拒絶されればされるほど成功する?【セルフコーチング】

拒絶されればされるほど成功する?

 

 

今日は拒絶についてのお話しです。

 

 

拒絶されろ。恥を掻け。

 

「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」(トーマスエジソン)
「失敗したことのない人間というのは、挑戦をしたことのない人間である。」(アインシュタイン)
「失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる」(松下幸之助)
「私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎない。99%は失敗の連続であった。そして、その実を結んだ1%の成功が現在の私である」(本田宗一郎)

 

多くの偉人は成功(目標達成)には失敗が必要だと言っています。あなたがもし成功したいと考えているのであれば、多くの失敗を経験する必要があります。

 

「拒絶の利用」あなたが拒絶されればされるほど成功を得やすくなります。

「失敗の利用」失敗すればするほど成功を得やすくなります。

「恥の利用」恥を搔けば掻くほど成功を得やすくなります。

 

 

もう一度書きます。あなたがもし成功したいと考えているのであれば、多くの失敗を経験する必要があります。

 

前提として失敗とミスは違います。

「ミス」は自分の通常の枠の中(コンフォートゾーンの中)での行動で上手く行かない事。

「失敗」は自分の枠の外(コンフォートゾーンの外)に出て見て上手く行かない事。

 

ミスから得られる事は少ないが、失敗から得られる事は甚大(むしろ枠の外=初めての経験なので失敗は当たり前)

 

あなたがもし成功したいと考えているのであれば、多くの失敗を経験する必要があります。

 

そして、「成功したい」ではなく、「成功する」と決める事。

 

 

決めれば方法は後から湧いてくる。これは脳科学的な真実です。(^^)

 

あなたは拒絶される時、どの様に感じますか。

 

どんな言語に於いても、最も影響力が強いのは“NO”を意味する言葉です。

 

 

多くの大人達は、その言葉を聞くに耐えられません。

 

 

“NO”を恐れる結果として、自分で自分の限界をつくってしまいます。

 

 

あなたは誰かに話したくても、“NO”と言われるかもしれないと思い、何回話すことをあきらめましたか。

 

あなたは採用されないかもしれないと恐れて、行きたい会社にアプローチすることを何回止めましたか。

 

あなたは失敗するかもしれないと信じて、どのくらい成長することから逃げましたか。

 

自分自身の限界はすべて拒絶に対する恐れの結果です。

 

しかし、拒絶されること無しに本当の成功はありません。

 

今までの成功者達がどれほどの“NO”を言われてきたか、考えてみてください。

 

そして、彼らはそれでもやり続けたのです。

 

もしあなたが成功への途上にあるのなら、拒絶を受ければ受けるほど強くなります。

 

 

一時的に逆境に立たされている様に見えますが、あなたがヒントを得る度にまた立ち直っていきます。

 

だから、次にあなたが“NO”と遭遇したら、もう引き際だと考えるのではなく、ここから何が学べるのかとあなた自身に尋ねてみることです。

 

 

今日のセルフコーチング

あなたが恐れている失敗、恥はなんだろうか?

その恥、失敗への恐怖心が無くなればどんな事が実現できそうですか?

 

 

コメントは受け付けていません。