NLPビリーフチェンジやり方。信念、潜在意識の書き換え

 

 

 

カウンセリングやセラピー、コーチングでクライアントに成果を出させる技術で大事なのが信念の書き換えビリーフチェンジです。

 

 

 

 

 

「あなたが信じていることは本当?あなたが出来ると信じようと、出来ないと信じようと、どちらも正しい。自分を制限しているビリーフを外し、自分の可能性をもっともっと信じること。」

 

 

 

 

ビリーフとビリーフチェンジとは

 

 

 

先にビリーフについて解説しておくと、ビリーフはその人が持っている信念の事。(正しいと信じ込んでいること)

 

 

 

 

「私は~~でなければいけないとか」「あの人は~~しなければいけないとか」いう思いの事です。

 

 

 

 

もっと詳しく言うと「私は完璧でなければいけない」「あの人はもっと働かなければいけない」とかね。

 

 

 

これらは、すべて真実ではなく、その人の信念、価値観によって形成されたものです。(思い込み)

 

 

 

これらがビリーフ、信念と呼ばれるものです。

 

 

 

 

ビリーフを扱うに当たって大切なことは、自分(クライアント)に取って必要か不必要か、役に立っているか、役に立っていないかを明確に判別する事。

 

 

 

そしてクライアント自身の望ましい未来の為に制限を掛けているビリーフを特定、外していく必要があります。時には新しいビリーフに書き換えて上げる必要があります。

 

 

ビリーフの抽出、自分のビリーフを知る

 

 

 

以下の様な形で穴埋めを書き出すと、自分自身のビリーフを特定することが出来ます。

(クライアントさんのビリーフも特定することが出来ます。)

 

 

 

 

①「私には○○○○出来ない、なぜなら私は、●●●●だから。」

○の部分と●の部分を書き出してみよう。

 

例)私は彼女に好きと言えない、なぜならば私は容姿が悪いからだ

 

 

 

 

 

②実は○○○○が成功すると都合が悪いかも知れない、なぜならば●●●●」

○の部分と●の部分を書き出してみよう。

 

例)実は一年後に独立の夢が成功すると都合が悪いかもしれない、なぜならば私は安定を失うからだ。

 

 

 

 

③上手く行かない現状は、自分が望んでいる。なぜならば●●●●

●の部分を書き出してみよう。

(これは2次利得の考えです。あなたが上手く行かないことで手に入れていることを挙げましょう)

例)きつい思いをしなくて良いからだ。

 

 

 

 

こういった穴埋めを通して言語か、表面化する事で自分のビリーフを特定して、「自分に取って役に立つ肯定的なもの」「自分を制限してしまう否定的なもの」「あなたが取り除きたいもの」を抽出しましょう。

 

 

 

 

ビリーフはなぜ出来る。ビリーフの正体

 

 

 

ビリーフは私たちの成長の過程で学習されて行きます。

 

 

 

 

 

親先生、学校の友人の関わりの中から学び、社会や組織のから学び、あるいはみずからの体験から学び、私たちは生まれてから現在に至るまで学習を続けながら成長してきています。

 

 

 

 

両親、教師、大学の教授、友人、新聞、インターネット、ラジオ、テレビ、これら全てを起源とし、何度も何度も私たちの信念が影響を受けていきます。

 

 

 

私たちの殆どにとって課題なのは、多くのそれらの情報は、私たちが若い時、真実なのか、意見なのかの区別がついていない時に出会うことです。

 

 

 

この学習の過程で、一回あるいは複数回の体験を通してある事柄がまるで真実である、当然であるかのような確信に近い状態に至ることが多々あり、人々は大抵の場合、幼い頃から両親、教師、権威ある人の言うことを聞くことで、自分に限界があると信じてしまいます。

 

 

 

それが私たちにとって真実となり、私たちが決定を下す基礎となる無意識に蓄えられるのです。

 

 

 

 

この様なビリーフは、自分自身を肯定的な物をもたらせてくれるものもありますが、逆に自分自身に制限を掛けているものもあります。

 

 

 

 

自分自身に制限を掛けるビリーフの事をリミティングビリーフと呼び、自分自身を肯定的な物をもたらせてくれるものをエンパワリングビリーフと呼びます。

 

 

 

 

 

幸いなことに、私たちは大人で、私たちの信念を検証し、もう必要で無いものを書き換えたり、捨てることが出来るのです。

 

 

 

 

自分に制限を掛けているようなビリーフに、自ら気づいたり、自らの意思で書き換えたり、取り除いたりするのが、ビリーフチェンジ(信念の書き換え)というワーク。

 

 

 

 

ビリーフチェンジやり方、信念の書き換えのやり方

 

 

以下の質問により、制限を掛けているようなビリーフに自ら気づく事が出来ます。そして取り除いた後の世界観や気持ちを感じて貰います。

 

 

 

①自分の人生に制限を掛けているビリーフ(信念)はありますか?(※リミティングビリーフの特定)

 

②かつては、そのビリーフ(信念)はあなたの人生においてどんな役に立っていましたか?

 

③現在そのビリーフが自分にどんな制限を掛けていますか?

 

④自分に制限を掛けているビリーフに代わって、手に入れるとしたらどんなビリーフがあれば望ましいですか?(※エンパワリングビリーフの作成)

 

⑤その新しいビリーフを手に入れると、どんな可能性や選択肢が広がりますか?

 

⑥新しいビリーフを手に入れて行くことを想像して下さい。どんな気持ちがしますか?

 

 

 

 

この様に最終的にビリーフを取り除くのか、書き換えるのか、残すのかは自分で決めて行きます。

 

 

 

多くの人は本当は望んでいる成果があるのに、自分に取って不必要な信念(リミティングビリーフ)によって苦しめられてます。成果を阻害されています。それを本人が気づき本人の手で取り除いたり、新たな肯定的信念(エンパワリングビリーフ)に書き換えてあげる事が必要です。

 

 

 

 

コーチの仕事は、気づきを与えること、書き換えの手段を教える事、そして新たな信念の定着(習慣化)をしっかりサポートすることになります。

 

 

 

ビリーフチェンジやり方。信念、潜在意識の書き換えについてでした。

 

 

 

「あなたが信じていることは本当?あなたが出来ると信じようと、出来ないと信じようと、どちらも正しい。自分を制限しているビリーフを外し、自分の可能性をもっともっと信じること。」

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント

 

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

⇒(プレゼント)あなたの年収を引き上げるセルフコーチング質問表