セルフトークマネジメントとは?効果とやり方。

セルフイメージを書き換えるセルフトークマネジメントとは?

 

 

 

自分自身のセルフイメージを書き換えるには普段自分がどんなセルフトーク、インナートークをしているかを知り、意識化においてセルフトークマネジメント(書き換え)を積極的に行うことです。今回はそんなセルフトークマネジメントについて記載しました。

 

 

 

一流選手(サッカー本田圭佑選手)のセルフトークマネジメント例。↓

 

 

 

セルフトークマネジメントとは

 

 

 

昇進や年収の向上、独立起業など目標達成を目指す人ののステップアップに大変役立つ方法として注目を集めているのが「セルフトークマネジメント」です。

 

 

 

セルフトークとは心の中のつぶやきのことで、「自己会話」や「独り言」などのことを指します。

 

 

 

独り言とはいっても声に出すものに限りません。「ちょっと疲れたな」「この課題を克服したいな」といった様々な幅広い内容を含み、むしろ声に出さず自分に語りかけるものがほとんどです。(インナートーク)

 

 

 

発声に限定されるものではなく「頭の中の言葉」の全般を指すものであるため、実際のセルフトークは一日に4万回に及ぶといわれています。

 

 

 

セルフトークが注目を集めている理由は、その影響の大きさ

 

 

 

ビジネスやスポーツ、勉強などのパフォーマンスに影響するということは、それらの直接的な原因となる日常的行動はもちろん、それらの源となる人格の形成にまで影響を及ぼしているということだからです。

 

 

 

言葉が及ぼす影響は心理的な面に限定されるものではありません。健康状態や運動能力など、身体的なコンディションも大きく左右します。

 

 

 

例えば「梅干し」という単語を聞くと、ほとんどの人は「酸っぱいイメージ」が喚起されます。そうなると、頭の中だけの出来事では終わらず、実際に唾液などの生理反応として表れることが知られています。

 

 

 

単なる情報が生理現象に変換される例で最もわかりやすいのがホラー映画です。いくら怖い話でも、所詮のスクリーンの上の情報にしか過ぎません。しかし思わず汗ばんでしまったり心拍数が乱れたりするなど、身体は大きく反応してしまいますよね。

 

 

 

これらの心身に大きく影響を及ぼすイメージの力は、ポジティブに言語化することで成功や幸せに結びつけることが可能です。この原理を応用したものがセルフトークマネジメントです。

 

 

 

 

正しい方法論を学び前向きなイメージの言葉を自分に向けて発する事で、行き詰った現状を打開したり目標を達成することができるようになるのです。

 

 

 

セルフトークマネジメントの効果

 

 

セルフトークマネジメントは決して難しいものではありませんが、絶大な効果を期待することができます。ポジティブなセルフトークの効果で、これまでは難しいと思っていたビジネスなどの目標達成も可能になるのです。

 

 

 

セルフトークマネジメントによる効果はスキルの向上や知識の習得といったテクニカルな部分に留まらず、人格にも大きな影響を及ぼします。つまり、人間性を大きく高めるのです。

 

 

 

周囲からの信頼が厚くなり、これまで以上にビジネスなどで成功を収めることができるようになります。目標を達成した後に、さらに大きな目標を立てることができるようになりますが、これは一般に「成長」と呼ばれます。

 

 

 

つまり、セルフトークマネジメントは人間が大きく成長するための非常に有用なツールということができるのです。

 

 

 

セルフトークマネジメントを継続することで「人間性が高まった」と実感する場面が二つあります。

 

 

一つは「セルフトーク」の変化です。

 

 

初歩の段階ではセルフトークをポジティブな言葉に変換することで手一杯かもしれませんが、ある時期からはやみくもに前向きなだけではなく、言葉に「自分らしさ」が加わってきます。つまり、ポジティブな自分が「願望」から「実現」の段階に入ってきたことの現われです。

 

 

 

もう一つが「自分への信頼」です。本当の自信と言っても良いでしょう。(セルフイメージが上がる)

 

 

 

仕事である程度の結果を出せば、会社からの評価が上がり周囲からの信頼を獲得することも可能です。しかし、現実のビジネスなどでは課題を乗り越えた後にはまた次の課題が現れ、新しい不安が生まれることを繰り返すことがほとんどです。この悪いループが原因で、多くのビジネスパーソンは疲弊していきます。

 

 

 

しかし、セルフトークによって自信を獲得すると、不安はどんどん消えていき、もっと上のレベルの目標を達成したいというエネルギーが沸いてきます。

 

 

 

セルフトークマネジメントで得ることのできる自信は、「自己肯定感」「自己効力感」といわれ、コーチングなどでも最重要視される概念です。

 

 

 

自己信頼の高い人間は、自分の目標を達成することはもちろん、周囲の人間にも強く良好なエネルギーを与えることができます。ビジネスの成功はもちろん、広く社会貢献ができるような存在です。

 

 

 

いきなりは難しいかもしれませんが、まずは今日から自分に発する言葉をポジティブに変換することから始めてみてはいかがでしょうか。セルフトークマネジメントをマスターすれば、自分でも驚くような成功を手に入れていることができます。

 

 

セルフトークマネジメントのやり方

 

 

 

セルフトークマネジメントの始めの一歩は、「セルフトークを自覚すること」(意識化)です。

 

 

 

セルフトークは一日に何万回も行われているにもかかわらず、ほとんどの場合は無自覚に行われています。そのため、知らず知らずにネガティブな言葉が脳に送られ、心身に悪影響を与えている恐れがあります。

 

 

 

セルフトークを意識し、自覚的に行うためにはメモを取ることが大切になります。独り言や心の中で言ったことはもちろんですが、「思ったこと」も書いておきましょう。

 

 

 

また、なぜそう思ったのかの理由についても書いておくことが必要です。こうなると「言葉」だけでなく「感情のコントロール」という領域に入ってしまいますが、言葉と感情の関係を自覚するためにも大切な作業です。ただし、あまり深入りせずにメモを取っておくだけでも十分です。

 

 

 

セルフトークを自覚できたら、次はいよいよ言葉をポジティブなものに変える作業に入ります。

 

 

 

「もうだめだ」「ここが限界」というこれまでのネガティブな反応を、「さあ続けよう」「まだまだやれる」というポジティブなセルフトークに変えるのです。そのまま本当にやりきってしまうと、充実した成功体験を味わうことができます。

 

 

 

これが習慣的にできるようになればしめたものです。目標達成や本当の成功に向けてのサイクルが回り始めたことになります。

 

 

 

せっかくポジティブな言葉への言い換えができたとしても、「でも」「しかし」という言葉を使ったり「できない理由」を探し始めることはやめましょう。これではパフォーマンスを上げることは難しくなります。

 

 

 

セルフトークで自分を励ますことをマスターした時に陥りやすいのが、できない理由を「外的な要因」に求めることです。環境に責任を転嫁するようでは、セルフトークマネジメントの効果が全く期待できなくなってしまいます。

 

 

 

大切なことは「できる理由」を探すことです。

 

 

 

もちろん全てがうまくいくことばかりではありませんが、一見失敗に思えるような結果であっても、必ず「小さな成功」と「未来への希望」が隠れています。その小さな希望の光を見つけることで、次に挑戦するための大きなエネルギーを手に入れることが可能になるのです。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント

 

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)あなたの年収を引き上げるセルフコーチング質問表