webスタートアップカフェ×ビジネスの戦略と戦術を理解する

はじめに

 

 

 

 

好きと言うだけで圧倒的に有利!

 

 

 

webスタートアップカフェ訪問ありがとうございます(^_^)

 

 

 

当サイトでは皆さんの強みや資格を活かして起業、スタートアップが出来る様に最大限の支援をさせて頂きたいと思い立ち上げたweb上のスタートアップ支援サイトです。

 

 

 

ただし、自分の資格や強みを活かして独立開業、起業と言っても、しっかりビジネスの戦術や戦略を持っていないとスタートアップは上手く行きません。

 

 

 

起業で売り上げを上げていく為には、強みの他にも

「クライアントを集める技術(マーケティングスキル)」
「クライアントを獲得する技術(セールススキル)」

を初めとするいくつかの「戦略」と「戦術」が必要になります。

 

 

 

戦略とは・・・収益化の仕組み

USP、ビジネスファネル、キー・サクセス・ファクターetc

戦術とは・・・その仕組みを回すために施す具体的な施策

• 新規獲得の手段
無料媒体、有料広告、紹介、足を使う
• セールス力向上、バックエンド販売の工夫

 

 

戦略の誤りは、戦術では挽回不能(いかにカルロスゴーンでも売れないものは売れないと言う事)

 

 

 

 

当webスタートアップカフェサイトでは私が実践で培ったスキルや、知識をまとめています。

 

 

 

 

そしてそういった、スキルや知識の他にも起業の為には強いメンタル、マインドも求められます。

(成功はやり方2割、マインド8割と捉えて下さい)

 

 

 

 

心理面、マインド面についてもNLPコーチとして必要な在り方をコンテンツとして提供していきたいと思います。

 

 

 

 

ビジネスモデルを考える

 

 

 

スタートアップ、起業の為にはまずは自身のビジネスモデルを作る事。

 

 

 

ビジネスモデルがあると

・ やることが明確になる。
・ 誰に、何を学ぶ必要があるのかが分かる。
・ 優先順位が明確になる。
・ どれくらいの規模のビジネスになるかが分かる。
・ どこを改善すればいいのかが分かる。
・ 広告にいくらお金を使えるのかが分かる。

 

 

ビジネスモデルを練る為の3ステップ

1. USPを決める。差別化

 

 

USP(Unique Selling Propositionの略)は一般的に独自の強みを伝えるメッセージと説明されています。ビジネスの差別化という考え方だが、(USPとはお客様への究極の約束)と捉えるとわかりやすい。

 

 

個人起業家の多くはUSPを 持たないままビジネスをしている。 それでは、 お客様からすると違いもわからず 自分にあっているのかもわからず、 結局は爆発的にお客様に選ばれることもありません。

 

 

(例)セブンイレブンのUSP

「セブンイレブン、いい気分」

今でこそ言わずと知れたコンビニエンスストアの最大手ですが、セブンイレブンの当時USPは「セブンイレブン、いい気分」です。(1974年に第一号店が出たときには、7時に開店して、夜の11時に閉店する(だからセブン~イレブン)小売店は大変貴重な存在。これがUSPとしてあっという間に浸透し、ヒットした。

 

 

(例)ドミノピザのUSP

「焼きたての熱いピザを、玄関まで30分以内に。それ以上待ったら、無料で構いません!」

 

 

このUSPが顧客から支持されたのは、30分以内という明確な条件と、ダメなら無料という決意表明です。すなわち時間を守る点に強みを見出し、それを力強く打ち出したことで、顧客の心を掴んでいます。

 

 

このように、 やはり選ばれるビジネスには USPは必ずあるわけです! USPなくして、成長なし!!! あなたのビジネスには、USPありますか? あなたの商品、サービスにはUSPはありますか?

 

 

(USPとはお客様への究極の約束)

 

 

●あなたは何の専門化になるのか?
あなたの強みは?(資格は必須ではないが、あなたの強みである可能性は高い)
ある分野の専門化になることは難しくは無い。専門性が無ければ学べば良いだけ。要はそのようになりたいかどうか?それをあなたが決めるだけ、そしてその一歩を踏み出すかどうかだけ。その道の専門化になる覚悟を決める。

 

●お客様を決める。

※ビジネスとはお客様の問題解決である。

理想のお客様を決める事で、問題の想起がしやすくなる。

「あなたのお客様は誰ですか?」「あなたが解決出来る問題は何?」

 

お客様になってほしい人達に直接リサーチをすれば良い。

「どんな事で困っているか?」「どんなサービスがあれば良いか?」

 

 

2. ビジネスファネルを考える

 

多くの起業家が売り上げをコントロール出来ないのは、戦略としてのビジネスファネルを理解していないから。

 

 

・集客は何でもする(ブログ、ユーチューブ、ツイッター、インスタグラム、チラシ)

・そして集客の方法はいくらでもある。(自分が得意なものを2,3選定する)

・CV(成約率)が高い商品だと、ビジネスが楽。まずはCVを高める。

・初めからファネルを固めすぎずに、試しながら、調整、試行錯誤する。

・ビジネスの売り上げはLD(見込み顧客)×CV(成約率)×LTV(生涯顧客価値)

 

3. キー・サクセス・ファクターをあぶり出す

●あなたのビジネスプランが回り出す注力するべき一つの事は何?

基本的にはスモールビジネスの場合はLD(見込み顧客)の獲得がキーサクセスファクター。

 

私が推奨するのは、メルマガ読者を毎日一人獲得出来れば、月の収益100万のビジネスモデルを構築する事。

※この場合のキーサクセスファクターは「メルマガ読者1日1人獲得」

 

キーサクセスファクターを決めて、ここに注力することであなたのビジネスの売り上げがコントーロール出来るようになります。

 

 

会社を辞めて起業・独立開業しても良いタイミング

 

 

 

●●●が出来たら起業・独立開業して大丈夫。

 

 

 

あなたが起業・開業後どれだけ良い仕事をしても、最終的に『売上』を作ることが出来なければ事業自体を継続することは出来ません。

 

 

 

また、今月売上を作ることが出来たとしても、それが偶発的なもので翌月以降に再現性のないものであればビジネスは上手く行きません。あなたが稼げるようになる為の『継続的な売上』を作る考え方と、起業、独立のタイミングを測る具体的な数値をご紹介致します。

 

 

 

 

まず、ビジネス活動を行っていく上でマーケティングの神様ジェイ・エイブラハムは

 

売上は顧客数×購買単価×購買頻度で決まるといっています。

 

 

 

もう少しわかりやすく変換すると、↓

 

 

LD(見込み顧客)×CV(成約率)×LTV(生涯顧客価値)=売り上げ

 

 

 

どれ位のお客さんを持っていて(見込み顧客)、そのうち何人がサービスを購入してくれて、(成約率)、一人あたりのお客さんが生涯で幾ら使ってくれるのか?(生涯顧客価値)という考え方です。

 

 

 

ビジネスの全体売上はこの3つの掛け算で決まるのでこの上記3つの数値を把握し、管理することが重要です。

 

 

 

逆に言えばまずは、この3つに絞って考えていくことであなたは稼げる個人起業家になることが出来ます。

 

 

 

あなたが起業・独立開業するのであれば、

 

・LDが500以上
・CVが50%以上
・3ヶ月連続で目標の売上を達成すること。
・LDが増え続ける仕組みを構築していること。

 

※LDはメルマガリストやラインアットの登録者数が望ましいです。フェイスブックの友達数は見込み顧客には数えにくいです。

 

 

この状態を目指しましょう。

 

 

 

これらが出来ている状態であれば、月収100万を超えて売り上げを上げていくことが出きます。逆にどれかが掛けている状態での起業・独立開業は勧めていません。起業・独立後、苦労するのが目に見えています。

 

 

 

副業として活動をするでも良いのでしっかり準備を整えましょう。

 

 

 

このページはまだまだ拡充して行きますね(^_^)

 

 

webスタートアップカフェ運営 徳永 諭(サトシ)

 

 

 

 

ブログでメルマガリスト1日1リストを取得する方法×セルフコーチング

 

 

 

ビジネスの売り上げ=LD(見込み顧客の数)×CV(成約率)×LTV(顧客生涯価値)

 

 

 

 

あなたは商品を購入してくれるLD(見込み顧客)は集めれていますか?

 

 

 

 

webを活用したビジネスにおける見込み顧客の数はおよそ取得メールアドレスの数で表されます。

 

 

 

 

見込み顧客の数=取得メルマガリスト数(or取得ライン@リスト数)

 

 

 

 

メルマガリスト取得の重要性については今更書く必要も無いと思いますが、ブログやユーチューブ等のトラフィック(アクセス)は最終的にこのリストを集める為の手段だと考えて良いです。

 

 

 

 

あなたのビジネスを安定させるためには、一にも二にも、メルマガリスト(orライン@リスト)だという風に考えておきましょう。(^_^)

 

 

 

 

そして今回は私が実践しているブログでメルマガリスト1日1リスト取得する方法について書いてみました。

 

 

 

 

あなたが今現在集客でお困りであれば、とてもとても役に立つ情報になると思います(^_^)

 

 

 

ブログでメルマガリスト1日1リスト取得する方法

 

 

 

個人起業・スモールビジネスなら1日1リストが取得出来るようになれば、月収100万は手堅いです。

 

 

 

1日1リストが安定してとれ続ければ、売り上げも安定し続けます。

 

 

 

年間365人の方にアプローチが出来て、それが積み重なっていくわけですからね。

 

 

 

 

そして、そのメルマガリストを取得するのに必要なものは、

 

 

 

①まずは登録フォームを設けれるブログ。

 

 

 

②そして後は一冊のが必要なだけです。

 

 

 

上の写真は世界No1のコピーライターといわれるシュガーマンの翻訳本ですが、これはあくまで例で、このシュガーマンの書籍が限定して必要なわけではありません。

 

 

 

要はあなたが集めたいリスト属性に関して、一流の人が書いた一冊の本を自由に選んで下さいと言うことです。(コピーライティング関連に興味がある人を集めたいのであればシュガーマン書籍はお勧めです(^_^))

 

 

 

そして、その本のコンテンツをwebコンテンツにまとめるだけです。

※コピペは厳禁ですよ。自分なりにまとめるのです。

 

 

 

コンテンツをまとめるときには、「爆売れ商品を作ったセールス7つの秘密とか。「売れる文章が書けるコピーライティングの3ステップとかの3とか5とか7とかの数字をつけてまとめるとキャッチーで魅力的なコンテンツになります。

 

 

 

 

そして、ブログ上でそのコンテンツの見せ方を工夫して、紹介したり、プレゼント特典にして、メルマガの登録フォームを設ければ、一日一リストは取得していけれます。

 

 

 

 

これだけ?と思われるかもしれませんが、一流の人間が書いた書籍を無料のコンテンツ化する訳なので、めちゃめちゃ価値のあるコンテンツになります。

 

 

 

 

私のこのブログではやっておりませんが、過去のブログ運営ではそれで年間で500リストを集めたこともあります。やってみると実際にリストもドンドン集まっていきますよ(^_^)

 

 

 

 

最短で成果を上げる為には一流の人間からTTP=Tettei Tekini Pakuru(=徹底的にパクる)を意識しましょう(^_^)

※コピペは厳禁ですよ。自分の思考のフィルターを通してまとめるのです。

 

 

 

 

実はこれはリスト取りだけで無く、ブログのアクセスUPにも使える方法ですが、そこら辺については、過去記事のコンテンツマーケティングに関しての記事で勉強してみて下さいね(^_^)。

⇒コンテンツマーケティング×セルフコーチング×個人起業・副業

 

 

 

・ブログのアクセス増
・リスト増
・収益安定

 

に繋がるブログでメルマガリスト1日1リストを取得する方法でした。

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたの集客したい属性に関するベストな本はどんな本ですか?

 

 

会社を辞める前に絶対にやっておくべきwebメディア作り×セルフコーチング

会社を辞める前に絶対にやっておくべきwebメディア作り

 

 

 

 

 

会社にいる内に起業する際の下準備として絶対にやっておくのが自分のメディア作り。

 

 

 

 

自分の世界観を発信して多くの人に情報を届けることが出来る媒体。web媒体。

 

 

 

 

ビジネスの売り上げの基本的な考え方は、

 

 

マーケティングの神様と言われるジェイ・エイブラハムのビジネスの公式
売上=顧客数×購買単価×購買頻度

つまり、
LD(見込み顧客)×CV(成約率)×LTV(生涯顧客単価)=売り上げ

ビジネスでフォーカスする数字(KPI)はこの3つ。逆に言えばこれだけを考える。

 

 

 

そして、自前のwebメディアを持ち、育っていれば、見込み顧客獲得(LD)の部分ですぐにでもあなたのビジネスと直結させることが出来ます。

 

 

 

 

それ以外にも、ある程度隙間時間の作業で書いた記事のアクセス経過や、リスト取得数等でマーケットのリサーチが出来る事も大きいです。(求められている分野なのかどうか)

 

 

 

 

起業後のメディア作りというのも決して遅いわけではありませんが、自分の商品やサービスと市場のニーズがズレている事が起業後わかったりしても、軌道修正に時間がかかったり、精神的に不安定になったりしますので、安定している会社員時代にしっかりと自分メディアを育てるという事はあなたにとって強力な見込み顧客獲得(LD)=集客基盤となります。

 

 

 

私はブログでのメディア作りが得意ですが、ユーチューブやフェイスブック等自分の得意な分野が一つあると良いです。

 

 

 

 

そして最終的には、メルマガリストを取るという事をして下さい。(ライン@でもOK。)

 

 

 

 

これは絶対。

 

 

 

 

リスト=見込み顧客の数です。

 

 

 

 

いくらブログにアクセスが集まってもリストが取れなければ、ビジネスは安定しません。

 

 

 

 

逆にブログのアクセスが少なくても、リストが取れていればOKなんです。

 

 

 

 

それくらい、リスト第一で考えて下さい。

 

 

 

 

メルマガは自分の伝えたいメッセージを相手のメールボックスに強制的に送ることが出来る攻めの媒体と呼ばれる為、この数を増やしていくことが出来ればビジネスはいかようにも発展していけれます。

 

 

 

 

そして、何よりもメルマガが登録されるという事は、メールアドレスを登録してまで(ワンアクションしてまで)、あなたの情報を知りたいという人なので、自分のビジネスの方向性が正しいと言うことの裏付けになります。

 

 

 

 

私がメディア作りにブログを使っている理由は、資産化しやすいからです。

 

 

 

フェイスブックのように投稿する度にトラフィックが集まる訳ではなく、書いた記事全般に検索エンジンからの流入を見込めるので、手間暇を掛ければ掛けるほどアクセスが増えるので、集客が安定していきます。

 

 

 

コツコツとコンテンツを積み重ねていって、アクセスが集まる感覚、売り上げが上がる感覚がゲームにおけるRPG(ロールプレイングゲーム)をやっているみたいな感覚で好きだったりもします。

 

 

 

 

ブログを運営するのであれば将来的には独自ドメインのワードプレスブログを推奨しますが、アクセスが集まり出すまでは、時間が掛かりますので初心者であれば開始当初から反応が取れるアメブロが、始めやすく、楽しみながら運用出来るとは思います。

 

 

 

それに今はブログやホームページといった垣根がほぼなく、ホームページのようなブログも簡単に作れるようになっています。ホームページ型のブログを持つ事でクライアントから信頼を得やすくなります。

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたは自分のメディアを持っていますか?

自分のwebメディアを持つ事であなたのビジネスにどんな変化がありそうですか?

 

 

 

その他個人起業前に絶対確認するべき5つの事と、起業前にどれ位の見込み顧客を集めた方が良いのかをメルマガ読者限定で書いています⇒個人起業する前に確認する5つの事

 

 

個人起業・副業集客の為のキーワードマーケティング×セルフコーチング

個人起業・副業集客の為のwebキーワード選定、リサーチ

 

 

 

 

あなたの運営しているホームページやブログ等のwebメディアはあなたの商品を買ってくれるであろうお客さんをしっかり集めれていますか?

 

 

 

ブログ等のwebメディアを運営する上で、大事なのはキーワード選びです。

 

 

 

 

どんなキーワードを主軸に、webサイト、ブログを作り、どんなキーワードで記事を書くのか?

 

 

 

 

インターネットの世界では検索キーワードに打ち込まれるキーワードがお客様の悩み、お客様の需要なのでキーワードマーケティングのスキルを上げる事はビジネスにおいて圧倒的なレバレッジを掛けることが出来ます。

 

 

 

 

リアルのビジネスであれば、キーワードというものはそれほど重要視されませんが、web集客ではキーワードについて考える時間は非常に重要です。

 

 

 

ここをしっかり考え、選定し、戦略を立てることでアクセスや売り上げが10倍、100倍と変わってきますし、その後ののビジネス活動を楽に展開することが出来ます。

 

 

 

 

20:80の法則(仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。)でいうと、キーワードマーケティングの部分は2割の労力で8割の成果を生む非常にレバレッジの効いた重要項目ですので、是非キーワードについては力を入れて学んで実践してほしいと思います。

 

 

 

 

逆にここがズレると成果が生まれにくくなります。

 

 

 

 

ただこのキーワードマーケティングについて理解、マスターするとその後のweb集客において圧倒的なアドバンテージを得ることが出来ます!

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたのwebメディアにはどんな人が訪れていますか?

訪れている人はあなたの商品サービスを買ってくれそうな人ですか?

 

 

 

 

下記で少しだけ、キーワードマーケティングについての知識と便利なツールを紹介しています。

 

 

 

web集客の基本 ロングテール集客

 

 

 

ネット集客の基本はロングテールのキーワードでアクセスを集める事です。

 

 

 

 

ロングテールについて語る際には、良くアマゾンの販売戦略を引き合いに出して語られることが多いです。

 

 

 

 

リアル書店は、アマゾンの登場と共にマーケットをほぼ独占され、町の小さな本屋さんはどんどん無くなっています。大web集客、ロングテール集客の登場は非常に大きな変化でした。

 

 

 

 

リアル店舗の書店は当然店舗面積が限られているので、なるべく売れる商品だけ取り扱い、売れない商品は在庫として置いておきたくないはずです。下の図でいうと赤のヘッド商品(ベストセラー)を主に取り扱う形になります。

 

 

 

 


画像出典元:http://www.busi-sp.jp/long_tail.html

 

 

 

 

対して、アマゾンはメインはオンラインショップなので、商品ページさえweb上に作ればいくらでも商品数を取り扱うことが出来ます。(巨大な在庫倉庫を国内に数拠点あれば良い)、ヘッド商品だけでなく、上の図のテール商品(マイナー商品)も取り扱えます。

 

 

 

 

テールの商品は一つ一つの売り上げは大したことはありませんが、商品の数が膨大である為、大きな市場になりますよね。それをアマゾンはほぼ独占的に抑える事が出来たわけです。

 

 

 

テール商品目当てのアクセスでも当然ヘッド商品の売り上げにも繋がるわけで「全ての本が買えるアマゾン」。リアル店舗では到底勝ち目のない勝負になります。小さな町の書店を次々と閉店に追い込みました。

 

 

 

 

この恐竜の尻尾の形に分布する売り上げ傾向の事をロングテールと呼び。ロングテール部分に目を向けたマーケティング戦略の事をロングテール集客と呼びます。

 

 

 

 

web集客はこのロングテール戦略がほぼ基本になります。

 

 

 

無限とも言えるキーワードにおいて、需要が有り、ライバルサイトが少なく、なおかつ自分の商品を購入する(もしくは教育により見込み顧客化できる)であろう検索キーワードを分析、そのキーワードを主軸にwebサイトを作っていく。

 

 

 

ここら辺がキーワードマーケティングの神髄ですね。

 

 

 

無料で使えてキーワード選定に使える便利なツール

 

関連キーワードならグッドキーワード

 

 

 

 

関連キーワードならgoodkeyword(グッドキーワード)がお勧め!

 

 

例えば、クレジットカード系のサイトを作るときに、「クレジットカード入会」、「お勧めクレジットカード」、「クレジットカード比較」等の主要なキーワード(ビックキーワード)はパっと思いつくと思いますが、これらのキーワードで上位表示を狙うライバルサイトも多いです。

 

 

そんな時にサクッと「クレジットカード」の関連キーワード、ロングテールキーワードを調べるのに便利なのがgoodkeyword(グッドキーワード)というサイト、ツールです。(無料)

 

 

 

調べ方は簡単でgoodkeyword(グッドキーワード)サイトの検索窓に調べたいキーワードを入力するだけ!

 

 

 

すると実際の検索されている数の多い順に関連キーワードがグーグルとbingに分かれて表示されます。無料で使えるかなり便利なサイトです。

 

 

その中からご自身の集客属性、商品成約に繋がりそうなキーワードを選ぶ。というのがあなたのビジネスを成功に導くキーワード選びの方法になります。

 

 

グットキーワードツールの使い方を動画でも解説しています↓動画が少しでも参考になったら好評価ボタン、チャンネル登録お願いします。励みになります。(^_^)

 

 

さらにキーワードの月間検索数を調べる

 

 

キーワードの月間検索数を調べる。

 

 

 

明確に集客したいキーワードが定まっていないのであれば、出来るだけ月間検索数が多いキーワードで、サイトを製作した方がアクセスも集まりやすくなりますので、この検索数を調べる行為はかなり重要です。

 

 

 

グーグルの提供するキーワードプランナーアラマキジャケは併用して使っています。アラマキジャケが有効なキーワードもあるし、グーグルキーワードプランナーの方が強いキーワードもあるので、色々と使い分けて下さいね。

 

 

 

簡易なツールとしてはアラマキジャケをお勧めします。

 

 

 

グーグルキーワードプランナー、アラマキジャケの使い方を動画でも解説しています。動画が少しでも参考になったら好評価ボタン、チャンネル登録お願いします。励みになります。(^_^)

 

 

グーグルキーワードプランナー使い方↓

 

アラマキジャケの使い方↓

オールインで使い勝手良いSEOパック(無料)

 

 

「SEO Pack」(無料サイト)についても紹介しておきます。

 

 

オールイン(月間アクセス数、関連ワード)でさらにSEO難易度も表示されて無料で使える。

 

 

キーワードを入力して、難易度検索すると、難易度、月間検索数、関連キーワードが表示されます↓

 

 

このサイト、ツールでの推奨は(SEO難易度70以下&検索数5,000以下)のキーワードが推奨されてます。

 

 

SEO Packの紹介、使い方動画でも解説しています↓動画が少しでも参考になったらいいねボタン、チャンネル登録お願いします。励みになります。(^_^)

 

 

 

これらは無料ですが、かなり使えるキーワード選定ツールですので是非お役に立てて下さいね(^_^)

 

 

 

 

検索順位分析ツールGRC

 

 

キーワードマーケティング運用する時に必須なのが、自分のwebサイトが検索順位何位にきているのかを管理することなのですが、私は検索順位分析ツールGRCを利用しています

 

 

 

webマーケッター御用達のツール検索順位分析ツールGRC

 

 

 

GRCは検索ワードとURLを打ち込むことで、そのURL(記事ページ)のそのキーワードでの検索順位を簡単にチェックできる便利ツールです。

 

 

 

本日契約期間の一年が過ぎたのでライセンスの再登録登録をしようとしたのですが、値段の仕様が大幅に変更になっていました。↓

 

 

 

元々はパーソナルプラント(無料)とビジネスプラン(9860円)の2つの仕様だけだったと思いますが、5プランになっていますし、以前のビジネスプランと同機能のアルティメットプランは24,300円大幅な値上がりとなっています。

 

 

 

値上がりの理由は、グーグルの仕様変更による対策費の高騰によるとの事です。業界全体的に値上がりすると思われますとの事。こういったツール業界も日進月歩なのですね。

 

 

 

私はエキスパートプラン14,800円で利用しています。

 

 

 

このプランで十分と言えば十分ですが、このプランだと追跡出来るURL数は500になりますので、現700記事登録から200記事登録の削除を行いました。

 

 

 

私はブログ記事作成毎に主要なキーワードでの検索順位をチェッカーに登録して順位を定期的に確認しています。

 

 

 

定期的にチェックしていればリアルなグーグルからのサイト評価を数値として知ることが出来るからです。それに加えて登録しておいた関連するキーワードをふと調べた時に、思わぬ高順位になっているのを知れる事がある為です。

 

 

 

 

特に狙ってもなく、記事にテコ入れもしてないようなキーワードで検索順位10~20位が取れている様なら、ライバルが緩いという事で、ちょっとテコ入れすれば、一桁台の順位に乗せれるようなキーワードがチェッカーを利用していれば簡単に拾えるからです。

 

 

 

逆にチェッカーを利用していないとこういったお宝キーワードは拾えません。

一度使ったら手放せません検索順位チェックツールGRC

 

 

 

 

メルマガ配信出来ない、解除が怖いメンタルブロック

メルマガ配信出来ないメンタルブロック、心理的障害を取り除く

 

 

 

起業後にブログと共に大活躍するのがメルマガ

 

 

 

あなたの収益を増加させる為に、「攻め」の媒体であるメルマガは非常に強力です。

 

 

 

 

ブログは受け身の媒体ですが、(いつ訪問してくるのか、どの記事を読むのか相手次第)メルマガは相手のメールボックスに好きなタイミングで好きなメッセージを届けることが出来ます。

 

 

 

強力なセールスツールです。

 

 

 

 

ただ、攻めの媒体である故に「メルマガが書けない(-_-;)・・・」という方は結構多いです。

 

 

 

メルマガを始める時に一番強いメンタルブロック、心理的障害はメルマガを配信してすぐに、メルマガが解除されてしまうのではないかという恐怖です。

 

 

 

メルマガの内容を考えて、一生懸命書いて、手直しして、送信!→ 即メルマガ解除。。

 

 

 

ショックで自身の配信したメルマガの内容をなんども見返しておかしなところがなかったかどうか気に病んだりしてしまう事は、メルマガ配信者であればだれでも辿る道です。

 

 

 

が、ここで重要な考え方はメルマガ配信解除という「結果」と「ネガティブな思考」を混同して考えない事です。

 

 

 

あなたも今まで他の人から来るメルマガを解除したことがあると思いますが、別に相手の事を不快に思ったわけでなく、
「今はその情報は必要ないな」とか「情報の整理の為に解除」するとか、そんなレベルで解除する事は多々ある事だと思います。

 

 

 

メルマガ解除は結果ですが、あなたのメルマガにまったく価値がないとか、嫌われたとかいう事では無くメルマガ解除という事象は「あなたにとってのお客さんではなかった」というだけです。

 

 

 

メルマガのテーマをしっかり明示し、メルマガ配信停止の方法もしっかり明示しておけばあなたは、あなたの発信するべき情報をどんどん配信すればよいのです。

 

 

 

そうすれば、あなたの情報発信テーマを求める人だけが残るようになります。残った人、それがあなたにとっての「お客様」です。これは、ポジティブ思考とかではなく事実なので。

 

 

 

もしかしたら、メルマガに書く内容が無いというかたであれば、それはまだメルマガを配信する時期ではない状態、インプット不足の状態です。

 

 

 

まずは、ブログにて情報発信してライティングスキル、コンテンツ力を高めましょう。

 

 

 

 

ブログに書いた内容をメルマガでも発行する。メルマガで発行してる内容をブログでも公開する。これも全然ありです。

 

 

 

まずはどんどん行動してメルマガに慣れていきましょう(^_^)

 

 

 

⇒メルマガリストを1日1リスト集める方法についても書いてみました。

 

 

 

コンテンツマーケティング×セルフコーチング×個人起業・副業

コンテンツマーケティングとは

 

 

 

 

webの集客やマーケティングにおいては様々な方法があります。

 

 

 

無料ブログを毎日更新してタイムラインからアクセスを集める方法や、SNS等で無作為に大量の友達申請をしまくったり、スパム的集客方法も存在しますが、こういったwebの集客で量の面で勝負している内は、あなたはweb集客、マーケティングにおいていつまでもアドバンテージを得ることは出来ません。

 

 

 

webの集客において考えるべきなのが、web上に人々から需要があるコンテンツを提供していくということ。そうすることで自然とあなたのブログ記事やwebコンテンツを求めて、アクセスが集まる状態になります。

 

 

 

単発的、短期的なアクセスで無く、永続的なアクセスです。量ではなく、質で勝負しているので得意なジャンルで勝負することで圧倒的なアドバンテージを得ることが出来ます。

 

 

 

つまりは質の高いwebコンテンツ作り=集客です。

 

 

 

誰でも出来る事には価値はない、ビジネスにおいて成功する近道は人が出来ない事をする事。

 

 

 

 

これがコンテンツマーケティングです。

 

 

 

さらにいうなら、現在世界最大規模の検索エンジンのグーグル検索では検索順位の決定の際にwebコンテンツの質を重要視すると表明しています。

 

 

 

コンテンツの価値が重要視=検索上位施策となるわけですから、SEO(検索エンジン最適化対策)=コンテンツマーケティングとなるわけです。

 

 

 

コンテンツマーケティングを極める事が一番のweb集客、マーケティング戦略になるわけです。

 

 

 

もっと言えば、webコンテンツを作れると言うことは、自分のweb上の商品作り(無料、フロント商品、バックエンド商品)にも使える戦略です。

 

 

 

今現在はwebコンテンツを作れる人は集客、セールスにおいて圧倒的なアドバンテージを持っていると言えます。

 

 

 

コンテンツはどこから。成功者の脳を真似るモデリング読書術

 

 

コンテンツマーケティングにおいては必要なコンテンツはどこから創出するのかについてです。

 

 

 

それはもちろん自分の脳から絞り出す事が一番です。

 

 

 

自分のスキル、経験、知識がそのままコンテンツに使えます。

 

 

 

それを、ブログやユーチューブで情報発信していく。一つ一つがwebコンテンツになっていきます。

 

 

 

 

今は個人が情報発信出来る時代なのです。

 

 

 

「インターネットは人々に公平な情報収集の機会を与えるというが、情報発信の手段を持つ人と持たない人の力の差はますます広がる一方だ。」 ヤフー創業者 ジェリー・ヤン

 

 

 

 

自分の中で情報発信するようなコンテンツがないのであれば、それは完全にインプット不足。つまりは勉強不足

 

 

 

 

そんなあなたにお勧めな方法は、まずは成功者の脳を真似る事をして見てください。真似るというと聞こえが悪いのかもしれませんが、つまりは本を読み成功者の考えを吸収すると言う事。

 

 

 

 

成功者の脳は、近くの書店で買える一冊数千円程度の本の中にギューっと凝縮されています。これほど費用対効果の高い物を私は他に知りません。その本を一冊買うだけで、成功者の考え、コンテンツを吸収することが出来ます。

 

 

 

 

自分がこれから集客したい分野の本を選びます。本ってアウトプットを意識して読むと、本当に情報コンテンツの塊なのです。

 

 

 

ただし、自分自身がその知識を吸収するのは良い事ですが、本の内容のコピペは法的にNG。

 

 

 

あくまで、自分のフィルターの通して、オリジナルのコンテンツとしてを情報発信していきます。要約、感想、気付きなんでも良いので、記事としてまとめて行きます。

 

 

 

 

興味のある分野の事を学べて、集客、商品作りのコンテンツ作りも出来る。

 

 

 

 

成功者の知識を真似るモデリングwebコンテンツ作り是非あなたのビジネスに役立てて下さい。(^_^)

 

 

 

 

今日のセルフコーチング

どんなコンテンツをお客様は求めているだろう?

(あなたはどんなコンテンツを提供したいのだろう?)

そのコンテンツ作りに役立つ本はどんな本だろう?

 

 

お金に対する負のメンタルブロックを外す×セルフコーチング

お金に対する負のメンタルブロックを外す。

 

 

起業、副業、年収を上げていくときに外していたいのがお金に対する負のメンタルブロックです。

 

 

 

日本人の中では真面目に働いて給料を貰うという事が正義です。

 

 

 

日本人はとりわけ「お金は汚いもの」というメンタルブロックが非常に強い人種です。これはあなたの問題と言うよりも日本の教育に問題があるのかもしれません。

 

 

 

影響力を高めていく時には、このお金のメンタルブロックに代表される様々なメンタルブロックが時折あなたの行動、決断の邪魔をします。

 

 

 

メンタルブロックが強すぎるから、GDP世界トップクラスでありながら同時に世界最高クラスの自殺大国という一風変わったお国です。

 

 

 

これから、あなたが影響力や年収を上げて行く過程でこのお金に対するメンタルブロックを外しておかないと、不幸せなお金持ちになってしまいます。

 

 

 

これはあなたが成長し、次のステージに進もうとしている証でもありますが、人は変化を恐れる生き物なので、このメンタルブロックを根性や精神論で振り切って事を進めたとしてもあなたは幸せに成果を上げる事は出来ません。

 

 

 

 

影響力、年収が多くなればなるほどです。これは、車の運転に例えるならブレーキを踏みつつも、アクセルを踏み抜いているような状態です。健全な状態ではありません。

 

 

 

 

かなり強力な足枷となります。

 

 

 

 

 

では日本人はお金を求めていないのか?

 

 

 

 

試しに「お金」というキーワードでのインターネットでの検索キーワードの閲覧数を調べてみました。↓

 

 

 

検索グラフでは2011年位(リーマンショック辺り)から検索数が急激に増加傾向にあり、「お金」というものへの関心が高くなっていることがわかります。

 

 

 

 

「お金は汚いもの」という社会的通念の中にあって人々が深層心理の中で「お金」というものに対しての欲求がある事は確かです。

 

 

 

 

これはしっかりと認識しておく必要があります。

 

 

 

確かに究極的にはお金そのものを得たい人はいません。人はお金で手に入れれるその先の感情を得たいのです。

 

 

 

発展途上国の国々では非常にお金に対して貪欲です。そして学びに対しても同じく貪欲です。

 

 

 

個人が影響力を高め、グローバル化の競争の中で切磋琢磨していく時代に、この半ば矛盾した日本人のお金のに対する考え方、メンタルブロックは絶対に外さなければいけません。

 

 

 

 

ただし、メンタルブロックを外すといっても「お金は汚いもの」という極端なメンタルブロックの意識をニュートラルな状態にするだけで良いのです。

 

 

 

私たちは友人、知人から物をもらったり、仕事を手伝ったりしてもらったら「ありがとう」と言います。ただ、お店で商品やサービスを提供してもらったら「お金」を支払います。

 

 

 

つまり、「お金」という物は「ありがとう」と対価なのです。

 

 

 

 

お金を稼ぐというのは「ありがとう」を貰う数を稼ぐ事になります。収入が上がるというのは、それだけ「ありがとう」をもらった数が増えたという事になります。

 

 

 

 

『お金=ありがとうをもらった数』と考えるだけで、お金に関するメンタルブロックがスーっと外れて行きます。

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたがお金に対して隠している感情はどのような感情ですか?

それはあなたにどんなものをもたらしてくれますか?

 

 

会社の副業解禁はいつから【サラリーマン起業・副業×セルフコーチング】

 

個人起業や起業準備がしやすい環境が整いつつあります。

 

 

最近は政府の働きかけで「副業解禁」する企業が増えてきています。

 

 

 

これを受けて、本業の収入+αとしての副業を行う事が日本国内ではスタンダードになってきます。

 

 

 

政府は2016年末、働き方改革の一環で、副業を禁じた厚生労働省のモデル就業規則を見直して、複数の仕事を持つことを普及推進していく方針を打ち出しています。

 

 

 

そういった政府の方針より先駆けて、大手の企業でも、
・起業家精神をもってほしいとか、
・幅広い視点を持ってほしい
の理由で副業を積極的に推奨している会社もどんどん出現していましたし、副業解禁、複業というのは自然な流れだと思います(^_^)

 

 

今までは、終身雇用型の働き方で、大きな組織の中で、小さな「個人」というのが存在する形でしたが、今後は「個人」という強い存在が、自分の磨いたスキルを元に、一つの組織に限らず複数の組織に所属しながら、キャリアを形成するよう時代が来ると思ってます。

 

 

日本の場合は高齢化社会に入り、労働人口が減少していく訳ですが、それ以上にIT、ロボット産業の発達により、人の働く場所は減って行くと予想されています。

 

 

世界的に見ても、オックスフォード大学発表のデータでは技術革新や、ロボット技術の普及で今後20年の内に約47%の人が仕事がなくなるというデータを算出している位です。

 

 

 

日本の場合は、自動化できる所にもまだまだ人を配したりしている為、(雇用対策に敢えて?)

 

 

現在、一人当たりの生産性は先進国の中では、かなり低いと言われています。

 

 

ただ、間違いなく国際競争の中で、いずれ上記のデータの様になり、働き方が大きく変わろうとしている時代背景はあります。

 

 

自らキャリアを自律的に切り開いていく人材が求められている時代です(^_^)

 

 

 

リクルート出身で働き方についての色々と参考にさせて頂いている藤原和博さんが、著書「必ず食える1 %の人になる方法」の中で3つの分野100分の1の人材になれば、100分の1の3乗で100万人に1人の人材になれると話しています。

 

 

 

1万時間(毎日3時間×10年)の法則で、ひとつの分野でまずは100分の1を目指し、それを3つ築いていく。そうすればあなたはライバル不在のブルーオーシャン市場で勝負できるという考えです。

 

 

 

自分の今歩んでいる道はどこに繋がっているのか?一度キャリアの棚卸しをしてみましょう。

 

 

情報発信のメンタルブロックを外す×セルフコーチング

 

 

 

「インターネットは人々に公平な情報収集の機会を与えるというが、情報発信の手段を持つ人と持たない人の力の差はますます広がる一方だ。」 ヤフー創業者 ジェリー・ヤン

 

 

 

 

これから旧来の生き方でなく自分ブランド、影響力を高めて行きたいと考えているのであれば情報発信は必須だと思っています。

 

 

 

 

専門性を絞り、情報発信して、人に認知してもらい見込み顧客、クライアント(会社内の場合は信頼という言葉が一番合うかな。)を獲得していく。

 

 

 

 

分野を決めて情報を発信。

情報を発信している内にその分野に詳しくなる。

情報は発信する人の元により集まる。

さらに詳しくなった情報を発信。

情報を発信すれば一定数あなたの情報を求めるファンが出来ます。

濃い情報が継続して発信出来れば、その媒体がひとつのメディアになります。
本来ハードルが高いこのメディア作りも、SNSを代表するweb媒体を使えば個人でも簡単に行える様になりました。

 

 

 

 

かつてない程素晴らしい時代だと思います。(^_^)どんどん個人が活躍の場を広げている時代です。この流れに乗り遅れないようにしましょう。

 

 

 

ただ、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム等のSNSの普及により、個人が日常的に情報を発信しているので、現代人の情報発信への心理的抵抗は弱まっている様に思えるのですが、いざ、「専門性」 「価値のある情報」と構えてしまうと自分発信=情報発信へのメンタルブロックがある方は多いようです。

 

 

 

 

私なんかで人様に役に立つような情報発信は出来ないというメンタルブロック、心理的障壁があるみたいです。謙虚さ=日本人の美徳みないな。

 

 

 

 

先生で無いといけないとか、
偉くないといけないとか。
実績が無いといけないとか。etc

 

 

 

 

でも、実際はそんな事は有りません。

 

 

 

 

こんな体験はありませんか?↓

 

自分が詳しい、好きな分野の本を読んだりしていて、「自分でもこれ位の事はわかる。」という体験。

「むしろ自分の方が鋭いのではないか?」という感覚。

業界の中にいる人よりも純粋に趣味として楽しんでいる分、その分野を客観的に分析できていたりします。

 

 

 

 

仮に、そこまでの知識がなくても、初心者の観点からの意見なんかも共感を生む情報として需要はあります。

 

 

 

 

情報の価値は読み手が勝手に決めてくれますので、初めはそういった考えに捕らわれずに、何かしらの気づききっかけを与えれれば(読み手が勝手に感じてくれたりします。)良い。というスタンスで考えると自然と情報の発信が出来ないというメンタルブロックはスーッと外れていきます。

 

 

 

 

それに、書いているうちに、どんどんその分野に詳しくもなって行きます。情報は発信する人の元により集まり、さらに情報発信力が高まるからです。

 

 

 

 

さらに言えば、私がオススメする方法として、その分野の本を10冊位買い漁り、自分の思考のフィルターを通して発信するという事(コピペやパクりはだめですよ)をすれば、これだけであなたは立派な専門家になれます。

 

 

 

 

正しい実力、圧倒的な成長は後から付いてきます。

 

 

 

 

まずは読者に気付き、きっかけを与えれれば良いという程度のベイビーステップで情報発信して行きましょう。

 

 

 

 

今日のセルフコーチング

情報発信の媒体を持つ事であなたのビジネスにどんな変化が訪れますか?

逆に情報発信をしないことであなたが失う事はなんですか?

 

 

【個人起業・副業】自分の商品を作るという事×セルフコーチング

自分の商品を作るという事

 

 

 

【集客の技術】を理解すれば起業、ビジネスはいとも簡単に程軌道に乗ります。

 

 

 

 

今の時代どちらもインターネットがあなたを強烈に底上げしてくれるからです。

 

 

 

 

でも、そのwebを最大元活用する為にも、まずは【自分の商品】がなくてはなりません。

 

 

 

 

社会に対して何を提供して売り上げを上げるのか?

 

 

 

 

起業プラン、プロダクトの中で自分の商品作りで悩む方は非常に多いです。

 

 

 

 

ただ、ここに悩まれるのは至極自然な事だと思います。

 

 

 

 

商品作りは「自分は何が出来るのか?」「何を始めて、なにを続けて、なにをやめる事が出来るのか?」「結局自分は何がしたいのか?」本気で自分という人間に向き合う作業をしてはじめて見えてくるからです。

 

 

 

前提として「ビジネスとはお客様の問題解決」なので、商品、サービスがお客様の問題を解決出来ることであることが絶対的な条件です。

 

 

自分のやりたい事をやるという気持ちも大事ですが、このお客様の問題解決を外してはまったく上手く行かないことはしっかり覚えておきましょう。

 

 

自分の商品作りで有効の質問(セルフコーチング)は以下です。

1.今自分が夢中になって学んでいるものはなんだろう?

2.これまでずっと学びたいと思ってきた事はなんだろう?

3.これまでの人生で自分が一番時間をかけてきたものはなんだろう?

4.今自分がしたくてたまらない事はなんだろう?

5.人が私に「どうすれば良いの?教えて」と聞いてくることはなんだろう?

 

 

 

これを深く掘っていくことで、自分の商品プランがおぼろげながら見えてきます。(※自分の商品作りは早くても半年~1年かかるのが普通です。その部分の解決策を記事下で提示してます。)

 

 

行動が成果を作る

 

 

商品作りに悩む事は自然な事ですし、商品作りは十分に時間をかけて考えて良い所ではありますが、まずは行動という精神が道を開くことも感覚で理解してほしいと思っています。

 

 

 

確かにビジネスプロダクトにおいて「商品作り→マーケティング」という流れが一切の無駄の無い流れで推奨されるものですが、そんなに簡単に定まるものではないという事は私が身をもって体感しています。

 

 

 

活動しながら熟成していったら良いのです。

 

 

 

まずは行動です。

 

 

 

今日のセルフコーチング

1.今自分が夢中になって学んでいるものはなんだろう?

2.これまでずっと学びたいと思ってきた事はなんだろう?

3.これまでの人生で自分が一番時間をかけてきたものはなんだろう?

4.今自分がしたくてたまらない事はなんだろう?

5.人が私に「どうすれば良いの?教えて」と聞いてくることはなんだろう?

あなたが解決出来るお客様の問題はなんだろう?