会社を辞める前に絶対にやっておくべきwebメディア作り×セルフコーチング

会社を辞める前に絶対にやっておくべきwebメディア作り

 

 

 

 

 

会社にいる内に起業する際の下準備として絶対にやっておくのが自分のメディア作り。

 

 

 

 

自分の世界観を発信して多くの人に情報を届けることが出来る媒体。web媒体。

 

 

 

 

ビジネスの売り上げの基本的な考え方は、

 

 

マーケティングの神様と言われるジェイ・エイブラハムのビジネスの公式
売上=顧客数×購買単価×購買頻度

つまり、
LD(見込み顧客)×CV(成約率)×LTV(生涯顧客単価)=売り上げ

ビジネスでフォーカスする数字(KPI)はこの3つ。逆に言えばこれだけを考える。

 

 

 

そして、自前のwebメディアを持ち、育っていれば、見込み顧客獲得(LD)の部分ですぐにでもあなたのビジネスと直結させることが出来ます。

 

 

 

 

それ以外にも、ある程度隙間時間の作業で書いた記事のアクセス経過や、リスト取得数等でマーケットのリサーチが出来る事も大きいです。(求められている分野なのかどうか)

 

 

 

 

起業後のメディア作りというのも決して遅いわけではありませんが、自分の商品やサービスと市場のニーズがズレている事が起業後わかったりしても、軌道修正に時間がかかったり、精神的に不安定になったりしますので、安定している会社員時代にしっかりと自分メディアを育てるという事はあなたにとって強力な見込み顧客獲得(LD)=集客基盤となります。

 

 

 

私はブログでのメディア作りが得意ですが、ユーチューブやフェイスブック等自分の得意な分野が一つあると良いです。

 

 

 

 

そして最終的には、メルマガリストを取るという事をして下さい。(ライン@でもOK。)

 

 

 

 

これは絶対。

 

 

 

 

リスト=見込み顧客の数です。

 

 

 

 

いくらブログにアクセスが集まってもリストが取れなければ、ビジネスは安定しません。

 

 

 

 

逆にブログのアクセスが少なくても、リストが取れていればOKなんです。

 

 

 

 

それくらい、リスト第一で考えて下さい。

 

 

 

 

メルマガは自分の伝えたいメッセージを相手のメールボックスに強制的に送ることが出来る攻めの媒体と呼ばれる為、この数を増やしていくことが出来ればビジネスはいかようにも発展していけれます。

 

 

 

 

そして、何よりもメルマガが登録されるという事は、メールアドレスを登録してまで(ワンアクションしてまで)、あなたの情報を知りたいという人なので、自分のビジネスの方向性が正しいと言うことの裏付けになります。

 

 

 

 

私がメディア作りにブログを使っている理由は、資産化しやすいからです。

 

 

 

フェイスブックのように投稿する度にトラフィックが集まる訳ではなく、書いた記事全般に検索エンジンからの流入を見込めるので、手間暇を掛ければ掛けるほどアクセスが増えるので、集客が安定していきます。

 

 

 

コツコツとコンテンツを積み重ねていって、アクセスが集まる感覚、売り上げが上がる感覚がゲームにおけるRPG(ロールプレイングゲーム)をやっているみたいな感覚で好きだったりもします。

 

 

 

 

ブログを運営するのであれば将来的には独自ドメインのワードプレスブログを推奨しますが、アクセスが集まり出すまでは、時間が掛かりますので初心者であれば開始当初から反応が取れるアメブロが、始めやすく、楽しみながら運用出来るとは思います。

 

 

 

それに今はブログやホームページといった垣根がほぼなく、ホームページのようなブログも簡単に作れるようになっています。ホームページ型のブログを持つ事でクライアントから信頼を得やすくなります。

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたは自分のメディアを持っていますか?

自分のwebメディアを持つ事であなたのビジネスにどんな変化がありそうですか?

 

 

 

その他個人起業前に絶対確認するべき5つの事と、起業前にどれ位の見込み顧客を集めた方が良いのかをメルマガ読者限定で書いています⇒個人起業する前に確認する5つの事

 

 

納得を手放す事で得られるものがある×セルフコーチング

納得を手放す

 

 

 

「でも」「だって」は悪魔の言葉なんじゃないかと思っています。

 

 

 

どちらもその後に繋がる言葉は「~だから出来ない。」

です。

 

 

 

 

私は20代の頃から多くのチャレンジをしてきました。

 

 

 

 

でも、実際の所はチャレンジしている気になっていただけでした。

 

 

 

 

最終的にいつも自分自身の「でも」「だって」「~~出来ない」を手放すことが出来ずに、中途半端な結果しか得ることが出来なかったからです。

 

 

 

 

仮にあなたが現状に満足を出来ていない人で、この言葉が口癖であれば注意が必要です。

 

 

 

 

この言葉を発する限りあなたの人生はずっと満足出来ない人生になってしまうからです。

 

 

 

 

人が大きな成果を手に入れる時は、自分自身の何かを手放さなければいけません。

 

 

 

 

「納得を手放す。」

 

 

 

 

納得できない事の差はあなたと、あなたが望む成果を持っている人との差です。

 

 

 

 

大事なのは「でも」「だって」「出来ない」の言葉が出そうな場面で「どうしたら出来るのか?」を考える。

 

 

 

 

一番最短で成果を上げる方法があがる方法はあなたの望む成果を持っている実績のあるメンターを見つけて、メンターのを徹底的に真似をする。

 

 

 

 

これだけです。

 

 

 

 

モデリングという技術です。

 

 

 

 

でも多くの人はコレが出来ません。

 

 

 

 

「でも」「だって」「出来ない」で自分自身を納得させるから。

 

 

 

 

現状維持を望むのであればあなたの考えは100%正しい。

 

 

 

 

でも、大きな変化を求めるのであれば、この考えを手放さなければいけません。

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたが手放すべき「でも」「だって」はなんだろう?

NLPコーチ、NLPトレーナーは稼げない?年収例と評判

 

この記事は私がNLPコーチングコース取得実体験とNLPトレーナーコース辞退の経緯とNLPコーチやNLPトレーナーの年収例や、稼げない理由について考察しています。

 

 

米国NLPトレーナーコース辞退の件と評判

 

 

 

昨日は米国NLPトレーナーコースへの2次審査の為、大阪に行ってきました。(^^)

 

 

 

元々はNLPトレーナーコースまでは取るつもりはなかったのですが、プラクショナーマスターコースが3月で修了し、トレーナーコースの渡米は7月でタイミング的に良い事ともっと学びたいという思いからと現在時間的、経済的にもう少しの期間ゆとりがある事からここで行かないと後悔するなという思いからの参加にしましたが、

 

 

 

大阪での2次審査を受けて、色々と思う事が出来た為、トレーナーコースには行かない事に決めました。

 

 

 

 

今回の2次審査は審査ではありますが、アメリカで行われるトレーナーコースに向けての各人の準備や自身の足りない点などを再確認するという意味もあります。なので、自己紹介、スキルプレゼン、シノプシス(自身が行いたいNLPセミナー計画。結局はこれを作成し、アメリカで認可をもらう事ではじめてセミナーを開講出来る)等の課題がありました。

 

 

 

他の方のトレーナーコースへの思いやプレゼン、スキルのプレゼン、シノプシスを聞いていて色々な刺激を受けましたが、同時にやはりトレーナーズコースはトレーナーに「なるため」、「なれるよう」に組まれたコースで「トレーナーになりたい」という人が行くコースだなと(当たり前なのですが)改めて感じた事が理由です。

 

 

 

NLPの学びを深める為に行く様なものではないかな。(これは私個人の体感であって、自己紹介の際に同じく学びを深めたいとおっしゃる方もいましたので、どう感じるかは人それぞれかと(^^))

 

 

 

トレーナーコースの参加申し込みが4/6まででしたが、無理を言って4/8にねじ込んでもらった上で本当に申し訳ないのですが辞退を申し出ようかと思います。

 

 

 

ただ、大阪にきて2次審査まで受けてみないと、この様な感情や思いまでには至らないと思いますし、単純に1次、2次すら受ける前に行かないという選択をしていたら、定期的に後悔するような形になっていたと思うので、今回の2次審査を受けて見ての行かないという選択が出来たのは良かったと思います。

 

 

 

なにかをしないというのは、他のなにかが出来るという事なので。(^^)

(その後NLPコーチ養成講座は受けています。)

 

 

 

■私が作ったNLPトレーナーコースのシナプシス(トレーナーになった後の予定コース)

 

●コース名:米国NLP体験講座

・コース開催日程:2時間

・受講対象者:NLPを全く知らない方、お仕事でコミニケーションスキルを求められる方、心理学をマネジメントや実務に活かしたいとお考えの方。

・コースを開催する目的意図:NLPの事をしるきっかけ、もっと学んでみたいと思ってもらう。

・そして、各々の参加者が自由と成功を確立してもらえるようにプラクショナーコースを実施したい。

 

●コース名:米国NLP協会認定NLPプラクショナーコース

・コース開催日程:10日間

・受講対象者:カウンセラー、セラピスト、コーチ等対人支援業務のお仕事を目指す人

・コースを開催する目的意図:受講生がカウンセラー、セラピスト、コーチ等対人支援業務のお仕事を、より効果的に実施できるようになるよう、言葉や脳の活用方法を教える。そして、各々の参加者が自由と成功を確立してもらえるようにプラクショナーコースを実施したい。

 

1日目
◇上手く行くNLPの前提◇変化のプロセスとTOTEモデル◇NLPの約束◇コミニケーションの流れと実際◇キャリブレーション◇ニューロロジカルチェック◇目標設定

2日目
◇ラポールとは◇ペーシング◇シャドーイング◇表象系システム◇視線の解析

3日目
◇アンカリング◇ブラインド・ウォーク◇サブモダダリティ

4日目
◇メタモデル◇効果的な質問◇メタアウトカム◇サークルオブエクセレンス

5日目
◇リフレーミング◇シックスステップ◇問題解決

6日目
◇ミルトン・モデル◇トランス誘導◇2重誘導◇メタファー

7日目
◇タイムライン

8日目
◇恐怖症の治療◇スイッシュパターン◇ヴィジュアルスカッシュ

9日目
◇自己チェック◇ニューロロジカルチェック◇目標設定◇目標イメージ

10日
◇戦略◇パフォーマンス◇プレゼンテーション

 

 

 

 

記事に頂いたコメント

Kさん

 

良い選択をしたと私は思います。

 

私自身は実際にオーランドに行って、NLPトレーナーになりました。

 

そこで、感じたことは、トレーナーになるためのトレーニングではないということでした。

 

スキルを深めたり、新しいスキルをするわけではない。

 

教え方を学ぶわけではない。

 

催眠だけはバンドラーががっちり披露する。その催眠にかかったためか、帰国後多くの人がハイな気分になっていました。

 

NLPのスキルを更に深めようとしたり、教えたりするには、無駄なトレーニングでした。

 

なので、バンドラー系のトレーナーの質は年々落ちています。

 

ただ「NLPトレーナー」という名目が欲しい方には良いでしょう。

 

それと、今回の二次審査委員長は、裏口でトレーナーになった人です。

トレーナー審査の際は自信が無かったのか、欠席でした。

 

後ろから手を回してトレーナーに参加しました。

 

米国に行く飛行機の中では、
「アンカーって何?」
「ステートって?」

誰でも知っているなどを周囲の人に聞いていました。

勉強した人なら、深い知識はしらなくても、少しは分かっているはずです。

 

不正をした人間が審査委員長とは驚きです。

というより、腹が立ちます。

それを超えて、あきれています。

アライアンスのあり方が問題ですね。

 

自分のスキルを高めたり、より深い知識を勉強して心理学につなげたりするには無駄なトレーニングです。

 

もっともNLPの内容自体は科学的に証明されているものは半分もありません。

 

なので、自分自身を高めたり、深めたりするには無駄なトレーニングです。

 

参加しないのは正解だと、私は感じました。

 

 

私の返答

Kさん、コメントありがとうございます。(^_^)

渡米後のトレーニングコースの質が年々低下して来ているという声は聞いたことがありますし、実体験としてその様に感じられているのですね。

それでも私にNLPを教えてくれたトレーナーは尊敬できる方でしたし、NLP自体に疑念や不審は私の中でありません。学びをどう使うかですからね。トレーナーコースには意義を見いだせなかったというだけですので(^_^)

 

 

NLPコーチング受講してみての感想と起業、独立に向けて

 

 

 

NLPコーチングの実体験を書きます。

 

 

 

この記事にたどり着いたあなたは、NLPの講座に通い、プラクショナーを取得し、プラクショナーマスターを取得し、次にNLPトレーナーになろうかな?それともNLPコーチングの資格を取ろうかなと悩んでいるのかもしれませんね。

 

 

 

 

もしくはコーチングに興味有り、コーチングを学べる所はないかな~と思い、NLPコーチングに辿り着いているのかもしれませんね。(^_^)

 

 

 

 

コーチングとは何?と言うことは今回省き、NLPコーチング養成コースを実際に受けてみて私がどう感じたか、どう変化したかの感想を書きますね。

 

 

 

 

私はNLPのプラクショナー、そしてマスターコースを経て、NLPのコーチングコースを取りました。金額は全8回で28万位だったかな。

 

 

 

 

NLPプラクやNLPマスターはどちらかというと自分の変容を感じる事が出来た、心理学のコースでしたが、コーチングは人の変容(目標達成)のサポートをする為のものです。

 

 

 

なので、対人のスキル、あり方を学べるコースです。(そして自分のあり方が問われるコース)

 

 

 

 

コミニケーション能力が飛躍的に向上します。(傾聴のスキル、人が何を考えているのか、そしてどんな価値観を持っているのかがよ~~く分かるようになります)これは激アツです(^_^)

 

 

 

 

私の場合はプラク、マスターを教えて頂いた講師とコーチングの講師も同じであった為、さらに全幅の信頼をおいて学ぶことが出来ました。

 

 

 

 

全8回の講座でしたが、その大半がロープレ(コーチング実践練習)です。

 

 

 

私が受けたときには受講生が3人だけだったので、同じ方と何回もロープレする形にならざるえず、ちょっと良い環境ではなかったです。(っていってもNLPコーチ資格を受けるためにはプラクマスターを取得していなければならないため、絶対的な母数(参加数)が少ないのでこうなるのかな。)

 

 

 

 

講座以外の時間帯でも、プライベートセッションという形で、実際のクライアントさん候補(友人知人に依頼して受けてもらいます)にコーチングを提供する時間も設けられています。

 

 

 

 

無料に設定してのセッションでしたが、初めてのセッション。元カノにはじめは提供しました(^_^)。これはめちゃめちゃ緊張しましたね。

 

 

 

 

でもやり終えた後は、「良かったよ」とかの感想を聞いたりしたときに今までに無い高揚感ややりがいを感じた事を覚えています。

 

 

 

 

コーチングってまさに自分自身が商品、サービスなので、拒絶も肯定もすべて「自分」が問われるんですね(^_^)

 

 

 

 

こんな感じで、コーチングのスキル、考え方は習いますが、すでにNLPで学んだ事がリソースになっているので、NLPで学んだことを総動員して、カウンセリング、コーチングしていきます。

 

 

 

 

人は人にアウトプットする時により深く学びます。私に取ってNLPコーチングは、お金を払って受けている身とはいえ、今まで学んで来た自分が試される場でした。この点非常に貴重な体験でした(^_^)激アツです。

 

 

 

 

私はその後にさらにマイケルボルダック氏の提供する目標達成の技術を学び。ついに、目標達成コーチとして起業しました。

 

 

 

その後の活動に間違いなくNLPコーチングの素養は、活かされています。(^_^)

 

 

 

NLPコーチングに対しての不満点というか、改善点があるとしたら、コーチングのスキルは学べる。間違いなく。ただそれのマネタイズの部分が学べない。と言うこと。(仕方ないと言えば仕方が無いけど)

 

 

 

 

セールスの部分とマーケティングの部分が学べないのです。ここに関して言えば、商品作りや集客について私が教える事が出来ます(^_^)

 

 

 

 

NLPコーチングの評判で検索してきた人やNLPコーチングに興味がある人へ。コーチングのスキルはNLPコーチング受講で間違いなく学べます。非常に貴重な究極のコミニケーション技術です。(^_^)

 

 

 

仮に、この後のNLPコーチングでの起業や年収UPを考えているのであれば、是非私に相談下さいね(^_^)この記事を読んだあなたに逢えるのを楽しみにしております。

 

 

NLPコーチ、NLPトレーナーの年収例と稼げない理由考察

 

 

 

NLPコーチ、カウンセラー資格(NLPプラクショナー、NLPプラクショナーマスター、NLPコーチ養成コース)は取得にかかる費用が各コース共に30万近く掛かります。

 

 

 

そして、私が2次審査にて途中辞退したNLPのトレーナーになれるトレーナーコースについては100万位。(交通費等を含めると120万位します)

 

 

 

資格取得後の資格を活かした年収UPの期待値としてはNLPカウンセラー<NLPコーチ=NLPトレーナーだと思いますが、NLPコーチやNLPトレーナー単体で年収100万を超えている人は資格保持者の1%程度では無いでしょうか?

 

 

 

NLPトレーナーの方は資格取得費用に100万近い費用(プラクショナーとマスターコースを合わせれば200万近くになる)を出して、年収アップ及び回収が出来なければ目も当てられませんね(‘_’)

 

 

 

確かに、心理学系の資格取得後は自己理解と他者理解のスキルが高まっているのでコミニケーションの質が劇的に向上します。

 

 

 

そして人の悩みの9割は人間関係(コミニケーション)の問題だと言われているので、このNLP資格取得によるコミニケーション能力の向上は、長い人生を考えたときには投資したお金以上に大きなメリットを得ることが出来る資格ではあります。

 

 

 

ただ、私の様にカウンセラーやコーチ、NLPトレーナーとして起業や開業、独立目当てでNLP資格取得を考える人も多くおり(NLP資格を一緒に取得した同期の1、2割位の方は「将来起業・開業出来たらいいな」みたいな目標を持っていましたし)、やっぱりNLPコーチやNLPトレーナーとしてしっかり価値提供して、年収を上げていきたいと考えているわけです。

 

 

 

でも実際に資格を使って、稼げている人、食えている人はごく少数。

 

 

 

 

なぜNLPコーチ、NLPトレーナーが稼げないのかについて。

 

 

 

 

それは【クラインアントに成果を出させる技術(コーチング、カウセリングスキル)】はしっかり学べるが、【クライアントを獲得する技術】【クライアントを集める技術】NLP講座内では学んでいない、教えてくれないからです。

 

 

 

 

これがNLPコーチ、NLPカウンセラー、NLPトレーナーが稼げない絶対的な理由です。

 

 

 

 

そして、NLPカウンセラー、NLPコーチング、NLPトレーナー資格で起業、独立開業する上で、身につけるべきスキルはいくつかあるのですが、率直に言えば契約が取れるファーストセッション(体験セッション)が出来れば、あなたは今すぐにでも稼げるカウンセラー、コーチ、トレーナーになれます。

 

 

 

 

例えば、私のコーチングにおけるファーストセッション(初回のお試しセッション)。お客様にその後も継続利用して頂ける(契約)確率は40%~50%位です。

 

 

 

一般的にセールスにおける成約率は20%を越えれば一流と言われる中で倍以上の成約率を誇るわけです。

 

 

 

 

しかも、継続サービスの単価は20万~50万位なので、7人の方に体験セッションに来て頂ければ、3人位とは契約が取れて、月の収益は100万を超える時もあります。

 

 

 

 

これはなにも私が特別なのでなくて、体系立てられたファーストセッション(初回のお試しセッション)の技術が凄いわけです。

 

 

 

 

そしてこのファーストセッションのスキルは、心理学系の資格取得者であれば少し練習すれば身につけることが出来るスキルです。このセッションの技術は教える事が出来ます(^_^)。

 

 

 

そしてこのファーストセッションのスキルに関して言えばメルマガ内にて、ご紹介しています。是非ご活用下さい。

 

 

 

コーチングのやり方、手順、方法【コーチング起業】

コーチングのやり方、手順、方法【コーチング起業】

 

 

 

パーソナルセッションとは何かと言うと1対1での会話をする技術のことです。

 

 

 

 

その1対1での会話の中でクライアントの求める目標の達成をサポートしていきます。

 

 

 

パーソナルセッションでは様々なスキルを駆使します。

・心理学
・脳科学
・行動心理学
・自己啓発
・アイデンティティ
・潜在意識/顕在意識
・コーチング
・成功哲学

 

 

 

 

などなどですね。あなたの人生で学んだことを総動員して、クライアントに成果を上げさせます。

 

 

 

 

結局のところ人生とは人と人とのつながりであり多くの人の悩みが《 人間関係にある 》とも言えると思います。人と会話するのになにか特別な資格が必要でしょうか?

 

 

 

 

そうです。コミュニケーションに資格は必要ありません。コミュニケーションに求められるのは資格ではなく《 質 》だと私は思います。

 

 

 

まずはクライアントの夢実現や目標達成や理想を現実にすることをサポートすることが何よりも大切なことではないでしょうか?

 

 

 

 

それは資格がもたらすものではなくあなたという《 存在 》がもたらすものだと私は考えています。

 

 

 

 

人の役に立てる【じぶん】に成長するからこそ 稼ぐ自分へと成長することができるのです。

 

 

 

 

コーチングの形も色々ありますが、実際のコーチングの基本手順としては以下の様な流れになります。NLPコーチングをベースにしていますが、他のコーチングも同じです。

 

 

 

コーチングセッションのやり方、手順、流れ

 

準備(セッティング)
コーチング(面談・会話)始める了解を取る。

アイスブレイク
お互いの緊張を解く

コーチングの目標設定(最終ゴールを決める)
複数のゴール候補を出し、その中から扱うゴールを選ぶ

成果を確認・評価する方法を決める
「何がどうなったらコーチングが上手くいったのか」をあらかじめ決めておく。

このセッションの目標を決める
この時間(コーチング/面談/会話)で何を達成したいのかをはっきりさせる。

目標(ゴール)を明確にする
目標(ゴール)に対しての現状を明確にする。

現状と目標の差を明確にする
現状との差がある理由、課題、目標達成に必要なリソースなどを明確にする。

具体的に何をするかを決める
目標(ゴール)に向けての最初の第一歩を決める。

このセッションの成果を確認する
この時間(コーチング/面談/会話)の成果をはっきりさせる。

フォローを決める
その後のフォローの仕方を決める(次にいつ話すかを決めるなど)

 

 

準備とアイスブレイク–コーチングを始める許可とリラックス

・今から○分間コーチングを始めたいと思います。
・○○についてこれから○分話しましょう。
・これから例のプロジェクトについて話しませんか?
・あの仕事はどこまで進んでいますか?

コーチングの目標設定–コーチングで扱う目標(最終ゴール)を明確に決める。

・今、何を達成したいと思いますか?
・あなたは、どのようになりたいと思いますか?
・あなたにとっての理想の状態とはどのような状態ですか?
・そのゴールを達成した時の副産物は何ですか?
・そのゴールを達成したら、次にどのようなゴールを持ちたいですか?

成果を確認・評価する方法を決める

・そのゴールを達成したことを何で図ることが出きますか?
・どのようになれば、ゴールを達成した事がわかりますか?
・ゴールが達成出来た事を数値で表すとどうなりますか?

このセッションの目標を決める

・これからの時間でどの目標について話したいですか?
・これからの時間帯で○○について何をはっきりさせたいですか?
・この時間帯でそのゴールについてどこまで話したいですか?
・この時間帯で何が整理されるといいですか?
・この時間帯をどのように使いたいですか?

目標を明確にする–目標(ゴール)に対しての現状を明確にする。

・ゴールに対して今どれ位進んでいますか?
・ゴールを100としたら今どれ位ですか?
・現状出来ている事、出来ていないことは何ですか?
・上手く出来た体験はありますか?

現状と目標の差を明確にする。

・何があればゴールを達成出来ますか?
・ゴールを達成出来ていない理由はなんですか?
・妨げとなっているものはなんですか?
・出来ていない部分を埋めるものは何ですか?
・やろうと思って出来ていない事はなんですか?
・足りないものは何ですか?
・必要な知識、スキル、ツールはなんですか?
・必要なサポートはなんですか?

具体的に何をするかを決める

・まず何をやりますか?
・ここまで話して、やろうと思った事はなんですか?
・この話が終わった後、最初にやる事はなんですか?
・今出来る事はなんですか?
・この一週間で何に取り組みますか?

このセッションの成果を確認する。

・最初に立てた「このセッションの目標」に対して、どこまで話すことが出来ますか?
・気づいたこと、整理されたこと、はっきりしたことはなんですか?
・この時間にどんな価値がありましたか?
・ここまで話してみての感想は?

フォローを決める

・次はいつ話しましょうか?
・決めた事を実行したら連絡を下さい
・何月何日に続きを話しましょう。

 

以上セッションの流れはこんな形です。

 

コーチング質問集、質問集、質問一覧リスト


 

 

コーチング起業で使えるコーチング質問集、質問集、質問一覧リストを作りました。(^_^)

 

 

 

当然、それぞれの質問には意図があり、闇雲に使ってもなんの効果も生み出しません。

 

 

 

しっかりとカウンセリング、コーチングのスキルを学んで質問の意図を理解した上でコーチングセッションの参考資料としてお役立て下さい。

 

 

シンプルな質問(コーチングセッション)

・どうしたいですか?
・何が問題なのですか?
・今、どういう状態ですか?
・以前はどうでしたか?
・どんな感じですか?
・どう思いますか?
・どうしたら良いと思いますか?
・これからどうしますか?
・何が必要なのですか?
・今すぐにやれることはなんですか?
・ほかにはどうですか?
・次は何ですか?
・何をいつまでにしますか?
・いつ実行しますか?
・必ず実行しますか?
・何か気づいたことはありますか?
・何を学びましたか?

 

ゴール(目標設定)についての質問(コーチングセッション)

・あなたの目標ゴールはなんですか?
・何がどのようになればいいと思いますか?
・あなたのしたいこと、得たいものは何ですか?
・今一番やりたい事はなんですか?
・それについてどうしたいと思われますか?
・どういう状態を手に入れたいと思いますか?
・どうなれば今よりも満足出来そうですか?
・今までと違うどんな行動をが起こせたらいいですか?
・どんな結果を望んでいるのですか?
・問題が解決され上手く行ったら、どんな状態になりますか?
・どうなるのが一番理想的だと思われますか?
・今最も望んでいる事は何ですか?
・しなければならないことで無く、あなたがしたいことはなんですか?
・そのゴールは現実的ですか?
・そのゴールを達成すると何が手に入りますか?
・そのゴールを達成したときに得られるものはなんですか?
・その向こうにあるゴールは何ですか?
・最終的にはどうしたのですか?
・最終的に求めているものはなんですか?
・それを達成したらどうなるのですか?
・何のためにゴールを目指しているのですか?
・そのゴールを達成することで今得ていない何を得ることが出来ますか?
・何か変えてみたいと思っていることはありますか?
・3年後どうなっていたいですか?
・5年後のあなたはどこで、何をしていますか?
・長期的に見てもっとも重要な課題はなんでしょうか?
・もう一度人生を送れるとしたら、どんな人生を送りたいですか?
・魔法の杖を一回だけ使えるとしたら、何を実現させたいですか?
・ゴールを達成したときの事を頭の中で絵に出来ますか。それはどんな絵ですか?
・その目標を達成したら、次にはどんな目標を持つ事が出来ますか?
・目標達成の過程でどんな事を身につけられそうですか?
・そのゴールを達成出来たら、どんな付加価値がついてきそうですか?
・そのように行動したら、どんな付加価値が付いてきますか?
・途中で進捗状況をチェックする方法はありますか?
・何を持ってゴールを達成したと判断できますか?
・どういう状況になったら、ゴールが達成出来たと思うことが出来ますか?

 

現状についての質問(コーチングセッション)

・現状はどうなっていますか?
・今分かっていることはなんですか?
・今上手く行っていることは何ですか?
・上手く行っている理由はなんですか?
・何が上手く行っていないのですか?
・理想の状態を10点満点として今の状態は何点ですか?
・そうなった原因はなんですか?
・どのような経緯でそうなったのですか?
・一体何が起きているのですか?
・今、何が起きていますか?
・あなたの周りで何が起きていますか?
・目指すゴールを10点とした場合、今は何点ですか?
・あなたの意識はどこに向いていますか?
・あなたはどのように理解していますか?
・あなたはどの様に判断していますか?
・今はどんなお気持ちですか?
・その不安はどこから来るのでしょう?
・今は何か気がかりな事はありますか?
・どういう事が気がかりになっていますか?
・今の状況で得ているものは何ですか?失っているものはなんですか?
・何が一番心配なのですか?
・自分で限界を設定しているところはありませんか?
・この状況を放っておいたらどうなりますか?
・これから状況がどういう風に変わっていくと思われますか?
・行き着く先はなんですか?
・何が問題なのでしょうか?
・前に進んでいくのに、何が障害になっていますか?
・最大の障害は何ですか?
・なかなか目標が達成出来ない理由は何だと思いますか?
・なぜギャップが起こっているのでしょうか?
・これまでそれについて何をしてきましたか?どういう対応をしてきましたか?
・今やった方があるのに、していないことはありますか?
・やらない方が良いのにやり続けている事はありますか?
・その為に今何をしていますか?
・目標を達成するために現在どのような行動を取っていますか?

リソース(資源)を聞く質問

・問題はお金ですか?人手ですか?情報不足ですか?
・その為に誰の力を借りれますか?
・あなたが利用できる資源は何ですか?
・必要なサポートをどのようにして得ますか?
・必要なもののチェックリストは作れますか?
・必要な時間はどのように確保しますか?
・コレまでの経験や方法で使えそうなものはありますか?
・誰が協力者になってくれそうですか?
・それについて誰のアドバイスを受ける事が出来ますか?
・昔の先輩や同級生で相談に乗ってくれそうな人はいますか?
・誰かアイデアを持っている人を知っていますか?
・そのことについての権威を知っていますか?
・その情報をどのようにしたら手に入れる事が出来ますか?
・決断するに当たってどんな情報が必要ですか?
・何か参考になる本はありますか?
・本屋さんの棚を隅々まで探したら参考になる本は何冊くらい出てきそうですか?
・何か役に立ちそうなセミナーや講座はありませんか?
・インターネットで検索してみませんか?
・私がコートとしてサポートできそうな事はありますか?
・回りからサポートを貰うべき時とは、どんな時ですか?

解決策を考える質問(コーチングセッション)

・どう対処しようと思っているのですか?
・どのようにしてそれを克服するつもりですか?
・どうすればそれは出来そうですか?
・どういう方法でやりますか?
・上手く行くために何が必要ですか?
・何かすぐ手を付けられることはありますか?
・今すぐにやれることはなんですか?
・具体的にどのようにやるのですか?
・それをやる事でどのような未来が開けますか?
・何かもう一捻り出来ませんか?
・目標を達成するために必要な事は何ですか?
・「現状に何が加われば、あなたの思い通りに進みそうですか?」
・何をしたらいいかを知るために出来る事はありますか?
・どうすればこの状況を改善できますか?
・どんな可能性が考えられますか?
・どんな物の見方や考え方をする必要がありますか?
・上手く行っているとはどういう状態ですか?
・この状況で必要な事はなんですか?
・もし自分に能力や知識や、スキルが十分にあったとしたらどのようにしますか?
・いくらでも人や時間やお金が使えるとしたらどのようにしますか?
・時間やお金の制約を外して考えれば、何か思いつくことはありますか?
・今の状態を維持するために必要な事はなんですか?
・もっと楽にやるにはどうすれば良いですか?
・どうすればそれは可能になりますか?
・どのような選択肢がありますか?
・他の方法は考えられますか?
・もっと簡単にできる方法は考えられますか?

具体的行動を聞く質問(コーチングセッション)

・それに対してなにか行動する必要はありますか?
・どんな計画を作る必要がありますか?
・ほかに考えられる選択肢は何ですか?
・どんな順序でやりますか?
・もしなんでも出来るとしたら何をしたいですか?
・もしもこのことについてどんな選択肢でもできるとしたら何をしますか?
・簡単にできること、すぐやれることはありますか?そのプランは現実的ですか?
・必要な知識は何ですか?
・必要なスキルは何ですか?
・どんな作戦を練っているのですか?
・どうしたら楽しんでやれますか?
・万が一の場合、どのような計画を持っていますか?
・それでは、どういうことだったらやれそうですか?
・その次の段階はなんですか?
・これから何をしますか?
・今日から出来そうな事は何かありますか?
・そのほかに何か出来そうな事はありますか?
・そのほかに何かありますか?
・他に何が出来ますか?
・それぞれのメリットとデメリットはどうですか?
・どの点に注意すると良いと思いますか?
・それを試しにやってみることは出来ますか?
・ゴールを目指したときに、まず何点を目指しますか?

やる気を聞く質問(コミットメント)

・どの程度実行しようという気持ちがありますか?
・今週それについて何をしますか?
・実行の可能性は100点満点で何点ですか?
・やる遂げる自信は100点満点で何点ですか?
・実行しなかった時に何を失いますか?

自己評価を促す質問(コーチングセッション)

・やってみてどうでしたか?
・あなたはどう評価しますか?
・ゴールに近づきましたか?
・前回以降どんなことがおこりましたか?
・計画の進み具合はどうですか?
・目標の何%位達成出来たと思いますか?
・上手く行ったことは何ですか?上手く行かなかったことは何ですか?
・10点満点で何点ですか?
・あなたの生き方や、価値観とどのくらい沿っていますか?

 

 

明確化・具体化を促す質問(コーチングセッション)

・具体的にそれはどういうことですか?
・「○○」とは具体的にどういうことですか?
・「○○」のところをもう少し詳しくお聞きしてよろしいですか?
・それはどういうことですか?
・具体的にそれはどういうことですか?
・もう少し具体的に話してもらえますか?
・たとえば具体例をあげたらどんなことですか?
・具体例をあげてもらえますか?
・あなたがその様に考える根拠はなんですか?
・どんなところからそう思われるのですか?
・私はお話をこういう風に理解しましたが、どれはまちがいないでしょうか?
・あなたが言いたいことの核心はなんですか?
・何かはっきりさせたい事はありますか?
・どうしたらはっきりしそうですか?
・どうやったらそれを知ることが出来そうですか?

優先順位を付ける質問(コーチングセッション)

・必要度の高い順に整理したらどうなりますか?
・優先順位をつけたらどうなりますか?
・優先順位の高い方から3つ選ぶとしたらどれですか?
・その中から一つ選ぶとしたらどれですか?
・緊急度の点から選ぶとしたらどれですか?
・重要度の点から選ぶとしたらどれですか?
・実行可能性の点から選ぶとしたらどれですか?
・気になっている度合いから選ぶとしたらどれですか?

 

手段・段取りの質問(コーチングセッション)

・どこから手を付けたら良さそうですか?
・どんな手順でやりますか?
・次のステップは何ですか?
・そのステップはいつまでにやりますか?

強みを聞く質問(コーチングセッション)

・あなたの長所は何ですか?
・あなたの強みは何ですか?
・自信のあることはなんですか?
・自分なりに工夫している事はなんですか?
・あなたが他の人と違っているところはどこですか?
・あなたは強みをどういうふうに活かせそうですか?
・上手くやれると思っているとことはどこですか?
・どういう状況なら自分の強みをもっと活かせそうですか?
・弱みだと思っている部分を強みに言い換えればどうなりますか?
・あなたはどんな事なら人のモデルになれそうですか?
・その強みはあなたにどんな可能性を与えますか?

成功体験を聞く質問(コーチングセッション)

・同じ様な状況をこれまでに乗り切った経験はありませんか?
・その時上手く乗り切れた要因はなにだったのですか?
・いつもはどういう風にやっていますか?それは上手く行きましたか?
・調子の良かったときは、どんな感じでしたか。(成功体験)
・最近、上手く行った時の事を話して下さい。
・その時はどこが良かったのですか?
・その時は何がうまくいっていたのでしょう?
・これまで一番上手く行ったやり方はどういう方法ですか?
・うまくいっていた事を続ければどうなりそうですか?
・今までの人生で一番輝いていたのはいつですか?

モデルを聞く質問(コーチングセッション)

・どんな人が今のあなたのモデルになりますか?
・仕事のやり方でモデルにしている人はいますか?
・人間関係の作り方でモデルになる人はいますか?
・今すぐまねをするとしたら、どんな部分を取り入れますか?
・あなたがモデルとする人だったらどんな行動を取るでしょうか?
・あなたがモデルにしている人だったらどうすると思いますか?

 

五感やイメージの質問(コーチングセッション)

・何かに例えられますか?
・例えていうと、どんな感じですか?
・今の気分を色で例えるとどうですか?
・それはどんな感覚でしょうか?
・それはどんなイメージでしょうか?
・自分がベストと思う姿や状態のイメージはどんなものですか?

 

区別する質問(コーチングセッション)

・出来る出来ない事ではなく、したいのですか、それともしたくないのですか?
・小さなゴールと大きなゴールに分ける事は出来ますか?
・他人を変えるのと自分が変わるのとどっちが現実的ですか?
・全体から見るとこれはどれ位重要ですか?
・それは目標ですか、それとも手段ですか?
・それは過去のことですか、現在のことですか、それとも今後のことですか?
・それは真実ですか?それともあなたの意見ですか?
・それは自分の為ですか、人の為ですか?
・人の目と自分の目どちらを気にしていますか?

 

別の切り口からの質問(コーチングセッション)

・ほかにどのような見方が出来ますか?
・単純に、シンプルに考えられませんか。本質は何だと思いますか?
・本番では無く、シュミレーションからやってみる事は出来ますか?
・それをゲームだと思ってやられたら、どんな良いことがありますか?
・もう一度やり直せるとしたらどういう風にやりたいですか?
・もしも絶好調のあなただったら何をしますか?
・どんな全体像を頭に思い描いてますか?
・その期限を半分に短縮して見ませんか?
・その目標値を倍にしてみませんか?
・もし、何の制限もなく、なんでも自由に出来るとしたら、どんな風にしてみたいですか?
・あなたの心の声はなんと言っていますか?
・上手くいっていたときは、今と何が違いますか?
・最高の状態の時何が起きていますか?

 

もう一つの視点からの質問(コーチングセッション)

・あなたにとってはどういう状態が自然体なのですか?
・別の視点からみれませんか?
・ほかにどういう別の視点が考えられますか?
・他の人はあなたをどう見ていますか?
・あなたが相手の立場だとしたらどう考えますか?
・近くに今のあなたのような人がいたら、どうアドバイスしますか?
・もし、同じ問題を抱えている人が居たら、どうアドバイスしますか?
・3年後の自分だったら今の自分になんと言うでしょうか?
・今から5年後どうなっていると思いますか?
・10年後の自分だったら今の自分になんというでしょうか?
・自分が上司だったら今の自分になんというでしょうか?
・新入社員の頃の自分だったら、今の自分になんというでしょうか?
・理想の自分だったら今の自分になんと言うでしょうか?
・あなたがコーチなら今のあなたはどう見えますか?
・どの視点があなたに一番フィットしましたか?

 

 

人間関係についての質問(コーチングセッション)

・今の問題で人間関係の比重はどの程度ですか?
・誰が関係していますか?
・その人との関係を改善する事は、ゴールの達成に役立ちそうですが?
・その問題において誰と誰との人間関係が重要ですか?
・その人とどんな関係でいたいですが?
・その人とのコミニケーションの目的はなんですか?
・もしその人との関係で一緒に目指しているものは何ですか?
・その人とのコミニケーションの目的は何ですか?
・もしその人との関係が改善したら何が何がどう変わりそうですか?
・あなたの立場ではどう振る舞ったら良いと思われますか?
・その人間関係がどういう風に変われば良いと思いますか?
・あなたが相手の立場だったらどう思うでしょうか?
・人の批判をする事は、その人との関係を良くしますか?
・一番大事な人は誰ですか?
・あなたが一番リラックスしてつき合えるるタイプの人はどのような人ですか?
・気持ちよく人と挨拶できていますか?

 

 

以上、是非コーチング質問集をあなたのコーチング起業、セッションに活用されて下さい。

 

 

セッション後にクライアントが行動してくれない

 

 

クライアントが行動してくれないというのはコーチにとっては困ったものです。

 

 

 

クライアントは手を変え品を変えて、行動しないで良い理由を探し出そうとします。コーチングにおいてクライアントの行動力を引き出す為には以下の5つのステップを意識して下さい。

 

 

1.目標達成に対しての快楽と痛みを体験させる。

 

・その目標を達成するとどんな良いことがあるのか?(快の感情を知る)

・その目標を達成出来ないとどんなひどいことになるのか?(痛みの感情を知る)

 

焚き付けるためにはこの2つを一度体験する必要がある。

 

 

2、言い分けに備える

つねにうまくいくなんてありえないこと・・・だからこそ簡単に続けられない時の為に試練がが来た時に備える。(何かが起こると予測しておく)

私たちは何十個何百個の言い分けを作る事が出来る。(時間がなかったから、雨が降ったから、忙しいから・・・)
これらの言い分けしそうなことをあらかじめ書き出してもらい、その対処方法も書き出す。

これにより実際の行動も楽になり、その気になりやすい。

 

 

3、緊急性をつくりだすこと

他にしなければならないことも全て考慮に入れたうえでこの新しい事をやらないといけない優先性をもたせて緊急性を作り出す。⇒出なければ・・・到底実行できない。今すぐにやらなきゃ、引き延ばしほど「延期のプロ」になりおそらく永遠にやらないだろう・・・やらなかった事で不成功の結果となって現れる。

何が自分に取って重要か優先順位をつける事が大事。スケジュールに入れ込むこと(緊急性・必要性・欲求)

 

4、習慣化を意識させる

やりたいことが何であっても生活の中に組み込むことで自動的にセットする。毎日の自然な行動・動作の中にセットしてしまえば疑問を持つことさえなくなる。その時にやりたいなあと思うかどうかに関わらず、とにかくやること!!つまりは習慣化を意識させる

 

5、その人になりきる

やりたい事をしっかり実行すれば【こんな人になれる】という人になりきる。自分自身はこういう人だと位置づけ(私は運動する人だ、私は料理をする人だ)やるのが自分らしい、自分は出来ると思い込ませる。

 

 

多くの人がやる気があるとか、やる気がないとか言うが、やる気は一方通行。勉強したいのにTVをみてしまう⇒TVをみることにやる気が向いているだけ。誰もが毎日コツコツやる気がある重要なのはそのやる気を必要な方向へ向ける事。

 

 

コーチングやり方、コーチング起業備蓄録

 

目標達成に必要な事は正しい目標設定確信度

 

 

 

そして、全ては自分が源だと理解する事。

 

 

 

有効な質問(セルフコーチング)

①何をしたいのか?(目標設定)

②なぜしたいのか?(目標達成しなければいけない絶対的な理由を明確にする)

③どうしたらそれを実現できそうか?(戦略をねる)

④行動をする⇒結果が出る。失敗はない。これは自分に取ってどういう意味があるか?

⑤今自分がするべき事は何か?

 

 

 

目標設定

正しく目標設定をする。SMARTルールに合致しているか。
S:具体的である事。
M:測定可能である事。
A:達成可能である事。
R:価値観にあっている事。
T:期限が決められている事。

 

 

「正しく」目標を設定すれば人は目標を達成できるよう出来ている。

 

 

目標は「~しなければいけないではなく」「自らが強く望んでいる」事が重要。理想はノンコンフリクト状態

 

 

それでも目標がない人は多い。

 

 

 

目標設定のヒント

・一年後どうなっていたい。
・すべてが叶うなら何をする?
・10憶あったら何をする。(ホリエモン)
・死んだ後に葬儀でなんと言われたい。家族から。仕事仲間から。友達から。
・過去に戻れるなら何歳に戻りたい?そしてなにをする?それを今できない理由は?
・絶対失敗すると分かっているけどやり続ける事はなんだろう。(ヤニクシルバー。根源的な質問)

 

 

目標達成しなければいけない絶対的な理由を明確にする。

 

※目標を決めた後に必ず確認する事。

「あなたはなぜそれを達成したいのか?」(エコロジカルチェック)

・それを手に入れたら何が手に入る?(快の感情)
・それを手に入れなかったら何を失う?(痛みの感情)

 

 

これが薄ければ目標達成の為の原動力が低くなる。(2次利得に流される。)最悪別に達成出来なくても良いと思ってしまう。なんどもなんども自分に問いかける事。

 

 

目標達成した自分を臨場感リアリティをもって体感する。(成功のヴィジュアライズ)

 

成功は2度する頭の中での成功と、そして現実の成功。

 

目標を紙に書き出す。(書くだけではだめ。しっかり感情を味わう。ドリームボードも有効)

 

2次利得を理解する。

 

目標達成の為の戦略を考える。

 

「どうしたらそれを実現できそうか?」

「誰が既にそれを実現しているか?」(モデリングの技術)

 

 

どうすれば目標が達成できるのか「逆説思考」で筋道を作る。積み上げ思考では時間がかかる。

 

 

 

目標達成の確信を持つ。

コレとコレとコレをすればこれ位の結果が出る。ソレをどれ位やれば間違いなく自分の望む成果が手に入る。(←これが確信)

 

確信が持てれば人は行動出来る。(逆に確信がないから人は行動しない)

 

 

 

・信念のインストール(インカンテーション)

・枠を越え続ける。コンフォートゾーン(枠を越えることで人は自由になれる)

人間は何か新しい事を始めようとするときに、恒常性維持機能(ホメオスタシス)が働く。心臓が締め付けられるあのイヤーな感じ。全てこのホメオスタシスの働き。通称ホメちゃん。でもそのイヤ~な感じも数回やると、ホメちゃんは働かなくなる。これが通称「枠越え」です。

ホメちゃんが働くと言うことを自然な事。人は理由が分からない出来事は怖さが勝って行動できなくなる)

そして枠越えをしまくることで人はドンドン自由になることが出来る様になります(^_^)

 

・苦しければ小さく行動する。ベイビーステップ。ばからしい位に小さく細分化する。

 

・本物の情報を手に入れる。本物の情報とは一次情報とか2次情報とかではなく、なたが行動してみて得られた情報のこと。本当の情報とはまずは情報を元に行動してみて、その結果どんな情報を得られたか?(ここまでやってはじめて本当の情報が手に入る)そして何を選択するのか。

 

 

 

あとはやるだけ。

 

行動してみて得られる結果。

 

●失敗はない。上手く行かない方法がわかっただけ(失敗の成功)

「これは自分に取ってどういう意味があるか?」

●どうすれば上手くいくのか?戦略的に分析する。

●問題点は紙に書き出す。問題点は紙に書き出した時点で半分解決している。

・結果でなく成長にフォーカスする。

・毎日1%の成長で・・・。

 

「今自分がするべき事は何か?」

 

 

週報活用(セルフコーチングでも活用可能)
Q1. 達成する目標をSMARTルールに則って教えて下さい。

Q2. なぜ、あなたにとってこの目標を達成することが絶対なのでしょうか?

Q3. この1週間の目標は何でしたか?

Q4. この1週間の目標に対して自己採点は10点満点中何点ですか?

<10点満点でない場合>
1.10点満点ではない理由は何ですか?

2.その理由を解決するために必要な具体的な改善案は何ですか?

Q5. この1週間で行動したこと、得た結果は何でしたか?

Q6. この1週間で学んだこと・成長したことは何ですか?

Q7. 現時点でのトータルの成果を教えて下さい。

Q8. 結果を出すためにこれから改善できることは何ですか?

Q9. 翌週何をすると決めていますか?

 

 

 

個人起業・副業集客の為のキーワードマーケティング×セルフコーチング

個人起業・副業集客の為のwebキーワード選定、リサーチ

 

 

 

 

あなたの運営しているホームページやブログ等のwebメディアはあなたの商品を買ってくれるであろうお客さんをしっかり集めれていますか?

 

 

 

ブログ等のwebメディアを運営する上で、大事なのはキーワード選びです。

 

 

 

 

どんなキーワードを主軸に、webサイト、ブログを作り、どんなキーワードで記事を書くのか?

 

 

 

 

インターネットの世界では検索キーワードに打ち込まれるキーワードがお客様の悩み、お客様の需要なのでキーワードマーケティングのスキルを上げる事はビジネスにおいて圧倒的なレバレッジを掛けることが出来ます。

 

 

 

 

リアルのビジネスであれば、キーワードというものはそれほど重要視されませんが、web集客ではキーワードについて考える時間は非常に重要です。

 

 

 

ここをしっかり考え、選定し、戦略を立てることでアクセスや売り上げが10倍、100倍と変わってきますし、その後ののビジネス活動を楽に展開することが出来ます。

 

 

 

 

20:80の法則(仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。)でいうと、キーワードマーケティングの部分は2割の労力で8割の成果を生む非常にレバレッジの効いた重要項目ですので、是非キーワードについては力を入れて学んで実践してほしいと思います。

 

 

 

 

逆にここがズレると成果が生まれにくくなります。

 

 

 

 

ただこのキーワードマーケティングについて理解、マスターするとその後のweb集客において圧倒的なアドバンテージを得ることが出来ます!

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたのwebメディアにはどんな人が訪れていますか?

訪れている人はあなたの商品サービスを買ってくれそうな人ですか?

 

 

 

 

下記で少しだけ、キーワードマーケティングについての知識と便利なツールを紹介しています。

 

 

 

web集客の基本 ロングテール集客

 

 

 

ネット集客の基本はロングテールのキーワードでアクセスを集める事です。

 

 

 

 

ロングテールについて語る際には、良くアマゾンの販売戦略を引き合いに出して語られることが多いです。

 

 

 

 

リアル書店は、アマゾンの登場と共にマーケットをほぼ独占され、町の小さな本屋さんはどんどん無くなっています。大web集客、ロングテール集客の登場は非常に大きな変化でした。

 

 

 

 

リアル店舗の書店は当然店舗面積が限られているので、なるべく売れる商品だけ取り扱い、売れない商品は在庫として置いておきたくないはずです。下の図でいうと赤のヘッド商品(ベストセラー)を主に取り扱う形になります。

 

 

 

 


画像出典元:http://www.busi-sp.jp/long_tail.html

 

 

 

 

対して、アマゾンはメインはオンラインショップなので、商品ページさえweb上に作ればいくらでも商品数を取り扱うことが出来ます。(巨大な在庫倉庫を国内に数拠点あれば良い)、ヘッド商品だけでなく、上の図のテール商品(マイナー商品)も取り扱えます。

 

 

 

 

テールの商品は一つ一つの売り上げは大したことはありませんが、商品の数が膨大である為、大きな市場になりますよね。それをアマゾンはほぼ独占的に抑える事が出来たわけです。

 

 

 

テール商品目当てのアクセスでも当然ヘッド商品の売り上げにも繋がるわけで「全ての本が買えるアマゾン」。リアル店舗では到底勝ち目のない勝負になります。小さな町の書店を次々と閉店に追い込みました。

 

 

 

 

この恐竜の尻尾の形に分布する売り上げ傾向の事をロングテールと呼び。ロングテール部分に目を向けたマーケティング戦略の事をロングテール集客と呼びます。

 

 

 

 

web集客はこのロングテール戦略がほぼ基本になります。

 

 

 

無限とも言えるキーワードにおいて、需要が有り、ライバルサイトが少なく、なおかつ自分の商品を購入する(もしくは教育により見込み顧客化できる)であろう検索キーワードを分析、そのキーワードを主軸にwebサイトを作っていく。

 

 

 

ここら辺がキーワードマーケティングの神髄ですね。

 

 

 

無料で使えてキーワード選定に使える便利なツール

 

関連キーワードならグッドキーワード

 

 

 

 

関連キーワードならgoodkeyword(グッドキーワード)がお勧め!

 

 

例えば、クレジットカード系のサイトを作るときに、「クレジットカード入会」、「お勧めクレジットカード」、「クレジットカード比較」等の主要なキーワード(ビックキーワード)はパっと思いつくと思いますが、これらのキーワードで上位表示を狙うライバルサイトも多いです。

 

 

そんな時にサクッと「クレジットカード」の関連キーワード、ロングテールキーワードを調べるのに便利なのがgoodkeyword(グッドキーワード)というサイト、ツールです。(無料)

 

 

 

調べ方は簡単でgoodkeyword(グッドキーワード)サイトの検索窓に調べたいキーワードを入力するだけ!

 

 

 

すると実際の検索されている数の多い順に関連キーワードがグーグルとbingに分かれて表示されます。無料で使えるかなり便利なサイトです。

 

 

その中からご自身の集客属性、商品成約に繋がりそうなキーワードを選ぶ。というのがあなたのビジネスを成功に導くキーワード選びの方法になります。

 

 

グットキーワードツールの使い方を動画でも解説しています↓動画が少しでも参考になったら好評価ボタン、チャンネル登録お願いします。励みになります。(^_^)

 

 

さらにキーワードの月間検索数を調べる

 

 

キーワードの月間検索数を調べる。

 

 

 

明確に集客したいキーワードが定まっていないのであれば、出来るだけ月間検索数が多いキーワードで、サイトを製作した方がアクセスも集まりやすくなりますので、この検索数を調べる行為はかなり重要です。

 

 

 

グーグルの提供するキーワードプランナーアラマキジャケは併用して使っています。アラマキジャケが有効なキーワードもあるし、グーグルキーワードプランナーの方が強いキーワードもあるので、色々と使い分けて下さいね。

 

 

 

簡易なツールとしてはアラマキジャケをお勧めします。

 

 

 

グーグルキーワードプランナー、アラマキジャケの使い方を動画でも解説しています。動画が少しでも参考になったら好評価ボタン、チャンネル登録お願いします。励みになります。(^_^)

 

 

グーグルキーワードプランナー使い方↓

 

アラマキジャケの使い方↓

オールインで使い勝手良いSEOパック(無料)

 

 

「SEO Pack」(無料サイト)についても紹介しておきます。

 

 

オールイン(月間アクセス数、関連ワード)でさらにSEO難易度も表示されて無料で使える。

 

 

キーワードを入力して、難易度検索すると、難易度、月間検索数、関連キーワードが表示されます↓

 

 

このサイト、ツールでの推奨は(SEO難易度70以下&検索数5,000以下)のキーワードが推奨されてます。

 

 

SEO Packの紹介、使い方動画でも解説しています↓動画が少しでも参考になったらいいねボタン、チャンネル登録お願いします。励みになります。(^_^)

 

 

 

これらは無料ですが、かなり使えるキーワード選定ツールですので是非お役に立てて下さいね(^_^)

 

 

 

 

検索順位分析ツールGRC

 

 

キーワードマーケティング運用する時に必須なのが、自分のwebサイトが検索順位何位にきているのかを管理することなのですが、私は検索順位分析ツールGRCを利用しています

 

 

 

webマーケッター御用達のツール検索順位分析ツールGRC

 

 

 

GRCは検索ワードとURLを打ち込むことで、そのURL(記事ページ)のそのキーワードでの検索順位を簡単にチェックできる便利ツールです。

 

 

 

本日契約期間の一年が過ぎたのでライセンスの再登録登録をしようとしたのですが、値段の仕様が大幅に変更になっていました。↓

 

 

 

元々はパーソナルプラント(無料)とビジネスプラン(9860円)の2つの仕様だけだったと思いますが、5プランになっていますし、以前のビジネスプランと同機能のアルティメットプランは24,300円大幅な値上がりとなっています。

 

 

 

値上がりの理由は、グーグルの仕様変更による対策費の高騰によるとの事です。業界全体的に値上がりすると思われますとの事。こういったツール業界も日進月歩なのですね。

 

 

 

私はエキスパートプラン14,800円で利用しています。

 

 

 

このプランで十分と言えば十分ですが、このプランだと追跡出来るURL数は500になりますので、現700記事登録から200記事登録の削除を行いました。

 

 

 

私はブログ記事作成毎に主要なキーワードでの検索順位をチェッカーに登録して順位を定期的に確認しています。

 

 

 

定期的にチェックしていればリアルなグーグルからのサイト評価を数値として知ることが出来るからです。それに加えて登録しておいた関連するキーワードをふと調べた時に、思わぬ高順位になっているのを知れる事がある為です。

 

 

 

 

特に狙ってもなく、記事にテコ入れもしてないようなキーワードで検索順位10~20位が取れている様なら、ライバルが緩いという事で、ちょっとテコ入れすれば、一桁台の順位に乗せれるようなキーワードがチェッカーを利用していれば簡単に拾えるからです。

 

 

 

逆にチェッカーを利用していないとこういったお宝キーワードは拾えません。

一度使ったら手放せません検索順位チェックツールGRC

 

 

 

 

メルマガ配信スタンドのメール到達率について【個人起業コーチング】

メルマガ到達率について【個人起業コーチング】

 

 

私が利用しているメルマガ配信スタンドはエキスパートメール、略してエキスパです。

 

 

メルマガについては最近本当に届きにくくなったというイメージが強くあります。個別のメールのやり取りでもたまに迷惑メールに入ってしまい(自分のメールが入ったり、相手のメールが入ったり)やり取りが上手く行かないと言うことも多々あります。

 

 

メルマガ到達率についての話はエキスパの中で七星明さんが重大なお話として話されておりますが、↓

 

 

各メール送受信サービスで迷惑メールを判別するアルゴリズムも色々と変化しているようで共有アドレスでのメルマガの配信をしていると届きにくくなっているとの事。

 

 

個人間で利用すると届くメールアドレスがメルマガで配信すると届かなくなると言う理屈はちょっとわからないのですが、

 

・新しいIP、ドメインのアドレスはブロックされる
・送信者のアドレスを評価している
・古いドメイン、オールドドメインは評価される
・受信者の迷惑メール判定も評価材料
等々のアルゴリズムが適用されるとの事。

 

 

アルゴリズムと言うと、グーグルでのパンダアップデートとかペンギンアップデートを真っ先に思い浮かべますがメール送受信サービスでもそう言ったアルゴリズムがあるのですね。

 

 

ここでも良質なコンテンツ以外では評価されないアルゴリズムが適用されつつあるのですね。

 

 

元はと言えばスパマー対策なのでしょうが、本当に迷惑な話(‘_’)。

 

 

エキスパさんでは、到達率を上げるために、各送受信サービスさんにも連絡を取り、エキスパのメール到達率向上を図っているとの事。

 

 

当然、配信者側にもチェックを行い良質な配信者のみをエキスパ利用権限を与えるようにも行動しているようです。

 

 

現在はこのように、配信者側のメルマガコンテンツにまでチェックが入る時代になっていると言う事です。各期間で手間は掛かってしまいますが、良質なコンテンツ全盛な時代になってほしいと切に思いますね。

 

 

今日はメルマガの雑学についてでした(^_^)

 

 

メルマガ配信出来ない、解除が怖いメンタルブロック

メルマガ配信出来ないメンタルブロック、心理的障害を取り除く

 

 

 

起業後にブログと共に大活躍するのがメルマガ

 

 

 

あなたの収益を増加させる為に、「攻め」の媒体であるメルマガは非常に強力です。

 

 

 

 

ブログは受け身の媒体ですが、(いつ訪問してくるのか、どの記事を読むのか相手次第)メルマガは相手のメールボックスに好きなタイミングで好きなメッセージを届けることが出来ます。

 

 

 

強力なセールスツールです。

 

 

 

 

ただ、攻めの媒体である故に「メルマガが書けない(-_-;)・・・」という方は結構多いです。

 

 

 

メルマガを始める時に一番強いメンタルブロック、心理的障害はメルマガを配信してすぐに、メルマガが解除されてしまうのではないかという恐怖です。

 

 

 

メルマガの内容を考えて、一生懸命書いて、手直しして、送信!→ 即メルマガ解除。。

 

 

 

ショックで自身の配信したメルマガの内容をなんども見返しておかしなところがなかったかどうか気に病んだりしてしまう事は、メルマガ配信者であればだれでも辿る道です。

 

 

 

が、ここで重要な考え方はメルマガ配信解除という「結果」と「ネガティブな思考」を混同して考えない事です。

 

 

 

あなたも今まで他の人から来るメルマガを解除したことがあると思いますが、別に相手の事を不快に思ったわけでなく、
「今はその情報は必要ないな」とか「情報の整理の為に解除」するとか、そんなレベルで解除する事は多々ある事だと思います。

 

 

 

メルマガ解除は結果ですが、あなたのメルマガにまったく価値がないとか、嫌われたとかいう事では無くメルマガ解除という事象は「あなたにとってのお客さんではなかった」というだけです。

 

 

 

メルマガのテーマをしっかり明示し、メルマガ配信停止の方法もしっかり明示しておけばあなたは、あなたの発信するべき情報をどんどん配信すればよいのです。

 

 

 

そうすれば、あなたの情報発信テーマを求める人だけが残るようになります。残った人、それがあなたにとっての「お客様」です。これは、ポジティブ思考とかではなく事実なので。

 

 

 

もしかしたら、メルマガに書く内容が無いというかたであれば、それはまだメルマガを配信する時期ではない状態、インプット不足の状態です。

 

 

 

まずは、ブログにて情報発信してライティングスキル、コンテンツ力を高めましょう。

 

 

 

 

ブログに書いた内容をメルマガでも発行する。メルマガで発行してる内容をブログでも公開する。これも全然ありです。

 

 

 

まずはどんどん行動してメルマガに慣れていきましょう(^_^)

 

 

 

⇒メルマガリストを1日1リスト集める方法についても書いてみました。

 

 

 

目標達成の為のセルフイメージ(自己認識)の書き換え

目標を達成する為のセルフイメージ(自己認識)の書き換え

 

 

 

 

あなたは成功するにふさわしいセルフイメージを持っていますか?

 

 

 

自己効力感という言葉があります。
カナダ人心理学者アルバート・バンデューラが提唱したもので、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できるかという可能性の認知。セルフエフィカシーとも表現される。

 

 

 

心理学の世界では、自己効力感、自己肯定感(自分は出来ると言う感覚や自分で自分を認める感覚)が高い人ほど、仕事やプライベートで高い成果を上げて、幸せに人生を歩んでいると言われています。

 

 

 

いかに自分のセルフイメージを高く保つことが出来るか、いかに自己効力感を上げるかがあなたの人生を大きく左右すると言うことです。

 

 

 

私のコーチングではこの自己効力感、セルフイメージを取り扱います(^_^)

 

 

 

つまりは自分のセルフイメージ(自己認識)を書き換えます。

 

 

 

 

下の図はニューロロジカルレベルと呼ばれる人の行動心理学的な階層なんですが

 

 

見てもらって分かるように行動心理のベース(下地)は環境です。

 

 

 

 

今いる環境によってその人の行動が変わり、能力が決まり、価値観が決まり、自己認識すらも決まってしまうというもの。

 

 

 

良く成功者が「環境がすべて!環境を変えろ、整えろ」というのもこれが起因しています。

 

 

 

そして、マザーテレサの言葉にも、
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

 

この様な言葉がありますが、あれもまさにこの行動心理学、ニューロロジカルレベルの事が含まれています。

 

 

 

 

 

ただし、私のコーチングのアプローチとしては逆からアプローチします。

 

 

 

ニューロロジカルレベルの頂点のセルフイメージ、自己認識から書き換えます。

 

 

 

自己認識が変われば、価値観も変わるし、価値観が変われば自ずと能力も変わってくるし、(←ここは前後する⇒)行動も変わるし、最後に環境が変わります。

 

 

 

環境から変えていくのも確かに一つの選択肢です。ただ、これって時間が掛かります。

 

 

 

でも自己認識を変えるのって、一瞬です。

 

 

 

最速最短で成果を目指す為にはニューロロジカルレベルの上からアプローチするんです。

 

 

 

例えとしてわかりやすいのが、ワンピースのルフィ。彼はコミック一巻の冒頭から「俺は海賊王になる!」と宣言しています。力も弱い、仲間もいない、船もない。航路もわからない。でも自己認識は「海賊王になる男」なのです。

 

 

 

そして、海賊王にふさわしい能力や、仲間、必要なものはあとから集まっています。

 

 

 

そして最終ルフィーは海賊王になる(のでしょう)のです。最後に環境が手に入ります。

 

 

 

最速最短で成果を上げる為の、セルフイメージ=自己認識からの書き換えとはそういう事です(^_^)

 

 

 

ただ、どのようなセルフイメージを持つのかというのは本当に大事です。セルフイメージが全てを作るからです。

 

 

 

あなたが心の底から「達成したい!」と思う目標に繋がるセルフイメージが必要です。

 

 

 

 

ここがズレていると本当にキツいです。アクセルはしっかり踏んでいるけど、ブレーキも同時に踏んでいる自動車のようなものです。

 

 

 

 

だからこそ絶対に正しい目標設定、正しいセルフイメージのセットアップが必要なのです。

 

 

 

 

あなたは1年後にどうなっていたいですか?

 

 

 

そして、そうなれると心の底から信じられていますか?

 

 

 

関連記事として、

「NLPビリーフチェンジやり方。信念、潜在意識の書き換え」

もお勧めです。合わせて読んで下さい。(^_^)

 

 

ブログ更新のネタが無い、続かない【セルフ・スタートアップカフェ】

 

 

 

起業したいと意気込みブログを立ち上げた。

 

 

 

 

そして、今まで書きたいと思っていた渾身の記事を一記事投稿した。

 

 

 

・・・・

 

・・・・

 

・・・・

 

 

 

その後、更新が無いブログって山ほどあります(‘_’)

 

 

 

 

多くの人はブログを書いた方が良いと思ってはいるけど、実際続かないんですよね。

 

 

 

 

続かない理由は色々あるでしょうが、基本はネタ切れの方が多いわけです。

 

 

 

 

ここでやりがちなのが、ブログを書く為に、読書量やインプットや勉強を増やそうとすること。

 

 

 

確かにwebコンテンツを作る為に、本やセミナー等のインプット活動を行うことは必要なのですが、ブログ書き始めの事は、まだまだ方向性も完全には固まっていないと思うので、インプット量を増やすより、完璧主義思考を辞めることが必要だと考えましょう。(まずはアウトプットの方法に目を向ける)

 

 

 

多くの方は、ブログの書き始めの頃から、記事の繋がりや、構成等を気にしすぎて、ブログ更新のハードルを自分で上げてしまい、挫折してしまう。という道を辿ってしまいがちです。

 

 

 

ブログの運営の初期は、まずは記事更新の習慣を作るという風に考えて、インプットに時間を割いたり、記事の構成に凝るよりも、自分だけの経験とかをリアリティを持って(思考せずに感情を表現する)書いていく方が、楽に記事が溜まりアクセスが集まるようになります。

 

 

 

変にインプットせず、思考せず(綺麗に書こうとせずに)に記事を書く事で、あなたのオリジナリティあるブログコンテンツが出来上がっていきます。

 

 

 

 

コンテンツの質を高めたり、自分のビジネスへの導線を考えるのは、ブログ運営初期で挫折するくらいなら後で考えたら良いと思います

 

 

 

例えば、私のこのブログ運営は当初はキャリアコンサルタントの養成講座の課題レポートをブログでもアップしたり、NLPトレーナー資格取得を断念した一連の行動や理由をブログでアップしたりしました。

 

 

 

これらの記事関連で10記事更新位はサクッと出来ましたが、こういった実体験の記事はノウハウ系の記事よりも共感を生みやすいですし、珍しい記事なのでアクセスも生まれやすいです。

 

 

 

 

さらに特別ブログ用にインプットしなくても良いので、すらすら記事が書けます。(特に何かの講座等に参加して得た成果物等はブログのwebコンテンツにならないかどうか常にアンテナを張っていましょう。※著作権には注意)

 

 

 

こうやって自分の歩んだ道や体験を全部webコンテンツにしていく感覚を意識しましょう。

 

 

 

 

そのwebコンテンツ群がアクセスを生み(集客、マーケティング)、販売コンテンツになり(セールス、商品作り)になっていくわけです。

 

 

 

ブログ運営をこういうイメージでやっていくと、無理なく自然とあなたの強力なビジネス媒体が出来上がって行きます。

 

 

 

対人恐怖症で仕事、会社をやめたい。

 

 

私は18年エンジニアとして企業で勤めた後、起業の道に進むため退職という道を歩んでいます。

 

 

 

ずっと可能性を試したい、起業したいという思いは強いありましたが、半分は私の中の対人恐怖症が災いして消極的な選択ばかりで企業内でのキャリアの構築、明確なビジョンを持つ事が出来なくなったからというのもあります。

 

 

 

起業の準備万端で辞めたわけでなく、出世と同時に、上司との確執、部下を育成できない、業務量の肥大、たまらなくなり逃げるように起業への道を歩みました。

 

 

 

半分が逃げの起業だったので、その後対人恐怖症を克服するまでめちゃめちゃ苦労しています(-_-;)。

 

 

 

確かに自身が思い描いたキャリア(職種、収入、やりがいetc)がその会社で実現できず、あなたにとってそのキャリアに対しての優先度が高いものであれば、やめるという選択肢も否定する事は出来ません。

 

 

 

あなたのたった一度の人生なのですから、

 

 

 

ただ、上司との確執、同僚との不仲、後輩の育成が出来ない等の対人関係が理由で会社を辞めるという考えるという考えは上手く行きません。

 

 

 

どこに行っても人間関係はついて回るからです。人の悩みの9割は突き詰めれば人間関係の悩みです。

 

 

 

ここから逃げる選択肢は、絶対にあなたを幸せに、自由にはしません。

 

 

 

むしろあなたの自由を奪い、行動を制限し、不幸をもたらすものです。

 

 

 

誤解を恐れず言います、対人恐怖症はもったいないです。

 

 

だって、人は本質的に怖くないから。

 

 

人は本質的に悪を働くように出来ていません。人を攻撃するように出来ていません。

 

 

だから、もったいないです。

 

 

あなたの可能性を奪っているのですから。

 

 

 

私が強く言いたいのは対人関係、対人恐怖症はあることに気づくだけで克服出来ます。治すことが出来ます。

 

 

 

私が実際にそうでした、対人恐怖症が治り、対人関係がクリアになるとはじめて自分の本当に望んでいる事やビジョンが明確になります。(^_^)

 

 

対人恐怖症はもったいないです。

 

 

 

ぜひこのブログを活用して下さい。