メルマガ配信スタンドのメール到達率について【個人起業コーチング】

メルマガ到達率について【個人起業コーチング】

 

 

私が利用しているメルマガ配信スタンドはエキスパートメール、略してエキスパです。

 

 

メルマガについては最近本当に届きにくくなったというイメージが強くあります。個別のメールのやり取りでもたまに迷惑メールに入ってしまい(自分のメールが入ったり、相手のメールが入ったり)やり取りが上手く行かないと言うことも多々あります。

 

 

メルマガ到達率についての話はエキスパの中で七星明さんが重大なお話として話されておりますが、↓

 

 

各メール送受信サービスで迷惑メールを判別するアルゴリズムも色々と変化しているようで共有アドレスでのメルマガの配信をしていると届きにくくなっているとの事。

 

 

個人間で利用すると届くメールアドレスがメルマガで配信すると届かなくなると言う理屈はちょっとわからないのですが、

 

・新しいIP、ドメインのアドレスはブロックされる
・送信者のアドレスを評価している
・古いドメイン、オールドドメインは評価される
・受信者の迷惑メール判定も評価材料
等々のアルゴリズムが適用されるとの事。

 

 

アルゴリズムと言うと、グーグルでのパンダアップデートとかペンギンアップデートを真っ先に思い浮かべますがメール送受信サービスでもそう言ったアルゴリズムがあるのですね。

 

 

ここでも良質なコンテンツ以外では評価されないアルゴリズムが適用されつつあるのですね。

 

 

元はと言えばスパマー対策なのでしょうが、本当に迷惑な話(‘_’)。

 

 

エキスパさんでは、到達率を上げるために、各送受信サービスさんにも連絡を取り、エキスパのメール到達率向上を図っているとの事。

 

 

当然、配信者側にもチェックを行い良質な配信者のみをエキスパ利用権限を与えるようにも行動しているようです。

 

 

現在はこのように、配信者側のメルマガコンテンツにまでチェックが入る時代になっていると言う事です。各期間で手間は掛かってしまいますが、良質なコンテンツ全盛な時代になってほしいと切に思いますね。

 

 

今日はメルマガの雑学についてでした(^_^)

 

 

無料オファーアフィリエイトとは?やり方、始め方

 

今日はマーケティングの一種、無料オファーアフィリエイトについてです。

 

 

 

無料オファーアフィリエイトとは

無料オファーアフィリエイトというのは、プロダクトローンチと呼ばれるマーケティング手法により派生したアフィリエイト方法なのですが、ここはあまり覚えるようなものではないですが一応記載。↓

 

 

 

プロダクトローンチ・・・・ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の中の販売手法クロージング部分に当たるものです。 爆発的な報酬成果を目指すクロージング手法という認識が強いです。 予め発売が決定している商品を発売と同時に爆発的成果をだすための手順を細かく細分化して体系化したマーケティング手法と言えます。

 

 

 

 

要は、顧客になりうる人のメールリストを集めたい人がいて、あなたのブログやメルマガ等の媒体でLPや紹介文章は既に用意しているので代理でメールリスト取得を行ってくれませんか?リスト取得数に応じて報酬をお支払いしますよ!というのが無料オファーアフィリエイトになります。最大の特徴はメールリストを取得すれば報酬が発生するので、無料なのに報酬をもらえるという点です。

 

 

 

高額なものほど売ることが難しいアフィリエイトにおいて、非常に成果を上げやすい副業アフィリエイトが無料オファーアフィリエイトと言えます。

 

無料オファーアフィリエイトはどんな人を誘えば承認されやすい

無料オファーは無料の物(メールアドレス登録)で報酬が発生する為、無作為に手当たり次第に流せば、成約されると考えられがちですが、それでは成約率も低くなりますし、オファーの信頼値も低くなり、紹介を依頼する側の利益にも、紹介者側の利益にもなりません。

 

 

 

原則論として無料オファーの紹介案件に興味がある、もしくは近いカテゴリー媒体での紹介をするようにすれば、成約率も上がり、紹介を依頼する側ともwin-winの関係になれます。

 

 

 

【アフィリエイト案件に興味がある人】【投資案件に興味がる人】【物販案件に興味がある人】【起業に興味がある人】少なくともこれ位のカテゴリー分け位はして、無料オファーは流したいものです。

 

 

 

FX投資に興味がある人に、株や仮想通貨の投資案件を流す位は良いですが、アフィリエイトカテゴリーの人間にFX投資の案件を流しても暖簾に腕押しです。

 

 

 

あくまで代理人としての立ち振る舞いを心掛ける事が大事です。無料オファーの案件によっては「趣旨・意義を確認及び賛同した上で紹介する義務があります。」と厳しい記載がある案件もあります。

 

 

無料オファーアフィリエイトとお金と信用の話

煙突町のプペルでおなじみキングコングの西野さん。

 

 

 

最近私は彼が好きです。なんていうか出る杭は打たれるけど、出過ぎた杭は打たれないを地で言っている感じが非常に好きですね。

 

 

 

大分県のイベントで「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」の本も買いましたし。

 

 

 

その中でお金について興味深いことが書かれています。

 

 

 

「僕はテレビに出て、スポンサーに気に入られるようとするような嘘は言わない。それでは、わかる人には嘘と分かり、信頼をなくしていく。

 

 

 

お金を得るよりも、信頼を得ることが大事。信頼があればお金は後からついてくる。」

 

 

 

なるほどと思わず感心してしましました。芸人さんで、ここまでお金の事に対して知識を持っている人は、引退した島田伸介氏位しかいないのでは・・・。

 

 

 

無料オファーでもこの感覚は非常に大事です。

 

 

無料オファーでまるでトンチンカンなカテゴリーの無料オファーをあなたの媒体で紹介するとあなたな信頼値はぐっと下がります。

 

 

 

メルマガでポンポン無料オファーを流す度に信頼残高はどんどん引かれて行きます。

 

 

 

ただ、確かな無料オファーを流す事はあなたの価値を上げますし、適した情報を流すことはあなたの集客媒体の価値を上げますが、無作為に無料オファーを流すことは無料オファーアフィリエイトでは厳禁です。

 

 

 

ブログ運営なら無料ブログとワードプレスどっちがお勧め

無料ブログとワードプレスどっちがお勧め


画像出典元:https://jp.pinterest.com/pin/460563499370557260/

 

 

ブログを始める時、もしくはブログを書き始めて一時すると、独自ドメインでのワードプレスに移行したくなります。そして無料ブログとワードプレスはどのような違いがあるのかも気になると思います。

 

 

無料ブログで一日100PVあるけど、ワードプレスにすればアクセス倍増か?と思っていませんか?

 

 

ブログ初心者の方に良くある間違いが、独自ドメインでサーバーを借りて運用するタイプのワードプレスブログにすれば、黄金郷のようなアクセスが期待できるという勘違いです。結構多いんです確かに無料ブログに比べて、ワードプレスの優れた点というものも多数あります。が無料ブログと比べて、3倍も4倍もアクセスが集まるというものではありません。運用次第では、逆に無料ブログよりもアクセスが落ちる事も十分にありえます。

 

 

私は現在は全て独自ドメインでのワードプレス運用ですが、どちらも使用した経験がありますので両者のメリット、デメリットを書きます。

 

 

●無料ブログのメリット
・手軽さ
無料ブログのメリットは無料ブログサービスに登録すれば、だれでもすぐ始められる手軽さがまず第一ですね。

・無料
無料ブログの利用料は基本的に無料です。(広告を消す等のオプションで有料になる場合もあります。)

・記事のキャッシュの速さ
通常であればwebコンテンツというものは、web上にアップロードすれば(ブログであれば記事を更新すれば)web上にはすぐに公開されますが、検索エンジンからの流入はすぐには期待出来ないものです。ただ無料ブログでは無料ブログ自体のドメイン自体がある程度グーグルからの信頼を持っていることで、記事を公開してすぐに、この検索エンジンからの流入が早期に期待出来るという絶対的メリットがあります。この事をキャッシュが早いと表現します。

 

●無料ブログのデメリット
・カスタマイズに制限がある
FC2ブログなど比較的カスタマイズしやすいブログも存在ますが、ヘッダー、コンテンツ一、サイドバー、フッター、等のカスタマイズが制限があります。(初心者の内はあまり気にならないかもしれませんが、一度ワードプレスを経験するとここら辺は我慢できないレベルになってしまいます)
・広告が入る
サイドバーや、記事下の一番クリック率が高い位置に広告が勝手に差し込まれます。(無料ブログが無料で利用できる所以は、サービス提供側がこの広告で収入を得ているからです。一応一部無料ブログサービスでは、この広告を有料で消すオプションも存在しています。)
・凍結リスクがある
特に運営側にとって、迷惑にならない様努めていても、いきなりブログが凍結される事がありえます。結構グレーな行為をしているのならなおさら凍結リスクは高まります。今まで書いてきた記事がすべて無意味になってしうので、バックアップ等は必ず取るようにしましょう。一番のデメリットはこの凍結リスクだと思います。
・記事SEOにおける競合性でドメイン被りの問題がある。
例えば、ブログの正しい書き方というタイトルで記事を書いたとして、同じような記事を同一無料ブログ内で書いている人がいると、同じドメイン内で検索上位表示される数に限りがある為、無料ブログ内のSEO勝負で勝たなければ、その記事はweb検索表示されません。要は書く記事によってはweb検索表示の競合性が高くなる可能性があります。

 

●独自ドメイン ワードプレスのメリット
・カスタマイズに制約がない
無料ブログとは比較にならないレベルの様々なテンプレートが無料、有料で手に入れることが出来る為、カスタマイズ、自分好みのブログが出来ます。会社のホームページ等も十分にワードプレスで作成することが出来ます。
・広告が入らない
自分オリジナルのブログですので、広告等が差し込まれることがありません。自分がプッシュしたいリンク、バナー等に誘導しやすくなります。
・凍結リスクが無いため資産化出来る。
レンタルサーバー、ドメインを契約している限りは、ブログは存在し続けますので、無料ブログのような凍結リスクが存在せず、ゆっくりと時間をかけてブログを資産化出来ます。
・無料ブログとは逆にドメイン被りの問題が無い
自分だけのドメインですので、無料ブログの様に他のwebサイトとドメイン被りが無い為、キーワードの競合性が若干低くなります。

 

●ワードプレスのデメリット
・導入に一手間かかる
レンタルサーバーを契約して、ドメインを取得して、ワードプレスをインストールして初めて利用が開始できます。
一昔前はこれらは、かなり難解な作業でしたがワードプレスが一般化したことで、各サーバー会社共にマニュアルor代行が充実し、比較的簡単にワードプレスを利用できるようにはなっています。
・コストが掛る
ドメインは年間で数百円程度ですが、レンタルーサーバー代が月1000円位掛かります。
・アクセスが来るまで時間がかかる
無料ブログの様に無料ブログ内からのアクセス等はありませんし、取得したばかりのドメイン内のブログ等はグーグルから信頼が低い為、記事をいくら投入しても中々検索上位表示されません。早い人で1か月、長くて3か月位アクセスが無い時間帯を辛抱できるかどうかが、ワードプレスを運用していく上での初めの分岐点です。ただ、初めに申しあげたように、このアクセスが流入したしたとしても、無料ブログと比べて、2倍も3倍もアクセスが集まるようなものではないという事は理解しておいた方が良いと思います。

 

 

 

無料ブログとワードプレスのSEO(検索エンジンでの上位表示されやすさ)比較についてもう少し詳しく解説してみます。↓

【ブログ開設後~3ヶ月後】

ブログ開設当初(0日~3ケ月)は無料ブログが圧倒的に強いです。元々の無料ブログサービス自体のドメイン(fc2.com、blog.seesaa.jpだったり)にある程度のドメインパワーがありますし、(【例】fc2.com/satshi01があなたのドメイン。FC2ドメイン直下のURLなのでブログ開設当初でもある程度検索エンジンからの評価が高い。)

 

無料ブログサービス側から自然とあなたのブログへの被リンクが色々と発生する事から最初の記事公開後2.3日後から、記事が検索エンジンから認識(キャッシュ)され、アクセスが発生し始める事もあります。

 

 

この様に、無料ブログは記事のインデックスが早く、スタートダッシュが切りやすいです。

 

 

対して、独自ドメインでのワードプレス運用の場合は、生まれたばかりのあなたのサイトは検索エンジンからは一切認識されておらず、被リンクも一切ついていません。

 

 

コツコツと記事を書き貯め、検索エンジンから認識。(ここまでで早くて半月~1ヶ月程)そして、記事のコンテンツに応じて検索順位が割り当てられて、やっとアクセスがポツポツと発生しだします。(ここまでで大体1ヶ月~3ヶ月程)この初期アクセスの遅さに挫折してしまうワードプレスビギナーは多いかもしれません。

 

 

ワードプレスを検索エンジンに早めに認識させる方法として、被リンクが有効なので他にweb媒体を持っているのであれば、積極的に被リンクを送りましょう。とりあえずキャッシュの早い無料ブログを開設し、無料ブログから被リンクを送る事も有効です。

 

 

【ブログ開設後半年~長期間運用後】
独自ドメインのワードプレスでもしっかりとした価値のあるコンテンツ記事を積み上げていけば、記事を更新して数分でインデックス、キャッシュされる位のブログサイトに成長していきます。

 

無料ブログに比べて極端にアクセス数、SEOの力があるサイトになるかと言えば決してそんな黄金郷のようなブログ媒体では有りませんが、ワードプレスブログが絶対的に優れている点を2点紹介します。

 

①無料ブログ運営サイド側の思惑に影響されない。
これはアカウント凍結や無料ブログサービスの終了等の外部環境に左右されないという事も当然そうですが、無料ブログのドメインパワーは結構変動します。

 

年の初めの頃はFC2ブログ全体が上意表示されていたけど、年の後半はシーサーブログがなんか上意表示されやすいみたいな。

 

さらに運営側のさじ加減でブログアカウント凍結等が決定されてしまう無料ブログは、本格的、長期的なブログ運用には向きません。

 

②同一ドメイン内では一つのキーワードに対して上意表示される記事数に限りがあると言う事。
SEOパワーは無料ブログ、独自ドメインブログで最終的には極端な差にはならないと先に書きましたが、ただ、それとは別に検索上位表示をするうえで、無料ブログが絶対的、絶望的に不利なルール、仕様があります。

 

それは、同一ドメイン内での上位表示の枠(推薦枠)には限りがあるという事です。

 

例えば、「ブログアフィリエイトの始め方」というキーワードで書かれた記事は、web上にはたくさん存在していると思いますが、仮にFCブログ内で「ブログアフィリエイトの始め方」について100人が書いていたとしても、実際にFC2ドメイン内で検索上位表示されるのは2記事だけです。(この検索上位枠数についてのルール、仕様は定期的に変わる為、正確に枠数が合っているかどうかはわかりませんが、同一ドメイン内で、キーワードに対しての上位表示の枠数が決まっているのは事実のようです)

 

 

無料ブログの各記事では、無料ブログ利用者間で自然この上意表示枠を争っていることになる為、争いにやぶれたその記事は検索アクセスが望めたい為、アクセスが集まらないという無料ブログならではの弊害が起こります。(無料ブログサービス内でその記事の価値が突きぬけていれば全然問題はありませんが)

 

 

独自ドメイン運用のブログであれば、自分のドメイン内での記事の争いがない分、上意表示の可能性が高くなると言う事です。

 

【無料ブログとワードプレス比較まとめ】

●無料ブログ
【メリット】
費用が0円。簡単に始められる。キャッシュ、インデックスが早い。
ドメインパワーもそれなりにある。
【デメリット】
ブログ凍結リスクがある。ブログサービス終了のリスクがある。
同一ドメイン検索上位可能枠の問題。広告が勝手に表示される。

●独自ドメインブログ(ワードプレス)
【メリット】
凍結リスクがない為、ブログが資産化出来る。
ブログのレイアウト、カスタマイズが自由。
【デメリット】
コストが掛かる。
導入当初のアクセスが皆無。

 

 

 

この様に無料ブログにも、ワードプレスも一長一短はあります。メリットデメリットを知ったうえで、選定しましょう。が、ブログ運営側のさじ加減で一瞬にしてアカウント削除される無料ブログはお勧めできません。資産(記事)を構築出来るという意味でも、早めの独自ドメインでのワードプレス運用に切り替えるのをお勧めします。

アフィリエイトを仕事、本業、専業にする。独立開業する為の考え方

 

 

アフィリエイトを仕事、本業、専業にする。独立開業する為の考え方

 

 

 

アフィリエイトを仕事にする。独立開業する。これってやっぱりアフィリエイトをやる人にとっては最大の目標になりますよね。

 

 

 

「月30万稼げればアフィリエイトで独立する」「アフィリエイトで月30万稼いで、同時にコンサルで起業」等等(^_^)

 

 

 

私はアフィリエイト⇒コンサル⇒コーチング(起業)の流れですが、ここら辺の派生は人それぞれです。

 

 

 

ただ、そこまで行くのにはしっかりと戦略、メンタルのコントロールが必要になります。(私のカウンセリングや、コーチングもそれらの為に役立ててほしいとは思います)

 

 

 

そして、なるべく多くの時間をアフィリエイトの作業、思考に当てることも必要になってきます。私がアフィリエイトで月28万稼いでいた時には作業時間は毎日平日で2時間、休日は4時間位はアフィリエイトに割いていましたし、作業をしていない時間もアフィリエイトの事を考える時間も多かったです。

 

 

 

日進月歩のwebの世界の中でアフィリエイトで独立開業まで考えるのらなおさらです。

 

 

 

ただ、もし、あなたがアフィリエイトを仕事、本業、専業にしたいのであれば、選択肢的に独立開業だけではありません。環境を整えるという意味で、アフィリエイトに携われる仕事、企業の傘の下に入るというのも私は賢い選択だと思います。

 

 

 

大手求人サイトのindeedを初めとする求人サイトでアフィリエイトと検索すればアフィリエイト関連のお仕事はたくさんあります。webディレクター、webプロデューサー、アフィリエイトシステム営業、webデザイナー等の求人が多いですが、単純にアフィリエイトの作業の求人も多いです。

 

 

 

 

 

 

この福岡のテラノヴァと言う会社は、アフィリエイトをやったことある人優遇ですからね。正社員への道もあります。(^_^)

 

 

 

探せばこういう求人はいっぱいあります。

 

 

 

 

アフィリエイトをして給料を貰える、スキルも知識も身につく。アフィリエイターにとってはこういった環境を作る事っめちゃめちゃ必要だと私は思っています。

 

 

 

こういったアフィリエイト集客の仕事になるとほぼ都心(私は九州大分在住なので、福岡にし求人はありません)になってしまいますが、こういった大手求人サイトに頼らず探す(直接企業のホームページの採用情報とか覗くと)結構穴場的な求人もあります。アフィリエイトスクールとか色々とあります。

 

 

 

 

完全アフィリエイトの仕事でなくても、webプロディーサー、webディレクター等のお仕事もアフィリエイトの経験はプラスになりますし、やりがいもあると思います(^_^)

 

 

 

アフィリエイトのビジネス拡大についても動画撮ってみました↓少しでも良いなと思えたら高評価ボタン、チャンネル登録よろしくお願いします(^_^)

 

 

ブログ記事が検索エンジンにインデックスされているか確認する方法

 

今日は「ブログ記事が検索エンジンにインデックスされているか確認する方法」についてです。

 

 

まずインデックスとは何?についてですが、ブログやサイトは記事投稿しただけでは、検索エンジン経由のアクセスがありません。

 

 

グーグル等の検索エンジンがあなたのサイト、ブログのページを認識し、検索結果に表示されるようになってはじめて検索エンジン経由のアクセスが発生します。(リンク経由のアクセスは除外します)

 

 

この検索エンジンがあなたのサイト、ブログのページを認識する事を「インデックスされる」といいます。

 

 

このインデックスされるまでの時間を早くする方法もありますが、基本的には時間経過でインデックスはされます。(インデックスされるまでの時間はそのドメインへの検索エンジンからの評価に左右されます)

 

 

投稿したページが実際にインデックスされているのか調べるてっとり早い方法がそのリンクページを直接検索する方法です。

 

例えばこの記事であれば、URLはhttps://www.t-mental.net/archives/817ですが、

 

インデックスされたかどうか調べたい検索エンジンの検索窓にコピペではりつけて(グーグルとヤフーは同じ検索エンジンを採用しています)、検索してみてあなたのページが表示されればインデックス済み、表示されなければまだ、インデックスされていない状態です。

 

 

※検索結果に自分のサイトが表示されても、投稿した個別の記事が表示されなければまだインデックスはされていません。

 

記事更新しても、検索エンジンからのアクセスがまったくないなと思ったときには、インデックスを確認してみるのも良いと思います。(通常数秒~数日でインデックスされますが、ドメイン取り立てのサイトの場合は1ヶ月~3ヶ月位インデックスされないときもあります。)

 

があまり神経質になりすぎずに、良いコンテンツを更新する事に注力すればいずれ検索エンジンから評価されアクセスも増えます。

 

 

ブログやサイトがインデックスされているか確認する方法でした。

動画でも解説しています↓動画が少しでも参考になったら好評価ボタン、チャンネル登録お願いします。励みになります。(^_^)

ワードプレスブログに目次を付けるプラグイン Table of Contents Plus

 

ワードプレスブログに目次を付けるプラグイン Table of Contents Plus

 

ワードプレスブログに目次を付けるプラグイン

 

ワードプレスの各記事の上部に目次を自動生成出来るプラグインTable of Contents Plusが便利すぎる(^_^)皆さんにも是非お勧めしたいので、紹介記事を書いてみました。

 

Table of Contents Plusとは

 

公式謳い文句は、自動的に目次を生成するパワフルかつユーザーフレンドリーなプラグイン。すべてのページとカテゴリーをリスティングするサイトマップも出力できます。

Table of Contents Plus導入前は

ブログ運用をしていくと記事トップ部にしっかりと目次を表示させることでアクセス満足度が向上しますよ。!というのは良く言われることです。

 

それで、私も以前までは本格的に記事入れしている様なページだけは目次を作るようにしていました。↓

 

手動で。

 

手動で目次を作る時に<H2><H3>等の見出しを付けるのは良いですが、大変なのはその後、目次を設けたい位置に

 

<a href=http:/#a001″>●●●●●●●●●●</a>

をおいて、飛ばしたい、見出し部に

<a id=”a001″ name=”a001″></a>

を設ける。これを目次の項目分繰り返してやっと完成します。

 

メンテンスで見出しを変えたい場合とか、ページのレイアウト、順番を変えたかったりすると、これらのHTML表記も色々と組み替えないと行けなかったりで非常に煩わしかったわけです。

 

Table of Contents Plus導入後は

記事に見出しのタグだけ付ければ、後は自動で目次作成されます。

 

このページの目次が見本になります。目次の場所も色々と変えれますし、目次の色も自由に選べます。↓

 

記事でも、固定ページでも、トップページでも表示出来ます。設定も非常に簡単です。もちろん日本語対応です。

 

プラグイン Table of Contents Plus非常に便利ですので皆さんも是非お試し下さい。(^_^)

 

 

グーグル、ヤフー、bingの流入数比率、検索エンジン使用の割合。

 

検索エンジン対策(SEO)はでも大事な事ですが、皆さんのサイトのグーグル、ヤフー、bingの流入数比率はどんな割合ですか?

 

 

日本での検索エンジンの比率は
グーグル 60~70%
ヤフー  25~35%
bing   3%
その他  数%

と言われています。

 

(私の中では、ヤフーかbingを検索トップで使うので、グーグル60%に違和感を感じるのですが)

 

ヤフーはグーグルの検索エンジンの検索エンジンを採用しているので、実質日本の97%近くはグーグルの検索エンジン頼みになります。実際私のサイトのアクセスの大半は、グーグルかヤフー経由かリピーターです。

 

なのでサイトの各検索順位を確認する時は、グーグルの順位さえ抑えておけば良いのですが、サイトによってはbingからのアクセス数もそれなりのサイトがあったりします。↓

 

調べてみるとグーグルではまったく検索上位出来ていないけど、bingでは検索上位出来ているキーワードがありそこから流入があるようです。

 

あくまで国内シェアの3%ですし、検索一位になったとしてもさしてアクセスが増えるわけではありません。

 

しかもbingのSEO対策については、情報がまったく出回ってはいないので、あまり意識してなにかをする必要もありませんが、ヨーロッパではグーグルが排斥されていたり、普及の端末媒体によってはマイクロソフト社のbingが拡大してきていたりで、世界的なbingのシェアは10%位に拡大してきているそうです。

 

そして、米国では30%超に達しているという。

 

頭の片隅には置いておきたい情報ですね。

 

無料ブログ比較、お勧め【アフィリエイトコーチング】

無料ブログ比較、お勧め【アフィリエイトコーチング】

ブログアフィリエイトでお勧めの無料ブログは(FC2、ライブドア、アメブロ、ジュゲム、シーサー)はどこが良いのか。

 

無料ブログと独自ドメインのワードプレスブログのメリット、デメリットを下の方に書いておりますが、比較して無料ブログで運用したいという方向けの、無料ブログについては私の使用感を書いています。

 

まず無料ブログサービスで私が知っているのは、FC2、シーサー、ジュゲム、ライブドア、はてなブログ、アメブロです。そして私が実際に使用した事があるブログは、使用歴が長い順にアメブロ、FC2、シーサー、ジュゲムです。この4つのブログについてそれぞれの長所と短所を書いていきます。

 

●アメブロ(正式名称アメーバブログ)

会員数は1000万人以上です。「ペタ」や「読者申請」等、SNSの「いいね」や「友達申請」に近い機能がSNSが流行る前に、組み込まれていた事と、運営側が多くの芸能人を囲い込み、芸能人ブロガーが多く芸能人とコミニケーションがとれるブログとして2010年頃に爆発的に会員数が増加した無料ブログ媒体です。

ただ、そういった膨大な会員数と容易にブログ間でつながりが持てる仕様を狙ってビジネス目的やアフィリエイト目的でペタや読者申請する人(多くは自動ツール)が乱立し、営利目的のブログは削除されまくるというブログ自体が荒れた時期がありました。(現在はある程度落ち着いています)。

追い打ちを掛けるように、芸能人のペニーオークション詐欺、SNSの台当によりアメブロ人気は急速に尻つぼみしていきました。

それでも、多くの実働ブロガーはまだまだ健在ですし、アクセスの集まり方が他のブログのように検索エンジン経由というよりは、アメブロユーザー内からのアクセスなので、新たな集客の窓口として使う方が良いと思います。

他のブログで書いた記事が、連動して自動でアメブロにもアップされるような自動ツールも出ています。通常であれば、コピーコンテンツは検索エンジンからは評価されませんが、アメブロに期待することは、アメーバブログ内からのアクセスなので連動投稿も問題ないのです。

どういう理由かはわかりませんが、SEO上はかなりアメブロは弱いブログです。

グーグルは相互リンクをリンクファームというペナルティの対象としていますが、ペタや読書申請で自然と全ブログ間でリンクファーム状態になることが、SEO上に悪い影響を与えているのかもしれません。以前、アメブロ運営にグーグル
から警告文章が届いたという情報もあります。

 

●FC2ブログ

FC2ブログは海外法人が運営しているので、かなりの無茶というか融通が効きます。

それでも、FC2動画等は違法アップロードの温床になっていたので、そこは警察に踏み込まれて(ニュースになりました)それ以降のFC2サービスは健全な路線に回帰しています。

SEOの強さは中々のものです。育った独自ドメインのワードプレスサイトより強いように感じます。

それと、ブログのカスタマイズの幅が広く、オリジナルテンプレートの数、質、有料テンプレートの数、質は無料ブログの中では断トツだと思います。

先に述べたように無茶が効くため、ビジネス目的での利用者が多い事で揉まれてきた副産物だと思います。

 

●シーサー、ジュゲムブログ
どちらのブログサービスも、FC2ブログのシンプルなデザイン性に比べたら、シーサーもジュゲムもブログデザインがポップで可愛い印象で、ビジネス目的には向かないかもしれません。

美容系とかはこちらの方が伝わりやすいかも。

シーサーかジュゲムかどちらが良いかと言ったら、SEOの強さ、カスタマイズの自由度、ネームバリュー等でシーサーブログの方がお勧めです。

以上が私が使用した事のある無料ブログの総評です。

 

【Outlook】Mail Delivery Systemというメールが大量に届くはメールシステム、メールアドレス乗っ取り

画像引用元:https://haken.rikunabi.com/discovery/article/402/

 

こんな現象で悩んでいませんか↓

 

Mail Delivery Systemというタイトルと以下の様な文章メールが大量に届く。一日一回大量(10から20通)に届いてまた翌日に一回大量に・・・・と不定期にどっと押し寄せてくるスパムっぽいメール。

 

This is the mail system at host mbkd0224.ocn.ad.jp.

このメールと共に返信されているメールは一つ以上の宛先に対
して配信できませんでした。

I’m sorry to have to inform you that the message returned below could not be delivered to one or more destinations.

エラーメッセージの原因や対処方法については下記のサイトで
ご案内しております。
http://tech.support.ntt.com/ocn/mail/trouble/errormail/index.html

Solutions for the cause of the error message and please check the following sites.
http://tech.support.ntt.com/ocn/mail/trouble/errormail/index.html

ここから下の部分が【エラーメッセージ】です。

The following is the error message.
—————————————————————–

<gsbcd@videotron.ca>: host mx.videotron.ca[24.201.245.37] refused to talk to
me: 554 vl-vm-csp101.ip.videotron.ca videotron RtHVfM0wNAhRJ :: Your host
[153.149.233.25] is blacklisted by Spamhaus. Please see:
http://www.spamhaus.org/query/bl?ip=153.149.233.25

 

これはあなたのメールアドレスを第3者が勝手に利用して、メール(スパムメール)を送信している可能性が高いです。あなたも利用でいる状態ですが、第3者も利用していると言う状態。

 

一応、OCNのメールであれば、コチラのページでエラーの内容の確認が出来る様ですが、私は分かりづらかったです。

 

 

私がやって解決出来た方法を紹介します。(私の利用環境はOCNメール、Outlookを利用。)

 

やるべき事はOCNメールアドレスのパスワードを変更するだけです。

 

OCNトップページに飛び、【OCNメール】にログイン↓

 

【詳細設定】→【パスワードの変更】パスワードを変更これだけです。

 

後は、Outlookの方でも連動で送受信が出来る様に、【ファイル】→【アカウントの設定】→メールアドセス部分をダブルクリック→【アカウントの変更】のパスワード部分を先ほどのパスワードに変更しましょう。

 

 

 

 

以上が【Outlook】Mail Delivery Systemというメールが大量に届くはメールシステム、メールアドレス乗っ取りについての対応です。

 

以後は同様の被害は発生しておりません。

携帯電話Nokiaがwinndouws phoneを時期OSとして採用する事を決定。

Nokiaがwinndouws phoneを時期OSとして採用する事を決定。
これが意味する事は。。。

 

 

携帯電話の契約数は、世界の人口の80%以上と言われています。
現在の世界人口は70億といわれているので、少なくとも56億台以上が普及しています。

 

 

そしてその多くは発展途上国であり、日本にいるとなかなかかイメージしないものですが、主に音声通話とSMS(簡易テキストメール)だけを使っている人が、そのうちの50%以上を占めているといわれています。(日本の10年前位の感覚ですね。)

 

 

途上国向けの代表的な機種はNokia1100で、日本にとってはなじみがないかもしれませんが、(既に撤退)今までに2億5000万台以上売れています。世界には、電気はまともに来ていないけど、携帯電話の電波は届いているといった場所も多い様です。

 

 

電気がまともにインフラとして整っていないのですから、自転車を使って携帯を充電する機器が、純正オプションとして用意されていたりします。

 

 

彼らにとって、携帯電話はまさに革命でした。それまで銀行に行く手段がなかった為に、銀行口座を持っていなかった人が、携帯電話を入り口として銀行口座を開設できるようになり、生活が大きく向上したり、2011年には中東革命において、携帯電話が重要な武器になったり。

 

 

日本からは撤退してしまったNokiaですが、世界市場では圧倒的なシェアを誇っています。そのnokiaがwindows phoneを時期OSとして採用することのインパクトはios(アイフォン)、Android(アンドロイド)に並ぶ存在が出現する事を意味します。Windowsのユーザインターフェースはsilverlightで作られています。

 

 

これからのweb構築もsilverlightからの導入を考えて、構築していかないといけない時代になりそうです。

 

 

FlashとHTMLの中間の様なこのソフトウェア技術は、パソコン用のwebブラウザでは、普及に失敗した経緯がありますが、数年後にはスマートフォンコンテンツ開発において必須技術になる可能性が出てきました。

 

 

この様に、ITの世界では数の原理がものを言う為、nokiaやwindows phone今後の動向にも注目が必要です。