40代、50代仕事にやる気、気力が湧かない。無気力の悩み【大分県コーチング】

 

 

 

今日50代会社役職者(部長クラス)の方から、仕事において気力、やる気が湧かない、無気力状態。というお悩みを頂きました。

 

 

 

聞いてみる仕事と並行して親の介護もしていた激務の時期があり、その親の死の後にぷっつりと仕事へのやる気も、モチベーションも落ちてしまったとの事。

 

 

 

例として会議の為の資料つくりも作り出して5分でげんなりしてしまうとか、今までの同じような経験をしたことがある先輩方にもあんたも「50代になったら分かる」と言われていて、その時がついに俺にも来たか~と思っているとの事でした。

 

 

こういった無気力のお悩みは早くは40代、そして50代位になると同じような症状で悩む方は多いとの事ですが、私からすれば「人間の心理、感情を理解していないと時間経過で自然とそうなるよね。」です。

 

 

少しきつい言い方ですが、全然これは解消できる問題、悩みだからこそ言います。

 

 

それは更年期の特徴なんて病気のせいにしがちですが、これは感情の問題です。メンタルの問題です。

 

 

50代そして、役職者ともなれば、人生においても、仕事においても様々な経験をしてきています。知識量も膨大ではありませんし、参照解もたくさん持っています。

 

 

そうするとどうなるのかというと、

 

 

Aという出来事が起こると、B、そしてCという出来事が怒るなそして、Dになって・・・・・・・Zに至るという答えが、もう一瞬で思い浮かびます。

 

これは成果を上げる、結果を出す為に一見すると素晴らしい事ですが、思考で解決できるので、感情が動きません。まったく。

 

 

若いころに味わう不安感があるな。どうしよっかな。こうしよっかな。うまくいかなかったな。次はこうしよっかな。期待感。の感情が動く余地がないんです。

 

 

人は行動のパターンに感情があります。感情が行動を作り出しています。

 

 

でも、なまじ知識があると感情抜きで行動できています。そうすると相談者さんの様な無気力感に襲われます。要は味わいたい感情を味わえない。

 

 

●あんなにワクワクした小説だって、一回見ればもう一回見たいと思わないでしょう。これは感情が動かないからです。
●あんなに面白かったゲームだって、一回クリアすれば、2週目やってもすぐ飽きるでしょう。これは感情が動かないからです。
●あんなに愛おしかった旦那さん、奥さんも結婚して10年たつと・・・。これも感情が動かないからです。

 

 

最たる例が、40代、50代の無気力という事です。

 

 

解決策は、しっかり感情をうごかしてあげる事。

 

 

感情を動かすコツは自分への質問とイメージです。

 

 

セルフコーチング
「これを成し遂げたら、どんな気持ちになるだろう?」
「これを成し遂げなかったら、どんな気持ちになるだろう?」
「今日一日あった良い出来事はなんだろう?」 お勧めは【感謝ノート】を付ける事。
「その時どんな気持ちを味わっただろう?」

 

 

そして、そこで出てくる気持ちと同時に出てくるイメージをしっかりと思い描き、言語化してみましょう。

 

 

 

そしてそのイメージをどんどん膨らましていく。

 

 

 

このイメージは使っていないと錆びついているかもしれません。

 

 

 

でも大丈夫です。

 

 

 

使えば使うほど磨かれていきます。しかも消耗することはありません。むしろあなたに活力を与えてくれます(^^)

 

 

 

目標達成コーチングを提供しています。コーチは感情を取り扱うプロです。是非ご相談くださいね(^^♪体験セッション無料で受け付けています。

 

 

 

意志力は消耗品、瞑想で鍛えれる【目標達成コーチング】

意志力は消耗品、瞑想で鍛えれる。

 

 

 

スタンフォード大学の心理学博士号のケニーマグゴニガルさんの著書「スタンフォード大学の自分を変える教室」を紹介

 

 

 

本の内容は意志力についての内容です。

 

 

 

この本の中では意志力とは【やる力】【やらない力】【望む力】と大別され、それぞれの力はこういった物です。

 

 

 

 

●やる力とは、毎日6時に起床して30分走るなどの決められた事をやる力。

●やらない力とは、甘い物を控えている人が、それらへの欲求を抑えるやらない力。

●望む力とは、理想の体型になりたいと望む力

 

 

 

意志力という言葉はともすれば、根性論で片付けられてしまいそうですが、そういったバカの壁に拒まれた思考ではなく、何かをやる意志力、何かをやめる意志力はどういうメカニズムで作用し、どうなったらそれらを自分の望み通りに実行できるのか、どういう風にすると意志力を高く保つことが出来るのかが学べる超良書となっています。

 

 

 

 

この意志力さえ高く保てれば、モチベーションの高い、低いにかかわらず自分の望む未来というものを作り出すことが出来る為、意志力を高める事は人生の質を高めることに非常に密接に関連しているといえます。

 

 

 

 

私のメンターにケニーさんと同じく心理学者の相馬さんという方がいるのですが、相馬さんの考えでは、意志力は消耗品である為、いかに意志力を使わない環境を作るかも大事だとおっしゃっていて、(本を読む事を意志力を使わないでする為に、本をいたるところに置いておく。習慣にしてしまう、サークル、仲間を募り強制的にやらなければいけない環境に自身を置くetc)(アップルの創始者スティーブ・ジョブズは毎日服を選ぶ意志力を使わないように、同じ服のみ数着購入してストックしていた等も、同じ理屈ですね)

 

 

 

意志力を考える上でこの相馬さんの意志力は消耗品という考えとケニーさんの意志力に関する著書「スタンフォード大学の自分を変える教室」の内容を私はセットで考えて吸収しています。

 

 

 

 

意志力を鍛える点で、瞑想が有効です。の点は是非活用したい所です。

 

 

 

コンテンツマーケティング×セルフコーチング×個人起業・副業

コンテンツマーケティングとは

 

 

 

 

webの集客やマーケティングにおいては様々な方法があります。

 

 

 

無料ブログを毎日更新してタイムラインからアクセスを集める方法や、SNS等で無作為に大量の友達申請をしまくったり、スパム的集客方法も存在しますが、こういったwebの集客で量の面で勝負している内は、あなたはweb集客、マーケティングにおいていつまでもアドバンテージを得ることは出来ません。

 

 

 

webの集客において考えるべきなのが、web上に人々から需要があるコンテンツを提供していくということ。そうすることで自然とあなたのブログ記事やwebコンテンツを求めて、アクセスが集まる状態になります。

 

 

 

単発的、短期的なアクセスで無く、永続的なアクセスです。量ではなく、質で勝負しているので得意なジャンルで勝負することで圧倒的なアドバンテージを得ることが出来ます。

 

 

 

つまりは質の高いwebコンテンツ作り=集客です。

 

 

 

誰でも出来る事には価値はない、ビジネスにおいて成功する近道は人が出来ない事をする事。

 

 

 

 

これがコンテンツマーケティングです。

 

 

 

さらにいうなら、現在世界最大規模の検索エンジンのグーグル検索では検索順位の決定の際にwebコンテンツの質を重要視すると表明しています。

 

 

 

コンテンツの価値が重要視=検索上位施策となるわけですから、SEO(検索エンジン最適化対策)=コンテンツマーケティングとなるわけです。

 

 

 

コンテンツマーケティングを極める事が一番のweb集客、マーケティング戦略になるわけです。

 

 

 

もっと言えば、webコンテンツを作れると言うことは、自分のweb上の商品作り(無料、フロント商品、バックエンド商品)にも使える戦略です。

 

 

 

今現在はwebコンテンツを作れる人は集客、セールスにおいて圧倒的なアドバンテージを持っていると言えます。

 

 

 

コンテンツはどこから。成功者の脳を真似るモデリング読書術

 

 

コンテンツマーケティングにおいては必要なコンテンツはどこから創出するのかについてです。

 

 

 

それはもちろん自分の脳から絞り出す事が一番です。

 

 

 

自分のスキル、経験、知識がそのままコンテンツに使えます。

 

 

 

それを、ブログやユーチューブで情報発信していく。一つ一つがwebコンテンツになっていきます。

 

 

 

 

今は個人が情報発信出来る時代なのです。

 

 

 

「インターネットは人々に公平な情報収集の機会を与えるというが、情報発信の手段を持つ人と持たない人の力の差はますます広がる一方だ。」 ヤフー創業者 ジェリー・ヤン

 

 

 

 

自分の中で情報発信するようなコンテンツがないのであれば、それは完全にインプット不足。つまりは勉強不足

 

 

 

 

そんなあなたにお勧めな方法は、まずは成功者の脳を真似る事をして見てください。真似るというと聞こえが悪いのかもしれませんが、つまりは本を読み成功者の考えを吸収すると言う事。

 

 

 

 

成功者の脳は、近くの書店で買える一冊数千円程度の本の中にギューっと凝縮されています。これほど費用対効果の高い物を私は他に知りません。その本を一冊買うだけで、成功者の考え、コンテンツを吸収することが出来ます。

 

 

 

 

自分がこれから集客したい分野の本を選びます。本ってアウトプットを意識して読むと、本当に情報コンテンツの塊なのです。

 

 

 

ただし、自分自身がその知識を吸収するのは良い事ですが、本の内容のコピペは法的にNG。

 

 

 

あくまで、自分のフィルターの通して、オリジナルのコンテンツとしてを情報発信していきます。要約、感想、気付きなんでも良いので、記事としてまとめて行きます。

 

 

 

 

興味のある分野の事を学べて、集客、商品作りのコンテンツ作りも出来る。

 

 

 

 

成功者の知識を真似るモデリングwebコンテンツ作り是非あなたのビジネスに役立てて下さい。(^_^)

 

 

 

 

今日のセルフコーチング

どんなコンテンツをお客様は求めているだろう?

(あなたはどんなコンテンツを提供したいのだろう?)

そのコンテンツ作りに役立つ本はどんな本だろう?

 

 

お金に対する負のメンタルブロックを外す×セルフコーチング

お金に対する負のメンタルブロックを外す。

 

 

起業、副業、年収を上げていくときに外していたいのがお金に対する負のメンタルブロックです。

 

 

 

日本人の中では真面目に働いて給料を貰うという事が正義です。

 

 

 

日本人はとりわけ「お金は汚いもの」というメンタルブロックが非常に強い人種です。これはあなたの問題と言うよりも日本の教育に問題があるのかもしれません。

 

 

 

影響力を高めていく時には、このお金のメンタルブロックに代表される様々なメンタルブロックが時折あなたの行動、決断の邪魔をします。

 

 

 

メンタルブロックが強すぎるから、GDP世界トップクラスでありながら同時に世界最高クラスの自殺大国という一風変わったお国です。

 

 

 

これから、あなたが影響力や年収を上げて行く過程でこのお金に対するメンタルブロックを外しておかないと、不幸せなお金持ちになってしまいます。

 

 

 

これはあなたが成長し、次のステージに進もうとしている証でもありますが、人は変化を恐れる生き物なので、このメンタルブロックを根性や精神論で振り切って事を進めたとしてもあなたは幸せに成果を上げる事は出来ません。

 

 

 

 

影響力、年収が多くなればなるほどです。これは、車の運転に例えるならブレーキを踏みつつも、アクセルを踏み抜いているような状態です。健全な状態ではありません。

 

 

 

 

かなり強力な足枷となります。

 

 

 

 

 

では日本人はお金を求めていないのか?

 

 

 

 

試しに「お金」というキーワードでのインターネットでの検索キーワードの閲覧数を調べてみました。↓

 

 

 

検索グラフでは2011年位(リーマンショック辺り)から検索数が急激に増加傾向にあり、「お金」というものへの関心が高くなっていることがわかります。

 

 

 

 

「お金は汚いもの」という社会的通念の中にあって人々が深層心理の中で「お金」というものに対しての欲求がある事は確かです。

 

 

 

 

これはしっかりと認識しておく必要があります。

 

 

 

確かに究極的にはお金そのものを得たい人はいません。人はお金で手に入れれるその先の感情を得たいのです。

 

 

 

発展途上国の国々では非常にお金に対して貪欲です。そして学びに対しても同じく貪欲です。

 

 

 

個人が影響力を高め、グローバル化の競争の中で切磋琢磨していく時代に、この半ば矛盾した日本人のお金のに対する考え方、メンタルブロックは絶対に外さなければいけません。

 

 

 

 

ただし、メンタルブロックを外すといっても「お金は汚いもの」という極端なメンタルブロックの意識をニュートラルな状態にするだけで良いのです。

 

 

 

私たちは友人、知人から物をもらったり、仕事を手伝ったりしてもらったら「ありがとう」と言います。ただ、お店で商品やサービスを提供してもらったら「お金」を支払います。

 

 

 

つまり、「お金」という物は「ありがとう」と対価なのです。

 

 

 

 

お金を稼ぐというのは「ありがとう」を貰う数を稼ぐ事になります。収入が上がるというのは、それだけ「ありがとう」をもらった数が増えたという事になります。

 

 

 

 

『お金=ありがとうをもらった数』と考えるだけで、お金に関するメンタルブロックがスーっと外れて行きます。

 

 

 

今日のセルフコーチング

あなたがお金に対して隠している感情はどのような感情ですか?

それはあなたにどんなものをもたらしてくれますか?

 

 

会社の副業解禁はいつから【サラリーマン起業・副業×セルフコーチング】

 

個人起業や起業準備がしやすい環境が整いつつあります。

 

 

最近は政府の働きかけで「副業解禁」する企業が増えてきています。

 

 

 

これを受けて、本業の収入+αとしての副業を行う事が日本国内ではスタンダードになってきます。

 

 

 

政府は2016年末、働き方改革の一環で、副業を禁じた厚生労働省のモデル就業規則を見直して、複数の仕事を持つことを普及推進していく方針を打ち出しています。

 

 

 

そういった政府の方針より先駆けて、大手の企業でも、
・起業家精神をもってほしいとか、
・幅広い視点を持ってほしい
の理由で副業を積極的に推奨している会社もどんどん出現していましたし、副業解禁、複業というのは自然な流れだと思います(^_^)

 

 

今までは、終身雇用型の働き方で、大きな組織の中で、小さな「個人」というのが存在する形でしたが、今後は「個人」という強い存在が、自分の磨いたスキルを元に、一つの組織に限らず複数の組織に所属しながら、キャリアを形成するよう時代が来ると思ってます。

 

 

日本の場合は高齢化社会に入り、労働人口が減少していく訳ですが、それ以上にIT、ロボット産業の発達により、人の働く場所は減って行くと予想されています。

 

 

世界的に見ても、オックスフォード大学発表のデータでは技術革新や、ロボット技術の普及で今後20年の内に約47%の人が仕事がなくなるというデータを算出している位です。

 

 

 

日本の場合は、自動化できる所にもまだまだ人を配したりしている為、(雇用対策に敢えて?)

 

 

現在、一人当たりの生産性は先進国の中では、かなり低いと言われています。

 

 

ただ、間違いなく国際競争の中で、いずれ上記のデータの様になり、働き方が大きく変わろうとしている時代背景はあります。

 

 

自らキャリアを自律的に切り開いていく人材が求められている時代です(^_^)

 

 

 

リクルート出身で働き方についての色々と参考にさせて頂いている藤原和博さんが、著書「必ず食える1 %の人になる方法」の中で3つの分野100分の1の人材になれば、100分の1の3乗で100万人に1人の人材になれると話しています。

 

 

 

1万時間(毎日3時間×10年)の法則で、ひとつの分野でまずは100分の1を目指し、それを3つ築いていく。そうすればあなたはライバル不在のブルーオーシャン市場で勝負できるという考えです。

 

 

 

自分の今歩んでいる道はどこに繋がっているのか?一度キャリアの棚卸しをしてみましょう。

 

 

情報発信のメンタルブロックを外す×セルフコーチング

 

 

 

「インターネットは人々に公平な情報収集の機会を与えるというが、情報発信の手段を持つ人と持たない人の力の差はますます広がる一方だ。」 ヤフー創業者 ジェリー・ヤン

 

 

 

 

これから旧来の生き方でなく自分ブランド、影響力を高めて行きたいと考えているのであれば情報発信は必須だと思っています。

 

 

 

 

専門性を絞り、情報発信して、人に認知してもらい見込み顧客、クライアント(会社内の場合は信頼という言葉が一番合うかな。)を獲得していく。

 

 

 

 

分野を決めて情報を発信。

情報を発信している内にその分野に詳しくなる。

情報は発信する人の元により集まる。

さらに詳しくなった情報を発信。

情報を発信すれば一定数あなたの情報を求めるファンが出来ます。

濃い情報が継続して発信出来れば、その媒体がひとつのメディアになります。
本来ハードルが高いこのメディア作りも、SNSを代表するweb媒体を使えば個人でも簡単に行える様になりました。

 

 

 

 

かつてない程素晴らしい時代だと思います。(^_^)どんどん個人が活躍の場を広げている時代です。この流れに乗り遅れないようにしましょう。

 

 

 

ただ、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム等のSNSの普及により、個人が日常的に情報を発信しているので、現代人の情報発信への心理的抵抗は弱まっている様に思えるのですが、いざ、「専門性」 「価値のある情報」と構えてしまうと自分発信=情報発信へのメンタルブロックがある方は多いようです。

 

 

 

 

私なんかで人様に役に立つような情報発信は出来ないというメンタルブロック、心理的障壁があるみたいです。謙虚さ=日本人の美徳みないな。

 

 

 

 

先生で無いといけないとか、
偉くないといけないとか。
実績が無いといけないとか。etc

 

 

 

 

でも、実際はそんな事は有りません。

 

 

 

 

こんな体験はありませんか?↓

 

自分が詳しい、好きな分野の本を読んだりしていて、「自分でもこれ位の事はわかる。」という体験。

「むしろ自分の方が鋭いのではないか?」という感覚。

業界の中にいる人よりも純粋に趣味として楽しんでいる分、その分野を客観的に分析できていたりします。

 

 

 

 

仮に、そこまでの知識がなくても、初心者の観点からの意見なんかも共感を生む情報として需要はあります。

 

 

 

 

情報の価値は読み手が勝手に決めてくれますので、初めはそういった考えに捕らわれずに、何かしらの気づききっかけを与えれれば(読み手が勝手に感じてくれたりします。)良い。というスタンスで考えると自然と情報の発信が出来ないというメンタルブロックはスーッと外れていきます。

 

 

 

 

それに、書いているうちに、どんどんその分野に詳しくもなって行きます。情報は発信する人の元により集まり、さらに情報発信力が高まるからです。

 

 

 

 

さらに言えば、私がオススメする方法として、その分野の本を10冊位買い漁り、自分の思考のフィルターを通して発信するという事(コピペやパクりはだめですよ)をすれば、これだけであなたは立派な専門家になれます。

 

 

 

 

正しい実力、圧倒的な成長は後から付いてきます。

 

 

 

 

まずは読者に気付き、きっかけを与えれれば良いという程度のベイビーステップで情報発信して行きましょう。

 

 

 

 

今日のセルフコーチング

情報発信の媒体を持つ事であなたのビジネスにどんな変化が訪れますか?

逆に情報発信をしないことであなたが失う事はなんですか?

 

 

ブログ記事が検索エンジンにインデックスされているか確認する方法

 

今日は「ブログ記事が検索エンジンにインデックスされているか確認する方法」についてです。

 

 

まずインデックスとは何?についてですが、ブログやサイトは記事投稿しただけでは、検索エンジン経由のアクセスがありません。

 

 

グーグル等の検索エンジンがあなたのサイト、ブログのページを認識し、検索結果に表示されるようになってはじめて検索エンジン経由のアクセスが発生します。(リンク経由のアクセスは除外します)

 

 

この検索エンジンがあなたのサイト、ブログのページを認識する事を「インデックスされる」といいます。

 

 

このインデックスされるまでの時間を早くする方法もありますが、基本的には時間経過でインデックスはされます。(インデックスされるまでの時間はそのドメインへの検索エンジンからの評価に左右されます)

 

 

投稿したページが実際にインデックスされているのか調べるてっとり早い方法がそのリンクページを直接検索する方法です。

 

例えばこの記事であれば、URLはhttps://www.t-mental.net/archives/817ですが、

 

インデックスされたかどうか調べたい検索エンジンの検索窓にコピペではりつけて(グーグルとヤフーは同じ検索エンジンを採用しています)、検索してみてあなたのページが表示されればインデックス済み、表示されなければまだ、インデックスされていない状態です。

 

 

※検索結果に自分のサイトが表示されても、投稿した個別の記事が表示されなければまだインデックスはされていません。

 

記事更新しても、検索エンジンからのアクセスがまったくないなと思ったときには、インデックスを確認してみるのも良いと思います。(通常数秒~数日でインデックスされますが、ドメイン取り立てのサイトの場合は1ヶ月~3ヶ月位インデックスされないときもあります。)

 

があまり神経質になりすぎずに、良いコンテンツを更新する事に注力すればいずれ検索エンジンから評価されアクセスも増えます。

 

 

ブログやサイトがインデックスされているか確認する方法でした。

動画でも解説しています↓動画が少しでも参考になったら好評価ボタン、チャンネル登録お願いします。励みになります。(^_^)

ワードプレスブログに目次を付けるプラグイン Table of Contents Plus

 

ワードプレスブログに目次を付けるプラグイン Table of Contents Plus

 

ワードプレスブログに目次を付けるプラグイン

 

ワードプレスの各記事の上部に目次を自動生成出来るプラグインTable of Contents Plusが便利すぎる(^_^)皆さんにも是非お勧めしたいので、紹介記事を書いてみました。

 

Table of Contents Plusとは

 

公式謳い文句は、自動的に目次を生成するパワフルかつユーザーフレンドリーなプラグイン。すべてのページとカテゴリーをリスティングするサイトマップも出力できます。

Table of Contents Plus導入前は

ブログ運用をしていくと記事トップ部にしっかりと目次を表示させることでアクセス満足度が向上しますよ。!というのは良く言われることです。

 

それで、私も以前までは本格的に記事入れしている様なページだけは目次を作るようにしていました。↓

 

手動で。

 

手動で目次を作る時に<H2><H3>等の見出しを付けるのは良いですが、大変なのはその後、目次を設けたい位置に

 

<a href=http:/#a001″>●●●●●●●●●●</a>

をおいて、飛ばしたい、見出し部に

<a id=”a001″ name=”a001″></a>

を設ける。これを目次の項目分繰り返してやっと完成します。

 

メンテンスで見出しを変えたい場合とか、ページのレイアウト、順番を変えたかったりすると、これらのHTML表記も色々と組み替えないと行けなかったりで非常に煩わしかったわけです。

 

Table of Contents Plus導入後は

記事に見出しのタグだけ付ければ、後は自動で目次作成されます。

 

このページの目次が見本になります。目次の場所も色々と変えれますし、目次の色も自由に選べます。↓

 

記事でも、固定ページでも、トップページでも表示出来ます。設定も非常に簡単です。もちろん日本語対応です。

 

プラグイン Table of Contents Plus非常に便利ですので皆さんも是非お試し下さい。(^_^)

 

 

【個人起業・副業】自分の商品を作るという事×セルフコーチング

自分の商品を作るという事

 

 

 

【集客の技術】を理解すれば起業、ビジネスはいとも簡単に程軌道に乗ります。

 

 

 

 

今の時代どちらもインターネットがあなたを強烈に底上げしてくれるからです。

 

 

 

 

でも、そのwebを最大元活用する為にも、まずは【自分の商品】がなくてはなりません。

 

 

 

 

社会に対して何を提供して売り上げを上げるのか?

 

 

 

 

起業プラン、プロダクトの中で自分の商品作りで悩む方は非常に多いです。

 

 

 

 

ただ、ここに悩まれるのは至極自然な事だと思います。

 

 

 

 

商品作りは「自分は何が出来るのか?」「何を始めて、なにを続けて、なにをやめる事が出来るのか?」「結局自分は何がしたいのか?」本気で自分という人間に向き合う作業をしてはじめて見えてくるからです。

 

 

 

前提として「ビジネスとはお客様の問題解決」なので、商品、サービスがお客様の問題を解決出来ることであることが絶対的な条件です。

 

 

自分のやりたい事をやるという気持ちも大事ですが、このお客様の問題解決を外してはまったく上手く行かないことはしっかり覚えておきましょう。

 

 

自分の商品作りで有効の質問(セルフコーチング)は以下です。

1.今自分が夢中になって学んでいるものはなんだろう?

2.これまでずっと学びたいと思ってきた事はなんだろう?

3.これまでの人生で自分が一番時間をかけてきたものはなんだろう?

4.今自分がしたくてたまらない事はなんだろう?

5.人が私に「どうすれば良いの?教えて」と聞いてくることはなんだろう?

 

 

 

これを深く掘っていくことで、自分の商品プランがおぼろげながら見えてきます。(※自分の商品作りは早くても半年~1年かかるのが普通です。その部分の解決策を記事下で提示してます。)

 

 

行動が成果を作る

 

 

商品作りに悩む事は自然な事ですし、商品作りは十分に時間をかけて考えて良い所ではありますが、まずは行動という精神が道を開くことも感覚で理解してほしいと思っています。

 

 

 

確かにビジネスプロダクトにおいて「商品作り→マーケティング」という流れが一切の無駄の無い流れで推奨されるものですが、そんなに簡単に定まるものではないという事は私が身をもって体感しています。

 

 

 

活動しながら熟成していったら良いのです。

 

 

 

まずは行動です。

 

 

 

今日のセルフコーチング

1.今自分が夢中になって学んでいるものはなんだろう?

2.これまでずっと学びたいと思ってきた事はなんだろう?

3.これまでの人生で自分が一番時間をかけてきたものはなんだろう?

4.今自分がしたくてたまらない事はなんだろう?

5.人が私に「どうすれば良いの?教えて」と聞いてくることはなんだろう?

あなたが解決出来るお客様の問題はなんだろう?

 

 

 

【大分県宇佐市コーチング】カラオケのクラブDAM(旧ビートクラブ)でコーチング体験セッションしてきました。

昨日、私の知り合いにコーチングの体験セッションを提供してきました(^_^)

 

 

セッションの場所が大分県宇佐市クラブDAM(旧ビートクラブ)。

 

 

これまでの体験セッションの場所は、私の地元が中津市、博多、大分市、スカイプセッション。

 

 

宇佐市でセッションをやるのは初で、体験セッションの開始が希望20:00だったので、ジョイフル、ガスト、カラオケの選択肢になる。

 

 

最終カラオケ屋を選択。

 

 

体験セッションの場所作りとしては、クライアントの人生を取り扱う時間なので、なるべく静かで落ち着いた環境が良いが、こういう選択をしなければ行けないときもある。

 

 

実際3時間くらいのセッションでしたが、カラオケの個室も静かではないけど、ホテルのラウンジよりは落ちついてセッションできるので、中々良い環境だと思った。

 

 

ただ、地方というか田舎のカラオケルームなので費用が高くなりがちかな~(^_^)

 

 

フリータイムで、ドリンク付きで一人1700円。

 

 

カラオケでのコーチング体験セッションまあ初体験で良い経験になりました(^_^)