。

 

 

決めれば方法は後から湧いてくる。これは脳科学的な真実です。(^^)

 

 

 

あなたは拒絶される時、どの様に感じますか。

 

 

どんな言語に於いても、最も影響力が強いのは“NO”を意味する言葉です。

 

 

 

多くの大人達は、その言葉を聞くに耐えられません。

 

 

“NO”を恐れる結果として、自分で自分の限界をつくってしまいます。

 

 

 

あなたは誰かに話したくても、“NO”と言われるかもしれないと思い、何回話すことをあきらめましたか。

 

 

あなたは採用されないかもしれないと恐れて、行きたい会社にアプローチすることを何回止めましたか。

 

 

あなたは失敗するかもしれないと信じて、どのくらい成長することから逃げましたか。

 

 

 

自分自身の限界はすべて拒絶に対する恐れの結果です。

 

 

 

しかし、拒絶されること無しに本当の成功はありません。

 

 

 

今までの成功者達がどれほどの“NO”を言われてきたか、考えてみてください。

 

 

そして、彼らはそれでもやり続けたのです。

 

 

 

もしあなたが成功への途上にあるのなら、拒絶を受ければ受けるほど強くなります。

 

 

 

一時的に逆境に立たされている様に見えますが、あなたがヒントを得る度にまた立ち直っていきます。

 

 

 

だから、次にあなたが“NO”と遭遇したら、もう引き際だと考えるのではなく、ここから何が学べるのかとあなた自身に尋ねてみることです。

 

 

 

大人になっても中2病!ならあなたの空想、妄想を実現するだけ!成功者はみんな中2病

大人になっても中2病!ならあなたの空想、妄想を実現するだけ!成功者はみんな中2病

 

 

大人になっても中ニ病が抜けない方の為の記事です。

 

 

中二病(ちゅうにびょう)とは、「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、または精神疾患とは無関係である。ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋

 

 

何を隠そう私も、高校時代はめっちゃ中2病を発動していました(^_^)

 

 

「フっ俺は人と関わるのはめんどくせーんだ。」って感じです。

 

 

「お前クールやな~」っていわれるのが何より嬉しい時期でした。

 

 

 

実際はただのコミュ症で口べたなだけだったのですが・・・(笑)

 

 

当時のゲームはFF7とかFF8とかクラウド、スコール等、無口で冷たくてクールな主人公が全盛だったし、エヴァンゲリオンも全盛期で、シンジ君みたいに「僕のことはほっといて下さい」的に冷めた感じがなんか格好良い~って感じがありありとあったんですよ。

 

 

 

高校時代は本当に孤立して過ごしたな~。3年間もアレで過ごした自分が少し愛おしい。。

 

 

 

で、18歳で就職して、社会の厳しさを味わいつつもマットウな道に教育頂き、仲間が出来て、彼女が出来てっていうこの20代前半はこの中2病の暗黒の3年感があったからこそ、めっちゃ充実した20代前半でした。

 

 

でもでも、

 

 

20代中盤位でまたまた出てくるんですよね~「なんか俺もっと出来るんじゃね~」感、「もっと別に才能あるんじゃね~」感。

 

 

仲間とか、彼女とかおざなりにしててでも、ほしい渇望が出てくるんですよ。

 

 

 

これが大人の中2病ですが。

 

 

 

ただ、子供の頃の思春期の頃と違うのが、別に人との優劣とかではなく、自分だけのなにかを模索するっていう感じです。わかりやすくいうと「ナンバーワンよりオンリーワン(^_^)」

 

 

 

思秋期の頃のは中2病は、「俺はあいつらとは違う」という自分が優れている願望ですが、大人の中2病は「俺だけの何か」を探す感で、そこに優劣はありませんでした。(^_^)

 

 

 

良く良く考えると世の偉人達ってこういった「俺だけの何か」を探す大人の中2病の人達ばっかですよね。

 

 

大人の中2病はどんどん発症しましょう。

 


背伸び、妄想OKです。

 

 

後はそれをしっかりと正しい目標設定を行い、目標達成の為の技術を駆使すれば妄想は必ず現実のものになります。

 

 

お金に対する負のメンタルブロックを外す【起業・副業×セルフコーチング】

お金に対する負のメンタルブロックを外す。

 

 

起業、副業、年収を上げていくときに外していたいのがお金に対する負のメンタルブロックです。

 

 

日本人の中では真面目に働いて給料を貰うという事が正義です。

 

 

 

日本人はとりわけ「お金は汚いもの」というメンタルブロックが非常に強い人種です。これはあなたの問題と言うよりも日本の教育に問題があるのかもしれません。

 

 

 

メンタルブロックが強すぎるから、GDP世界トップクラスでありながら同時に世界最高クラスの自殺大国という一風変わったお国です。

 

 

 

これから、あなたが影響力や年収を上げて行く過程でこのお金に対するメンタルブロックを外しておかないと、不幸せなお金持ちになってしまいます。

 

 

 

影響力、年収が多くなればなるほどです。これは、車の運転に例えるならブレーキを踏みつつも、アクセルを踏み抜いているような状態です。健全な状態ではありません。

 

 

かなり強力な足枷となります。

 

 

では日本人はお金を求めていないのか?

 

 

試しに「お金」というキーワードでのインターネットでの検索キーワードの閲覧数を調べてみました。↓

 

検索グラフでは2011年位(リーマンショック辺り)から検索数が急激に増加傾向にあり、「お金」というものへの関心が高くなっていることがわかります。

 

 

「お金は汚いもの」という社会的通念の中にあって人々が深層心理の中で「お金」というものに対しての欲求がある事は確かです。

 

 

これはしっかりと認識しておく必要があります。

 

 

発展途上国の国々では非常にお金に対して貪欲です。そして学びに対しても同じく貪欲です。

 

個人が影響力を高め、グローバル化の競争の中で切磋琢磨していく時代に、この半ば矛盾した日本人のお金のに対する考え方、メンタルブロックは絶対に外さなければいけません。

 

 

 

ただし、メンタルブロックを外すといっても「お金は汚いもの」という極端なメンタルブロックの意識をニュートラルな状態にするだけで良いのです。

 

 

 

私たちは友人、知人から物をもらったり、仕事を手伝ったりしてもらったら「ありがとう」と言います。

ただ、お店で商品やサービスを提供してもらったら「お金」を支払います。

つまり、「お金」という物は「ありがとう」と対価なのです。

 

 

 

お金を稼ぐというのは「ありがとう」を貰う数を稼ぐ事になります。収入が上がるというのは、それだけ「ありがとう」をもらった数が増えたという事になります。

 

 

 

『お金=ありがとうをもらった数』と考えるだけで、お金に関するメンタルブロックがスーっと外れて行きます。

 

 

 

さて、影響力を高めていく時には、このお金のメンタルブロックに代表される様々なメンタルブロックが時折あなたの行動、決断の邪魔をします。

 

 

 

これはあなたが成長し、次のステージに進もうとしている証でもありますが、人は変化を恐れる生き物なので、このメンタルブロックを根性や精神論で振り切って事を進めたとしてもあなたは幸せに成果を上げる事は出来ません。

 

 

 

私のメルマガでは、この影響力を高める上での立ちはだかる様々なメンタルブロックの事例や、その解消の仕方を脳科学や心理学の観点から教えしています。さらに一緒に目標達成に関して努力、高め合える仲間も募集しております。是非メルマガご活用下さい(^_^)

 

 

情報発信のメンタルブロックを外す【起業・副業×セルフコーチング】

 

情報発信のメンタルブロックを外す【起業・副業×セルフコーチング】

 

 

これから旧来の生き方でなく自分ブランド、影響力を高めて行きたいと考えているのであれば情報発信は必須だと思っています。

 

 

専門性を絞り、情報発信して、人に認知してもらい見込み顧客、クライアント(会社内の場合は信頼という言葉が一番合うかな。)を獲得していく。

 

分野を決めて情報を発信。

情報を発信している内にその分野に詳しくなる。

情報は発信する人の元により集まる。

さらに詳しくなった情報を発信。

情報を発信すれば一定数あなたの情報を求めるファンが出来ます。

濃い情報が継続して発信出来れば、その媒体がひとつのメディアになります。
本来ハードルが高いこのメディア作りも、SNSを代表するweb媒体を使えば個人でも簡単に行える様になりました。

 

 

かつてない程素晴らしい時代だと思います。(^_^)どんどん個人が活躍の場を広げている時代です。この流れに乗り遅れないようにしましょう。

 

 

ただ、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム等のSNSの普及により、個人が日常的に情報を発信しているので、現代人の情報発信への心理的抵抗は弱まっている様に思えるのですが、いざ、「専門性」 「価値のある情報」と構えてしまうと自分発信=情報発信へのメンタルブロックがある方は多いようです。

 

 

私なんかで人様に役に立つような情報発信は出来ないというメンタルブロック、心理的障壁があるみたいです。謙虚さ=日本人の美徳みないな。

 

 

先生で無いといけないとか、
偉くないといけないとか。
実績が無いといけないとか。etc

 

 

でも、実際はそんな事は有りません。ありえません。

 

 

こんな体験はありませんか?↓

 

自分が詳しい、好きな分野の本を読んだりしていて、「自分でもこれ位の事はわかる。」という体験。

「むしろ自分の方が鋭いのではないか?」という感覚。

業界の中にいる人よりも純粋に趣味として楽しんでいる分、その分野を客観的に分析できていたりします。

 

 

仮に、そこまでの知識がなくても、初心者の観点からの意見なんかも共感を生む情報として需要はあります。

 

 

情報の価値は読み手が勝手に決めてくれますので、初めはそういった考えに捕らわれずに、何かしらの気づききっかけを与えれれば(読み手が勝手に感じてくれたりします。)良い。というスタンスで考えると自然と情報の発信が出来ないというメンタルブロックはスーッと外れていきます。

 

 

 

それに、書いているうちに、どんどんその分野に詳しくもなって行きます。情報は発信する人の元により集まり、さらに情報発信力が高まるからです。

 

 

 

さらに言えば、私がオススメする方法として、その分野の本を10冊位買い漁り、自分の思考のフィルターを通して発信するという事(コピペやパクりはだめですよ)をすれば、これだけであなたは立派な専門家になれます。

 

 

 

正しい実力、圧倒的な成長は後から付いてきます。

 

 

 

まずは読者に気付き、きっかけを与えれれば良いという程度のベイビーステップで情報発信して行きましょう。

 

 

さて、影響力を高めていく過程で、この情報発信のメンタルブロックに代表される様々なメンタルブロックが時折あなたの行動、決断の邪魔をします。

 

 

 

これはあなたが成長し、次のステージに進もうとしている証でもありますが、人は変化を恐れる生き物なので、このメンタルブロックを根性や精神論で振り切って事を進めたとしてもあなたは幸せに成果を上げる事は出来ません。

 

 

 

私のメルマガでは、この影響力を高める上での立ちはだかる様々なメンタルブロックの事例や、その解消の仕方を脳科学や心理学の観点から教えしています。さらに一緒に目標達成に関して努力、高め合える仲間も募集しております。是非メルマガご活用下さい(^_^)

 

 

大分県コーチング、メイク・センス平松様とお会いしてきました。

 

大分県中津市にて起業、目標達成コーチとしてコーチング、コンサルを提供しております。

 

 

おかげさまで多くの方からご相談を受ける機会が多くなってきました(^_^)

 

 

そんな中、本日株式会社メイク・センスの平松様とお会いする機会があり、お話をしてきました。

 

 

株式会社メイク・センスは、大分市にあるコーチング、人材紹介事業の会社になります。↓

 

トップ

 

 

 

ちなみに私は個人事業でやっているコーチングになります。

 

 

 

私の地元の大分県ではまだまだまだまだコーチングは普及していない土壌なので、コーチングの会社は目に付くし、凄く親近感が沸きます(^_^)

 

 

 

株式会社メイク・センスの会社を訪問して実際30分程の時間でしたが、大分県のコーチングの実情や近況方向や、新規事業(一般社団法人 大分コーチング協会)のお話し等々色々とお話し、平松様の話やすさもあり楽しい時間、刺激を貰える時間となりました。今後もお互い協力できる事は協力していきたいと思いました。(^_^)

 

 

 

その後も定期的に気に掛けて頂いてラインでメッセージ等頂いたりします。私の場合は法人様との契約がまだないのでイソイソと個人向けに目標達成コーチングのセッションで動いております(^_^)

 

 

 

あなたの掲げている目標が全て達成出来るとしたらあなたの人生はどう変化しそうですか?

 

魂から湧き出る情熱(=コア)を元に、望む未来を実現するセッションサービス提供しています。

【体験セッション受付中】

 

正しい目標設定とは?

 

 

日々人々と接するときに感じる事は目標を達成できない人は、目標を立てる時点で間違った”思い込み”を持っています。

 

 

 

つまり目標に対して勘違いしているという状態です。

 

 

 

どんな勘違いなのか?
1、目標は「未来」を変えるもの
2、目標をできるかどうかで決める
3、目標を達成できない自分はダメな人間だ
4、達成するまで目標を変えてはいけない
5、目標の「期限」は”締め切り”だ
こんな勘違いがあると感じます。

 

 

目標は未来を変えるものではなく、【目指す未来の為に今どうしたらいいのかを明確にする】ものです。

 

 

目標はできるかどうかで決めてしまうと、行動できなくなります。【目標とは、仮に達成できなかったとしても、「今」の行動を変え、自分を成長させるもの】でなければなりません。

 

 

目標とは『成長すべき自分を明確にする』ものです。ですから目標を立てる本当の目的は、「成長」する事で、「目標達成」は手段に過ぎません。

 

 

目標は自分を成長させていく事が目的なので、日々成長しているあなたは、成長の先が常に変わるので、目標は細かく再設定する必要があります。

 

 

日本人の多くは、期限は守らないといけないものだと思い込んでいます。これは大きな勘違いで、目標の期限とは本来【どのくらいのスピードで成長するのかを確認する】だけのものです。

 

 

目標設定を勘違いしたまま行うと、本来あなたが得る事ができた夢や、可能性を奪う事になります。

 

 

私は目標達成のプロです。是非活用下さい。

 

 

魂から湧き出る情熱(=コア)を元に、望む未来を実現するセッションサービス提供しています。

【体験セッション受付中】