上司が無能、馬鹿、イライラする×セルフコーチング

 

 

サラリーマンをしていると上司に対してどうしてもっと合理的な判断が出来ないのか?と無能だなと感じる時があるかもしれません。

 

 

 

「私の上司は何もわかってない」、「何も考えていない」という不平不満を抱くこともあると思います。

 

 

 

ただ、明確に言える事ですが、何も考えていない人などいないと言うこと。

 

 

 

「部下の考えている事を、上司は考えていない」と言う事です。

 

 

 

立場が違えば、見るべきものや、見えている物も変わってきます。もしあなたが上司の事を無能や馬鹿だと感じたならばその事は一度考えてみる必要があると思います。

 

 

 

感情的、短絡的に物事を考えても根本の問題解決にはならないのです。

 

 

 

ただ、主体的、客観的に見ても「どうしても、ど~~うしてもあの人は能力的に上司としてどうなの?」という方は一定数といわず、多くはいるでしょう。

 

 

 

でも、それは会社の人事制度の仕組みがそうさせています。そうならざる得ない明確な仕組みがあります。

 

 

 

「人はその職業で無能になるポジションまで昇進を重ねる」というピーターの法則

 

 

 

 

①有能な平社員は主任や係長やリーダーに出世します。
※この時点で年齢を重ねても出世しない人は会社的には無能になります。

 

②有能な係長は次のポストに出世します。
※無能な係長は出世しない為、係長のポストには無能の係長が残る事になります。

 

③有能な課長は次のポストに出世します。
※無能な課長は出世しない為、課長のポストには無能の課長が残る事になります。

 

④有能な部長は次のポストに出世します。
※無能な部長は出世しない為、部長のポストには無能の部長が残る事になります。

 

 

 

これが会社がつぶれるまで延々と繰り返されているわけです。

 

 

 

つまり、降格という制度があまりない日本のサラリーマン制度では、多くの人は無能になり下がるポストまでは出世するという事です。組織の体制を無能が締めてしまうのです。組織が機能するのは無能のポジションまで昇進していない人の働きに掛かっていると言うことです。

 

 

 

この状態を回避する為には、人事の面でかなり高度な判断をしない限り、どの会社でも同じような状態に陥ることが分かります。これを理解するだけでも、上司に対してもう少し優しくできるのではないでしょうか?

 

 

 

上司に対して、この人は働かないから上司を否定した考えを持っていると、自分が上司の立場になったときに、自分の『上司であればこれはやって当然という理想像』にがんじがらめにされて、成果はあがるかもしれませんが、幸せを感じる事が出来なくなります。

 

 

 

今日のセルフコーチング

自分が得たい結果はなんだろう?

どうして自分はその結果を得たいのだろう?

どうしたらその結果を得ることが出来るだろう?

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)あなたの年収を引き上げるセルフコーチング質問表

 

 

詳しいプロフィールはコチラ

お問い合わせフォームはコチラ

お客様の声、感想