天職の見つけ方【キャリアコーチング】

 

 

 

さて、今日は『天職の見つけ方』というテーマで書いてみました。

 

 

 

 

自分の『天職』が知りたい!『自分の天職は何か?』これは、私が20代の時に【猛烈に熱望】し、どうしても知りたかったことです。

 

 

 

 

当時、機械エンジニアとして働いていた私は、今の仕事が自分に向いているのか?向いていないのか?これが分かりませんでした。

 

 

 

仕事内容が好きか?と問われると特に好きではありませんでした。

 

 

 

 

かと言って、苦手か?と問われると、それなりコツコツ黙々やる事は好きだったし、センスもそれなりにあり、苦手ではなかったようです。

 

 

 

 

今になって振り返ってみても結局のところ向いていたのか?向いていなかったのか?分からないというのが正直な気持ちなのです。

 

 

 

 

ただ、一つだけ確信を持って言えたことは何かというと

 

 

 

 

この仕事は自分の人生を懸けてやるべきことではないということでした。

 

 

 

 

この事だけはハッキリしていました。

 

 

 

 

ですので、当時の私は自分の『天職』を知りたくて知りたくてたまらなかったんですね。

 

 

 

 

 

そして、27歳のとき私は天職を知りたくてあるセミナーに参加をしました。

 

 

 

 

 

そこで、講師(後の師匠)から天職の見つけ方を教えてもらったんです。

 

 

 

 

 

皆さん、知りたいですか?

 

 

 

 

 

私はその見つけ方を聞いて実はとってもガッカリしたんですよね。。

 

 

 

 

 

知りたいですか???

 

 

 

 

 

ガッカリしたくない人はこの後を読まない方が良いです(><)

 

 

 

 

天職の見つけ方・・・

 

 

 

 

 

 

それは、、、、、

 

 

 

 

 

今、与えられている目の前の仕事に心から感謝をして全力で取組むことです。

 

 

 

 

当時の私は、『これさえやれば天職が見つかる!』みたいな、魔法の杖が存在すると思っていたのですが

 

 

 

 

答えは全く自分の期待と違うもので、それはそれはガッカリしたものです。

 

 

 

 

ガッカリはしましたが【魔法の杖】なんて存在しないということが分かっただけでも当時の私には価値がありました。

 

 

 

 

 

その時からです。

 

 

 

 

私が機械エンジニアという仕事に全力で取り組むようになったのは。(起業を目指して副業はやっておりましたが)

 

 

 

 

言われたことは真実だったと今は思っています。お陰で道を切り拓くことができました。

 

 

 

 

 

当時は自分の天職もやりたい事も、向いている事も分かりませんでした。機械エンジニアという今の仕事が、将来どのように役立つのか?全く分かりませんでした。

 

 

 

 

 

しかし、ロジカルに考える能力は、今の仕事に大いに役立ってくれています。

 

 

 

 

セミナー設計や全体の構成を考えるときにとてもとても役立ってくれています。目の前の事に全力を尽くすことが出来るようになったおかげで今があります。

 

 

 

 

『今の仕事は自分に向いていない・・・』

 

『今の仕事が何の役に立つんだろう・・・』

 

 

 

と、皆さんの中に当時の私のような状態の方もいらっしゃるかも知れません。

 

 

 

もしかしたら答えは見えなくても良いのかもしれません。

 

 

 

 

後になって分かる事って人生においては沢山ありますよね。(^_^)

 

 

 

 

今は意味付けができなくて迷うこともあるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、今の仕事を選択しているのは自分なので、何かしら必ず意味があるのだと思います。

 

 

 

 

 

大切なのは全力で打ち込むこと。

 

 

 

 

私はそのような生き方をしている人は、必ず本来のステージへと導かれてゆくと信じています。

 

 

 

 

そして、天職についてもう一つ。

 

 

 

 

幸運なことに、天職に出会えたとします。

 

 

 

 

天職に出会えたからといってその道で必ずしも成功できるという訳ではないということも知っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

天職を生きるためには『覚悟』が必要です。

 

 

 

 

何かを始めるときには『決断』が必要で、また何かを成し遂げるためには『覚悟』が必要となります。

 

 

 

 

 

人は、自分の天職を生き始めると様々な方法で『試され』ます。

 

 

 

 

 

いわゆる、試練というやつですね。

 

 

 

 

『お前の覚悟は本物か?』と。

 

 

 

 

 

そこで諦める人。

 

 

 

 

 

自分を信じ抜く人。

 

 

 

 

 

私は自分を信じ抜く人で在り続けたいと思っています。

 

 

 

 

 

試練を楽しめる人で在り続けたいと思っています。

 

 

 

 

ちなみにですが、私の体験セッションでは天職を見つけやすいよう自分自身を深く見つめ、自分の価値観を可能な限り明確にしていきますので興味のある方は体験セッションを受けられて下さいね。

 

 

 

近道になると思いますので。

 

 

 

掲げた目標が全て達成出来るとしたらあなたの人生はどう変化しますか?

⇒【体験セッション受付中】

 

 

 

本物の情報だけを身につけていく。検索を制する。

検索を制する、本物の情報を身につけていく。

 

成果を上げていくときに絶対に必要なもの。

 

 

 

それは情報です。

 

 

 

成果を上げる為、目標達成の為にまずは必要な情報を手に入れる必要があります。

 

 

 

そして、今の世の中は問題を解決する方法は世の中に沢山溢れてはいます。

 

 

 

今の時代、Googleで検索すれば望みの回答を得るのはそんなに難しくありませんからね(^_^)

 

 

 

なので何か新しい事、未知のものにチャレンジする時にはまずは徹底的に検索してほしいと思っています。

 

 

 

 

ただ、皆さんも既にご存じだとは思いますが、グーグルで検索した情報は玉石混合。

 

 

 

 

本物の情報もあれば、嘘もある。

 

 

 

嘘の情報を掴んでいるうちはあなたが成果を上げることはありません。

 

 

 

私はこの中で本物の情報だけ身につけていってほしいのです。

 

 

 

本物の情報を蓄えていくことが出来れば、あなたの成果があがらないわけがないからです。

 

 

 

本物の情報の考え方に一時情報という考え方があります。

 

 

 

一次情報:一流の人間や、一流の研究者が発信している上流の情報。

 

 

 

そして2次情報:末端に流れてくる情報、多くの場合は一部の人間の利権を守るための情報になっている為、質の悪い情報になっている。(極端な例 暗号通貨を今買えば間違いなく今後上がるetc)

 

 

 

確かに一次情報を得ることが出来るポジションにあなたがいればそれに超したことはないのですが、多くは不可能だと思うので、私が言う本物の情報というのは、どんな情報でも良いので(なるべく一次情報に近い方が望ましいが)あなたが、まずは情報を元に行動してみて、その結果得られる情報のことを私は(あなたに取って)本物の情報と考えています。

 

 

 

本物の情報が増えれば増えるほど、あなたが情報を精査する感度は上がっていきます。なので最初はどうしても行動が必要なのです。

 

 

 

成果を上げる為、目標達成の為にまずは多くの情報に触れる必要があります。

 

 

 

納得を手放す事で得られるものがある。

納得を手放す

 

 

 

「でも」「だって」「出来ない」は悪魔の言葉なんじゃないかと思っています。

 

 

 

私は20代の頃から多くのチャレンジをしてきました。

 

 

 

 

でも、実際の所はチャレンジしている気になっていただけでした。

 

 

 

 

最終的にいつも自分自身の「でも」「だって」「出来ない」を手放すことが出来ずに、中途半端な結果しか得ることが出来なかったからです。

 

 

 

 

仮にあなたが現状に満足を出来ていない人で、この言葉が口癖であれば注意が必要です。

 

 

 

 

この言葉を発する限りあなたの人生はずっと満足出来ない人生になってしまうからです。

 

 

 

 

人が大きな成果を手に入れる時は、自分自身の何かを手放さなければいけません。

 

 

 

 

「納得を手放す。」

 

 

 

 

納得できない事の差はあなたと、あなたが望む成果を持っている人との差です。

 

 

 

 

大事なのは「でも」「だって」「出来ない」の言葉が出そうな場面で「どうしたら出来るのか?」を考える。

 

 

 

 

一番最短で成果を上げる方法があがる方法はあなたの望む成果を持っている実績のあるメンターを決めて、メンターの言う事を愚直に実践する。

 

 

 

 

これだけです。

 

 

 

 

モデリングという技術です。

 

 

 

 

でも多くの人はコレが出来ません。

 

 

 

 

「でも」「だって」「出来ない」で自分自身を納得させるから。

 

 

 

 

現状維持を望むのであればあなたの考えは100%正しい。

 

 

 

 

でも、大きな変化を求めるのであれば、この考えを手放さなければいけません。

 

 

 

 

でも、これってそんなに難しくないんです。

 

 

 

 

自分自身の可能性を信じる事が出来れば。

 

 

 

 

私が今後提供する方法、在り方を愚直に実践すれば、あなたが望む年収、あなたが望む未来は確実に手に入ります。

 

 

 

 

守、破、離の考えのうち、「守」の部分ををしっかり実践するだけで手に入ります。

 

 

 

 

大きな変化があなたにもたらす恩恵を考えれば、全然難しくありません。

 

 

 

 

私は望む未来を実現する為の環境をあなたに提供する事が出来ます(^_^)

 

 

 

目標を達成する為のセルフイメージ(自己認識)の書き換え

目標を達成する為のセルフイメージ(自己認識)の書き換え

 

 

 

 

あなたは成功するにふさわしいセルフイメージを持っていますか?

 

 

 

自己効力感という言葉があります。
カナダ人心理学者アルバート・バンデューラが提唱したもので、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できるかという可能性の認知。セルフエフィカシーとも表現される。

 

 

 

心理学の世界では、自己効力感、自己肯定感(自分は出来ると言う感覚や自分で自分を認める感覚)が高い人ほど、仕事やプライベートで高い成果を上げて、幸せに人生を歩んでいると言われています。

 

 

 

いかに自分のセルフイメージを高く保つことが出来るか、いかに自己効力感を上げるかがあなたの人生を大きく左右すると言うことです。

 

 

 

私のコーチングではこの自己効力感、セルフイメージを取り扱います(^_^)

 

 

 

つまりは自分のセルフイメージ(自己認識)を書き換えます。

 

 

 

 

下の図はニューロロジカルレベルと呼ばれる人の行動心理学的な階層なんですが

 

 

見てもらって分かるように行動心理のベース(下地)は環境です。

 

 

 

 

今いる環境によってその人の行動が変わり、能力が決まり、価値観が決まり、自己認識すらも決まってしまうというもの。

 

 

 

良く成功者が「環境がすべて!環境を変えろ、整えろ」というのもこれが起因しています。

 

 

 

そして、マザーテレサの言葉にも、
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

 

この様な言葉がありますが、あれもまさにこの行動心理学、ニューロロジカルレベルの事が含まれています。

 

 

 

 

ただし、私の起業コーチングのアプローチとしては逆からアプローチします。

 

 

ニューロロジカルレベルの頂点のセルフイメージ、自己認識から書き換えます。

 

 

自己認識が変われば、価値観も変わるし、価値観が変われば自ずと能力も変わってくるし、(←ここは前後する⇒)行動も変わるし、最後に環境が変わります。

 

 

環境から変えていくのも確かに一つの選択肢です。ただ、これって時間が掛かります。

 

 

でも自己認識を変えるのって、一瞬です。

 

 

最速最短で成果を目指す為にはニューロロジカルレベルの上からアプローチするんです。

 

 

例えとしてわかりやすいのが、ワンピースのルフィ。彼はコミック一巻の冒頭から「俺は海賊王になる!」と宣言しています。力も弱い、仲間もいない、船もない。航路もわからない。でも自己認識は「海賊王になる男」なのです。

 

 

そして、海賊王にふさわしい能力や、仲間、必要なものはあとから集まっています。

 

 

そして最終ルフィーは海賊王になる(のでしょう)のです。最後に環境が手に入ります。

 

 

最速最短で成果を上げる為の、セルフイメージ=自己認識からの書き換えとはそういう事です(^_^)

 

 

ただ、どのようなセルフイメージを持つのかというのは本当に大事です。セルフイメージが全てを作るからです。

 

 

 

あなたが心の底から「達成したい!」と思う目標にに繋がるセルフイメージが必要です。

 

 

 

ここがズレていると本当にキツいです。アクセルはしっかり踏んでいるけど、ブレーキも同時に踏んでいる自動車のようなものです。

 

 

 

だからこそ絶対に正しい目標設定、正しいセルフイメージのセットアップが必要なのです。

 

 

 

やる気が出ない?やる気と行動の原理原則【目標達成コーチング】

やる気と行動の原理原則

 

 

やる気が出ない?

 

 

 

人は、できないことに 思い悩むことはありません。

 

 

 

例えばあなたは、アメリカ大統領になれない!・・・と、思い悩むでしょうか???

 

 

 

まず、悩まないですよね(^^)

 

 

 

ということは、今、あなたが悩んでいるということは私はできると知っている。可能性を感じている。という何よりの証証拠です。これは脳科学的な真実です。

 

 

 

今すぐ悩むことをやめて『やる!』と再度、決断しましょう!(コミットメント)

 

 

 

これは目的を達成する為に今できる行動をするという決断です。

 

 

 

決断というのは状態(自分の気持ち)なので常に変化し続けます。

 

 

 

変わり続けるものだから 自分でコントロールしなければなりません。自分でコントロールすることを手放してしまったら 自分以外の何かにコントロールされてしまうことになります。

 

 

 

それによって、人生そのものを外部にコントロールされてしまうのです。そして、決断しなおしたのなら すぐに行動を起こすことです。

 

 

 

決断した瞬間からモチベーションは下がり始めます。

 

 

 

ですから、決断した瞬間に何らかのアクションを 起こさなければなりません。どんな些細な行動でもOKです。

 

 

 

そして、その行動を起こした自分を すかさず承認して更にモチベーションを高めていきます。モチベーションが上がらないから行動できないと言う人がいます。

 

 

 

その人は、 人間心理、行動心理、脳科学を理解していません。

 

 

 

モチベーションが上がらないから行動できないのではなく行動しないからモチベーションが上がらないのです。

 

 

今すぐ悩むことをやめて『やる!』と再度、決断しましょう!